いつもの高松にうどん食べに行くやつ 2017.03 その2(終) 

カテゴリ:平凡な日々


風邪でぶっ倒れたり色々ありました。


ところで最近の記事の半分くらいは一眼レフで撮った画像をあげているのですが、久々に撮影後の画像に手を加えてみました。

というのも先日、画像編集の簡単な勉強をと思い色々調べていたら

「まさか一眼レフで撮った写真を編集もせずにそのままあげるなんて勿体無いことしてないよね???」

と、まるで私をピンポイントにディスっているような記事を見つけました。というわけで一眼の画像は編集頑張りたいと思います(


前回→いつもの高松にうどん食べに行くやつ 2017.03 その1




DSC_0024_201704230147069bd.jpg
DSC_0025_201704230147077b6.jpg

5軒目は丸亀市内の「中村うどん」

5年ほど前に一度来たことがあり、今回2回目。冷や麺に熱いダシをかけた「ひやあつ」美味しかったです

美味しかったけど・・・


そろそろ、お腹の限界が…








DSC_0029_201704230147084eb.jpg
DSC_0030_201704230147105cd.jpg


6軒目も同じく丸亀市内の「麺処 綿谷」

ここも毎度おなじみとなっています。
「ここの肉ぶっかけを食べずして『うどん旅』とは言えない」。個人的には、そのくらい定番のお店になってます

しかし前述の通り、お腹がもう限界。ここ綿谷は結構ボリュームがあるので、ハーフサイズを注文することに

美味しかったです…(もうお腹が限界です。。。






「綿谷」で食べ終わったのが、大体10時半くらい。

一番最初の「バカ一代」では6時半ころに食べていたので

約4時間で6軒回ったということか

どうりで苦しいわけで…



DSC_0031_2017042301470434e.jpg
DSC_0034_2017042301501124d.jpg

坂出市に戻り、7軒目は「日の出製麺所」

お昼の11時30分~12時30分の1時間だけ営業と、営業時間が短くて有名なお店。12時30分までに並べば食べられるそう。

お店に到着したのは開店の15分前
「15分でもお腹空かせる時間があるのは嬉しい」などと言っていたら、まさかのフライングで営業していました…


お腹がいっぱいなので1玉だけ頂きました。麺が本当に美味しくて、今までのうどん屋さんの中で1,2を争うレベルです
そして1玉100円と値段が安いのも嬉しいですね。今度はお腹を空かせた状態で3玉くらい食べたいです






DSC_0035_20170423015014435.jpg
DSC_0035.jpg

お腹が悲鳴をあげているので休憩です。瀬戸大橋を臨める公園にやってきました。

余談ですが画像の修正前後の比較(上が後、下が前)をあげてみました。
空の青さは盛りすぎたかな?編集機能すごいです


DSC_0048_20170423021453e6f.jpg
DSC_0044.jpg
DSC_0046_20170423021453044.jpg

うどん旅ラストは、内陸の綾川町に移動して「山越うどん」。初訪問です。

13時30分の閉店ギリギリに駆け込むとお店には長蛇の列が。
大きな駐車場があって警備の人もいて、いかにも人気店って感じです。
しかし、お店が大きく回転率も良いので20分ほどでお店に入れました。

相変わらずお腹は苦しいのですが、ちくわ天をトッピングに。沢山のお店を回るために、トッピングは極力避けてきたのですが、ここでのちくわ天は良いアクセントになって大正解でした。






DSC_0049_20170423021455bfc.jpg
DSC_0053_20170423021457ac5.jpg

うどん巡りは終わったので残りは簡潔に紹介


市内のスーパー銭湯でリフレッシュしたあと、だいぶ落ち着いてきたお腹に再び鞭を打つかのように夕食。

画像上の「骨つき鳥」は隠れた香川名物なんだそう。調べてみると、前回触れた香川ご当地アニメ「うどんの国の金色毛鞠」にも登場してたみたいですね
少し塩辛いものの生キャベツが進み病み付きになる味でした。レンタカーさえなければビールで乾杯できたのは本当に惜しい…



帰りのジャンボフェリー深夜便まで時間があるので、夕食後は屋島をドライブ
「屋島」って名前からして「島」だと思ってたのですが、普通に陸続きなんですね。初めて知りました。


屋島から眺める高松の夜景、ほんとに綺麗です…

そして、本当にハードな旅行でした…


次はいつ来られるかわからないですが、最低でも1泊するなど、もう少しゆとりのある行程を組みたいですね(苦笑)


コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)