ニュージーランド一人旅 その6 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


(諸々の事情がありツイッター垢に鍵を掛けましたので、左のパーツも当分の間外します)

前回のその5を読み返してると文体がすごく迷走していました。
よくある旅行小説などのエッセイ調を真似するとどうしてこう下手くそなものか

さて、その6です。今回は3週間のうちの最初の平日1週間、その午後のようす





本日の曲 坂本真綾 - ニコラ




旅4日目(Mon) ~ 旅8日目(Fri) 後半

一言で表せば、日本の大学生のウェーイ!って感じを思いっきり堪能してしまった最初の1週間

今わたしはニュージーランドにいます


4日目(Mon)
ガイダンスを終わったのが夕方と言うこともあり直帰宅



5日目(Tue)

午前の授業が終わり、エントランスで同大学の人達で話していると、他大学の人達がやってきて

「今から飯行こうぜ!」

で、よーくわからないまま連れて行かれたのが、NZに着いた翌日に一人で散策していた公園


授業が終わった時点でだいぶ空腹を感じていたのだが、ここでも1時間くらい待たされ空腹はMAXに

(1時間後…)

さっきの人達が大きな袋を何個も抱えてきて戻ってきた。中身はパンに、サラダに、サラミに…
つまり、晴れた青空の下、ピクニック感覚でサンドイッチを作って食べよう というわけである(


へ?


この日、この公園で行われたこと

・晴れた日にみんなで公園でサンドイッチを食べる
・そして一人ひとり自己紹介をさせられる
・さらに偶然誕生日だった人にサプライズでパイ投げ


え?何このリア充な人たちは???
人との絡みもほどほどにマイペースにやってきた自分には目が眩む世界だ…


とにかく楽しい楽しいお昼(建て前)を、なんとか乗り切り(本音)、お食事会は終了


DSC03784_20141101172642d6d.jpg
(お食事会場 アルバート公園)


まだそれぞれのステイ先に帰るのは早いということで、いつもの同大学集団でスタバへ

同大学の集団とはいえ、大抵の人が1,2年で参加するプログラムに、4年で参加してしまったので少し隔たりが…

2年生「え?どこの学部の何年?(タメ口で」

私「4年でこれこれやってる」

2年生「あっ、そうなんですねー(いきなり丁寧」


いやタメ口でいいから。無理に壁作らないでくれ!

同大学の人とは少し年の差を感じ、意外と他大学の人とのほうが年齢が近いので気が合うということがのちのち気づくことになるが、それはまた後程


余談になってしまったが、それでも楽しくできました。中高一貫男子校だったので、ここで女子と楽しく話せた思い出は一生忘れない(冗談


DSC03789.jpg
(初めての海外スタバ)


そうと、こちらのスタバでは、受け渡しを円滑にするためか、注文時にファーストネームを聞かれてカップに名前を書かれる。
知り合いがヨーロッパに行った際の途中ドバイでスタバを使った時も、同様のことがあったらしいので、海外では普通のことかもしれない

あと、「アイスコーヒー」で注文したら「アイスカフェオレ」が出てきた。調べて見ると「アイスコーヒー」は日本発祥らしく、海外では「アイスカフェオレ」になったりするらしい
(私もイマイチわかってないので、興味があればご自身で検索してください)


長い長い5日目終了




6日目(Wed)

この日は午前中に知り合ったY君(やっぱり日本人)とダウンタウンの散策
先々週あたりからNZに来ているということで、まだ行った事のないスーパーマーケットでも案内してもらおうとお願いをしたのだが…


極度の方向音痴


いや…ここまで激しい方向音痴の人って初めてだ…
そして、お目当てのスーパーマーケットには到着できず!

仕方ないので、彼もまだ上っていないというオークランドのシンボルタワーに上ることに



DSC03801.jpg
(スカイタワーからの眺め)

いやぁ、いい眺め…

ってなんで曇りの日に登った?自分


時間も微妙で他にすることがないなと、何も考えずに登り後悔。なんかもったいないことをしたような…
曇ってるせいか人も少なく、快適には楽しめたけれども



DSC03806.jpg
(こういう所あるある。透明ゆか)


DSC03811.jpg
(真下からのスカイタワー)


前の記事にも書いたように、ここNZはアクティビティがお好きなお国柄のようで、ここスカイタワーもバンジージャンプの施設が備えられている
上の写真に黒い線が入ってるのはカメラの調子が悪いからではなく、バンジーの為のワイヤーというわけだ


ちなみにバンジーは1回跳ぶのに日本円で1万円以上かかる。しかも跳べば海外保険が適用されなくなることが多いという。

誰が飛ぶか!





7日目(Thu)

朝起きて、あることに気が付く

あれ?インターネットが繋がらない?

あ、これってまさか。通信量の上限が来たのか???

(到着した日に早速購入したモバイルWi-Fiは通信量1Gの制限がありました。詳しくはその3を参照)


端末が入った箱から説明書を取り出す。もちろん全部英語だ
しかし、こういう時に限ってスラスラと英文が読める。この読解力があればTOEICだって高得点が狙えたであろう

なんて馬鹿な話は置いておいて、説明書のサイトに繋ぐとデータ上限に達したことを知らせるマークが…


1GBの情報量が5日で飛びました


というわけで放課後、ボーダフォンショップへ直行。情報量3G分を新たに増やして事なきを得る

今後はiPadに通信量をチェックできるアプリを入れて、帰国まで計画的に使っていかないと…





(余談)

最近Yah○○系の携帯会社とかが、データ通信量を抑えた格安プランを出していますが、あの1GBの情報量(+一定回数通話無料)で2980円というのはスマホではかなり厳しいということが、今回の件でよくわかりましたね。

自分の場合
・メールはいつも通り
・ブラウザ検索もほぼいつも通り
・SNS関係はツイッターであればTLの自動更新をストップさせる
・パズドラなどのソシャゲーはログインボーナスをもらうなどの最低限プレイのみ
・動画視聴やアプリのダウンロードは極力控える

これらをして1週間で0.8GBくらい。

また通信量は
ツイッターの更新、投稿≦メール<ブラウザ検索=ソシャゲーのページ移動≪動画の読み込み=アプリ落とし

という印象でした。ブラウザも画像が沢山になるページは開くのをためらってしまいますね




8日目(Fri)

放課後エントランスで暇をしていたら、他大学の人にバスケに誘われて久々に体を動かすことに

運動自体は嫌いではないけど、中高でがっつり運動部ではなかったから体力の無さに涙目
それでも楽しく動けました

DSC03813.jpg
(オークランドの大学構内にある広場)


次回、2度目の週末土曜日です。
(更新は気長にお待ちください)

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)