ニュージーランド一人旅 その8 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


あけましておめでとうございます
今年も当ブログをよろしくお願いします。

年明けは色々と忙しくて更新が遅くなってしまいました




旅10日目(Sun)

昨日の鉄道博物館というインドアな過ごし方とうってかわって、この日はアウトドアをすることに
場所はオークランド・ダウンタウンからフェリーで30分くらいの所にある火山島に行くことにした


事前にガイドブックとネットで下調べをしておいたところ、朝10時過ぎに島へ向かってくれるフェリーがあるらしいので、それに合わせてダウンタウンのフェリー乗り場に向かう。

ところが…

私「この10時半のフェリーに乗りたいんだけど」
受付「このフェリーは本日は運航してないんですよ~」


へ?


受付「ここに行きたいんであれば12時半のフェリーになりますよ」


どうやら自分の拙い英語力のせいかフェリーの欠航情報を確認できなかったらしい…


というわけで

2時間暇



2時間とはまた微妙な…

少し考えた結果、ダウンタウンの隣駅まで列車に乗って、駅近くのショッピングモールに行ってみることに



しかし、駅へ向かうとまたまたハプニング

保線工事か何かで、この土日は鉄道がストップしているとのこと


先週利用した時は「時刻通りに動くし、外国の鉄道のイメージと違ってしっかりしてるな~」と思ったのに、この様である




さてどうしたものか?
こう振り回されているうちに、時間も残り1時間半になった。11時頃なので昼にするには早いが、昼を食べたら丁度いい時間帯にはなる

よし

バーガーキングへいこう


昼ごはんの相場が800円~1000円のNZ、バーガーキングの600円はやはり魅力的



貴重な休日の午前が何もなく潰れたわけだが、改めてフェリー乗り場へ


DSC03910.jpg
(ブリトマート駅の電光掲示板。直訳すると「この土日の全列車はバス代行となります」)

DSC03930.jpg
(ダウンタウンと島とを結ぶフェリー)



書き忘れていたけれども、今回向かう島はランギトト島という、初めて口にすると「何回『と』って言ったっけ?」と不安になりそうな名前の火山島である

運賃は往復で30ドル(1ドル=85円 ※2014/2当時)
NZの物価の高さなど諸々を考慮したら、割とリーズナブルに思える。というより、日本で観光用のフェリーに乗ったことがないので相場がわからない


ダウンタウンを定刻に発ち、「もうすこし綺麗にしろよ」と突っ込みたくなる汚い窓から景色を楽しむこと30分でらんぎぎと… ランギトト島に到着(←この文章作成中にタイピングを間違える


DSC03925.jpg
(※イメージ)

DSC03924.jpg
(※実際は窓が汚い)



島に上陸し、早速トレッキングスタート

無人島ということ、また観光資源として景観を維持するためほとんど手を入れてないので、火山地形が剥き出しに観察できる
ちなみに道は舗装されているわけなどなく、いわゆる砂利道となっていて
ちなみにちなみに、私の現在の服装はスニーカーにジーパン…


服装何も考えてなかった!

ジーパンはともかく、靴底の薄いスニーカーでの砂利道トレッキングは足が痛いの何の…
(※トレッキングを終えた時、黒いシューズが砂埃によって真っ白い素敵なものにカラーチェンジしました)



ランギトト島の頂上まではゆっくり歩いて1時間半ほど。私は先頭集団と共に速いペースで向かったため1時間ほどで山頂に到着


DSC03932.jpg
DSC03933.jpg
DSC03945.jpg
(トレッキングの様子)

DSC03947.jpg
(奥に見える草原が多く占める島がモトゥタプ島)

DSC03951.jpg
DSC03952.jpg
(ランギトト火山の噴火口。ここの火山は最近だと400年前に噴火したらしい)

DSC03961.jpg
DSC03954.jpg
(外輪山を回って山頂到着。遠くにオークランドの街が一望できる)



山頂に到着しオークランドの街を眺めながら、しばらく休憩をはさみ下山

山頂までのルートは何本か設定されているけれども、フェリーの時間に間に合わないと大変なことになる為、大人しく来た道を帰る



歩くこと30分

半分まで戻ってきたところで思った…


さっきから一人もトレッキング客に遭わないんだけど…



もしかして



迷子?


いやいやいや、携帯端末のGPS機能で確認しても道を間違えてないし大丈夫のはず


と、ここで一つ、嫌なことを思い出す


rangitotomap.jpg
(参考:NZのフェリー会社FULLERSより島の地図)

本来は島の南の赤い☆マークの地点にフェリーが到着するのだが、この日は工事中か先日の天候不良か何かで船が停泊できなくなったらしく、東部のモトゥタプ島との連絡橋付近で降ろされることに

もちろん帰りも同じ乗り場だと思っていたのだが?


もしかして間違えた?

いや、拙い自分の英語力でもそんなことは流石に聞いてないぞ。うん、間違いない(自分に言い聞かせるように



というわけで、自分を信じ来た道を戻ることに。そして最初の停泊ポイントまで戻ってきた


待つこと30分、徐々に人が増えてきたような?

そして


DSC03980.jpg

帰りのフェリーがやってきた!


なんか要らない不安で勝手にパニくっていたみたいだ…恥ずかしい


というわけで、無事に島を脱出することに成功。心身共に疲れた一日だった…



島に行ってトレッキングするだけなのに、結構な文量になりましたね
次回、NZ旅2週目の平日です

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)