旅って何だろうか 

カテゴリ:平凡な日々

旅行記の合間に日常の記事を一つ失礼します。

寝る前の時間に旅行系の本を読んでいたら少し思いついたことがあるので、備忘録も兼ねて少し書き綴りたいと思います



まずその本を読んで思ったのが

「無計画な旅がしたい!」

本の内容に関しては思ったことと直接関係ないので詳細は省きますけれども、ただどこかの街や島に訪れた時の写真と訪問記で構成されている普通の旅行本です


これを見て

「無計画な旅がしたい!」

って話が飛び過ぎて意味が不明ですねw

少し話が長くなります



というのも、今まで旅行はなんどもしてきたんですけど、本当にそれは「旅行」だったのだろうか…?
っていうことを少し考えてしまったんですね

今までの旅行を見ても、基本的に鉄道路線の乗り潰しがメインとなっていて、無名有名にかかわらず観光地と言われる場所がただの通過点でしかなっていませんでした。

そこで今までの旅行がどれだけ移動時間過多なのか改めて確認してみると

たとえば昨年の夏に行った道東旅行。今さらですが何がしたかったんだって思ってます(自虐

実に行動時間の半分が電車に乗っています。1時間弱の乗り換え時間だと何もできないこととほぼ等しいですから、それを加えると8割近くが移動に費やされてます

結局、この旅の結果は

・道東地方のJR路線の乗り潰し
・一般人が到達できる日本最東端納沙布岬訪問


くらい。2泊3日で1万5千はかけたと思います。それで観光と言えるものは納沙布岬に行ったことくらいでした。
車窓からの景色っていうのもあるかもしれませんが、公共交通機関は自分の意志で動くものではないので…

果たしてこれで旅と言えるのだろうか…


旅とは「住んでいる所を離れて、よその土地を訪ねること。」(コトバンクより)

果たしてよその土地を訪ねたのか?ただ通っただけじゃないのか?

……。多分、通っただけです…………


まぁこんなに堅く考えなくても、何に価値を置くか人それぞれだし旅の仕方も人それぞれなのは確かだと思います。
昨年の自分は乗り潰すことに価値をおき、それを達成するために旅行をした。それだけだ
(あっさりですが、実はこれが記事タイトルに対する結論だと思います)


ただあれから一年経ちました。あのころはコンデジこそ持っていましたが、カメラに関しては一般人でした。
それが今は一眼レフを買い、少しずつ写真の撮り方を知り、街並みや風景を撮影する楽しさを知りました。

JRを乗り潰したいという気持ちもまだまだありますが、ただもっと知らない街を観光するのもいいなぁと感じてきはじめたのです。


で、思いついたのが

「無計画旅!」(やっと戻ってこれた


無計画な旅といっても、「○○に行って●●を見る(食べる)」といった旅行の核となる部分はしっかりと決めておきます。
ただ、「何日間の旅行にするか」、「この日はどこの宿に泊まるか」はあまり考えずに旅をする。勿論日常生活に影響の出ない程度に。そうすると、途中下車などの選択肢が増えて楽しいものになるのではないかと


この考えの参考になったのが去年の秋に行った金沢ぼんぼり祭り旅

金沢からの帰り。2日かけて東京に向かわなければいけなかったんですが、間に一泊する宿は未定のまま旅行スタート。金沢から北陸本線で直江津まで向かい、そこで新潟方面に向かうか長野方面に向かうか選択肢があり、どっちに行っても問題なしっていうことがあったんです。その時に選択肢がある旅の楽しさっていうのに少し気づきました



というわけで、今年の夏は無計画旅やってみようかなと思います。日本国内だし万が一宿が見つからなくてもなんとかなるだろう!w
今までにはしたことのない旅行っていうものを一度体験しに行ってみることにします。
(長文失礼しました)

関連タグ:

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)