ベトナム旅 その9 

カテゴリ:ベトナム旅


すっかりサボってしまいました(
続きを書いていきます

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その8(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-659.html




朝食にバインミーを食しましたが、さらにデザート…とでも言いましょうか、友人に連れられてもう一軒お店へ


DSC05361.jpg

ケム・カラメンというお店です。ここで何が食べられるかというと



DSC05363.jpg

お店の名前の意味は「キャラメルプリン」。そのまんまやないか…

特別美味というわけではないですが、手作り感があってとても良かったです。値段も7000ドン(≒35円)くらいだったかでした



DSC05365.jpg

旅3日目、すでに2記事目に突入していますが、一日はまだ始まったばかり。

ここから徒歩でハノイのベタな観光スポット「ホーチミン廟」を目指します



DSC05367.jpg

最初に訪れたのは西湖。ハノイ近辺で一番大きい湖です。
ガイドブックの市街図を開いた時の存在感が凄いです


湖のほとりのベンチでガイドブックを確認していると、ノンラー(ベトナムの菅笠)を被り籠を背負ったお土産売りのおばちゃんがやってきた。
やはり「バナナはいかが?」と聞いてくるわけだが、もちろん断る。
すると、今度は「じゃあこの籠を持って記念撮影はいかが?」と

それなら良いかと思って話に乗りかけたところ、友人が「やめておけ」みたいな目線を送ってくるので結局やめることに(苦笑



DSC05370.jpg

DSC05373.jpg

西湖から30分ほど再び街歩き

ベトナムの雰囲気にもだいぶ慣れたので、初日のようにビクつくこともなく、つまり特に面白いことがなく目的地へ



DSC05385.jpg

官公庁の並ぶエリアを通り抜けてホーチミン廟に到着

ここは名前の通りベトナム独立の父であるホーチミンの霊廟ですね。永久保存処理がされたホーチミンの遺体が安置されているとか。
記念撮影している観光客は他にも多くいて、写真撮影は全然問題ないのでしょうが、廟の近くには「ここから立ち入り禁止」の線が引いてあったり、少し厳かな雰囲気を感じられました


霊廟の入り口はベトナム人民軍の兵士2人が警備。
制服は白を基調としてかっこいいんだけど、長袖でとても暑そうだなぁと(笑
(写真は控えます)



DSC05387.jpg

ホーチミン廟をあとに、次は廟の近くにあるホーチミン博物館にやってきました。


念のため書きますが

現在、ハノイにいます


ホーチミン(人物)とホーチミン(都市)がごちゃごちゃになりますね…
(もちろん都市ホーチミンは人物ホーチミンが由来です)


ホーチミン(人物)の歴史を知るための施設って感じでしたね。
ベトナムの博物館は写真を撮ろうとすると入場料と同じかそれ以上のお金を取られるので写真はありません



DSC05392.jpg

そしてここは博物館の出口直結の休憩所&お土産コーナー
冷えたスプライトがおいしい

博物館の午前営業のギリギリに入ったので、スタッフに追われるように見て回りました。(もっとも英語もベトナム語も読めませんが



DSC05393.jpg

次はどこに行こうかと考えるが、高温多湿の中1時間以上も歩いたこともあり、疲労はそこそこ…

友人の提案で、レーニン像を見に行きたいと言うので、それだけは見に行くことに



DSC05394.jpg

ホーチミン廟から歩いて10分ほどでレーニン像に到着。
国の正式名称からわかるとおり、れっきとした社会主義共和国で、ロシア(ソ連)や中国などから大きな影響を受けているようですね。


さて、ここでスタミナが完全に切れたので、救援車(Uber)を手配して一旦ホテルへ戻ることに


そして



DSC05430.jpg

DSC05399.jpg

日本でも食べれるものを食べてしまう(お昼)

量が特別多いとか少ないとかなく。特別変わったメニューがあることもなく。

ポテトのお供に、ケチャップだけでなくチリソースも用意されていました。ベトナムらしいと言えばらしいのか?



午後はどうしようかとなったが、友人との協議の結果、「少しインターバルを挟んでから再度行動する」ことで合意

宿に戻り小一時間zzz

クーラーが効いた部屋で昼寝できるの最高だ!



次回、3日目夕方~最後まで

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)