ベトナム旅 その13 

カテゴリ:ベトナム旅


この週末からGW。今年の海外旅行者数は60万人らしいです。羨ましい…

私はというと、「夏に台湾にでも行けたらなぁ」なんて思っていますがどうなるかはわかりません

ここ最近の東アジア情勢が不穏ですが、何事もなく平和であってほしいものです…




旅からもうすぐ9か月です。写真を見て忘れかけてるところが増えてきてまずいです。急いで更新せねば

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その12(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-667.html




DSC05507.jpg

ホーチミンに到着。お昼を食べ、宿にチェックインし荷物を置いたところからスタート。

午後からはホーチミンの街歩きです



DSC05508.jpg

まずは、ホーチミンで最も有名な市場であるベンタイン市場にやってきました

地元の人よりはバックパッカーが多く、観光客向けの市場だなと感じます



適当に見物していると、現地の人が近づいてきて

「何買いたイ?」

と日本語で聞かれる。
友人は(こういうことは無視安定)と言わんばかりに関わらないようにしていたが、ベトナムの知らない人とコミュニケーションできる折角の機会だと思い乗ってみることに

普段は根暗の自覚があるのですが、こう旅に出ると「旅の恥はかき捨て」ではないですが、いつもよりアグレッシブなのを実感します


というわけで、知人のお土産にと思っていた

「ココナッツの石鹸とかある?」

などと聞いてみる。
すると奥のココナッツ石鹸を扱うお店に連れ、お店のおばちゃんと交渉スタート


ところが…

店員のおばちゃん「この石鹸2個で15万ドンね!」(英語で)


15万ドン?

750円!?

いやいやいや、さすがに高すぎでしょ



で、ここで一つあることを思い出す。
海外紀行物などを読んでよく聞く話として

「現地でお土産を買うとき、相手はこちらが日本人と知ると相場より高い金額を要求してくるので、値切り交渉は必要」

っていうのがあり、今回もその類かと思い、思い切ってこう答える


私「いやそれはさすがに高いよ。半額なら買おうかな?」

よし、これで相手はこっちの言い値までとは言わなくても、結構値下げをしてくれるはz

おばちゃん「は?半額とかふざけるんじゃないよ!買う気がないんだったら、出てった出てった!」



あれれ~?話が違うぞ?

と、戸惑いつつも、キレられる覚えはなかったので

私「あーそうかい!だったら買わないよ。さよなら~」



ベトナムでの初めての値切り交渉は決裂どころか、けんか別れとなりました



DSC05511.jpg

結局、何も買わないままベンタイン市場をあとにして街歩き再開



DSC05513.jpg

次に訪れたというよりは、立ち寄った程度なのですが、ビンコム・センターという大型の商業施設にやってきました。
ベンタイン市場より歩いて10分ほどです



DSC05514.jpg

施設内はとても綺麗で、外資系のブランドショップが並び、クーラーがガンガンに効いていました

ベンタイン市場のディープな雰囲気とは異なり、発展するベトナムを感じることができますね


ブランドショップに用事はないのですが、スーパーがあったので軽く買い物はしました。
そして、せっかくなのでお手洗いも借りました。お手洗いも日本の商業施設と遜色なく綺麗です



DSC05516.jpg

ビンコムセンターから5分ほど歩いてやってきたのはサイゴン大聖堂

ハノイの時と同様に適当に目的地を定めて街歩きをしてきましたが、ここがとりあえずのゴール地点。

ここまでハノイのような雑多な雰囲気はあまり感じず、やはりホーチミンは都会であることを実感します。



DSC05520.jpg

大聖堂の隣にはサイゴン中央郵便局

さっきからサイゴンと名のつく建物が多いですが、ここホーチミンはもともとサイゴンという名の都市だったというのは有名な話ですかね。
地元の人は今でも普通にサイゴンと呼ぶみたいです。
ちなみにホーチミン最寄りのタンソンニャット空港の空港コードはSGNでサイゴンから来ています



DSC05523.jpg

洋風建築の中は聖堂の内部みたく開放的な空間があり、中央奥には英雄ホーチミンの肖像画が。

外から見てもそこそこ立派な印象を受けましたが、中はさらに凄くて「おぉ…」と思わず声が漏れてしまうほどでした



DSC05528.jpg

大聖堂と郵便局の見物を終えると夕方の6時ころ。
夕食のお店に向かうウーバーを待っていたら、別のユーザーがバイク版ウーバーを利用しているのを発見。
バイクタクシーはベトナム名物っぽいですが、友人との旅ということもあり一度も利用しませんでしたね


DSC05530.jpg

この日の夕食会場は「コムニュウ」というお店。
ハノイで食べたお店が「クアン コム フォー」ってところで、名前が似てるなと思っていたのですが、「コム」はベトナムの言葉で「食堂」という意味を表すのだそう



DSC05532.jpg
DSC05535.jpg

まずはキンキンに冷えた炭酸と生春巻きで乾杯!



DSC05538.jpg
(フラッシュは自重してたので暗くてすみませんが)

続いておこげご飯。これがこのお店の人気メニュー

というのも、この土鍋で炊いたご飯を店員が投げ、別の店員がお皿でキャッチするというのがこのお店の人気パフォーマンスになっているのです。
日本人にも人気みたいで、私が愛してやまない旅番組「旅猿」など、日本のバラエティで何度か紹介しているほど

もちろん静止画では様子を紹介できません。動画に撮ったので、一段落したらベトナム旅の動画を作りたいかなと考えています

味は「ネギ塩だれ」みたいに想像していたのですが、少し甘さもあって想像とは少し違いました。ただし、普通に美味でしたが。


DSC05540.jpg

メインは鶏肉を甘辛く煮たものと、お魚(何の魚か忘れた)のマリネ

鶏肉はガッツリいけますし、魚のほうも酸味が効いててとても美味しかったです



DSC05543.jpg

夕食後は、そのまま宿付近へ直行。近くのファミリーマートでお菓子や翌日の朝ご飯の買い物をしてから宿に戻りました。

ハノイにいた時からお気に入りのお菓子がメントス。まぁ日本でも普通に買えるが、ベトナムで買うと5000ドン(25円)ととても安くてパクパク食べてました。


次回、旅5日目突入

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)