ベトナム旅 その7 

カテゴリ:ベトナム旅


その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その6(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-657.html




DSC05291.jpg

ランチタイムを終えて、ハロン湾内のとある島に上陸



DSC05288.jpg

ここから階段を10分ほど上ります。いやしかし暑いこと暑いこと



DSC05290.jpg
DSC05307.jpg

辿りついた先は鍾乳洞。
ここティエンクン鍾乳洞は1993年とつい最近に発見された洞窟だそうです。この洞窟の発見が翌年のハロン湾の世界遺産登録に繋がったのだとか。

中は気持ち涼しかったですが、期待できるほどではありませんでした。アジアらしいといいましょうか、ライトアップの色味が何とも言えません(笑
あちこちにある鍾乳石がそれぞれ動物や人の形に似ていて、それを見つけながら探検を楽しむという流れでしたが、捻くれた私は終始頭に?を浮かべていました。そして、これらの鍾乳石は一応写真に収めましたが、この記事を作成中に見返して「何が何の動物かさっぱり?」となっています。こりゃダメだ。



DSC05329.jpg

鍾乳洞見学を終えた後は船に乗り込みそのまま帰港。約3時間のクルーズ、ほんとに暑かったです



DSC05330.jpg

バスへの戻り際には、ベトナムの伝統である水上人形劇をちらっと見ることもできました。ベトナムの観光資源の1つらしく、例えば先日の記事で出たホアンキエム湖の周辺でもこの人形劇を見ることができるのだそうです。



DSC05331.jpg

ハノイ市内へ戻ります



DSC05333.jpg
DSC05336.jpg

帰りもきっちりお土産屋に連れていかれましたが、無事にハノイへ戻ってきました。ハノイは夕暮れ時。
いい時間になったので、ツアーバスを降りた某外資系ホテルから徒歩10分くらいのお店で晩御飯にすることに



DSC05345.jpg
DSC05343.jpg


やってきたのは「クアン コム フォー」というお店。ガイドにも載っているお店です。
内観は日本にもある大衆食堂みたいな感じですが、現地の人は気軽には利用できないんだろうなというくらいの価格帯のお店



DSC05341.jpg
DSC05342.jpg

この旅初めて生春巻きを食す。うーん、やっぱりパクチーが苦手だなぁ。
パクチーが臭いのきつくない野菜であれば、大好きになるんだろうけど(というか、それもはや生春巻きではない

フォーをメインに、フライドライス(炒飯)とから揚げも注文。から揚げは言っても揚げ物なのでガッツリ食べられるのですが、やはりこちらの人は薄味が好みなのだろうか。味の濃さという意味では少し物足りなかったかもしれません。

記憶があいまいになってきましたが、食事代は飲み物のジュースを含め1人700~800円くらいだったと思います。日本で食べるよりは確かに安いが、そこまで驚くほどではないですね。

ベトナムは確かに物価は安いですが、それなりの所で食べるとそのお得感は少ない気がします



2日目終了。次回3日目に入っていきます。

続く→9/18更新予定

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)