小樽の山々を色々と(天狗山~塩谷丸山縦走) 後編 

カテゴリ:登山

またまた間が開いちゃいました。ごめんなさい

後半書いていきます




前回の続きになります


DSC_0665[1]

天狗山をあとにして、遠藤山を目指していきます



DSC_0666[1]

森道に入っていきなり十字路…

どっちだ???


とりあえず遠藤山の方向の道を進んでいきます…



DSC_0667[1]

道はあるけれども藪が茂ってて、本当にあってるのか少し不安になるんですが、誰か別の登山者の足跡があるので我慢して歩いていきます



DSC_0668[1]

15分も歩かないうちに標識発見!間違ってなかったようでとりあえず一安心



DSC_0669[1]

DSC_0670[1]

天狗山展望台を出発してから40分で大曲の展望所に到着

標識は倒れちゃってますw


少し休んで次へ向かいます



DSC_0672[1]

このあと遠藤山までにもう一か所分岐点があるんですが、そこに行くまでに高圧電線の下を通ります

天気は回復する気配なし…



DSC_0673[1]

大曲展望所から15分。|←天狗山← ↑オコバチ山・遠藤山↑ →自然の村→|の分岐点到着

さきほど休んだばかりなのでそのままオコバチ山のほうへ向かいます



DSC_0674[1][1]

しかし、ここから今回のコースの厳しい所を通っていくことになります

道自体はとても緩やかなんですが、藪の生い茂りが半端ないw
下半身がびしょびしょになるので、下半身のレインウェアが欲しいですねぇ…



DSC_0675[1]

この標識を境に徐々に上りが急になってきます



DSC_0676[1]

分岐点から20分でオコバチ山の山頂に到着

意外と早かったですね…


山頂といっても晴天時でも景色が見れない山頂。遠藤山もすぐそこなんで、さっさと遠藤山を目指します



DSC_0681[1]

DSC_0682[1]

オコバチ山を出て10分。少し開けた場所に出てきました

車道が見えるんですが、ここからは脇の歩道を歩いていきました。
車道を歩いて行っても遠藤山に通じるんですけど、少し遠回りになる気がします。



DSC_0686[1]


オコバチ山から20分で遠藤山到着。
オコバチ山と同じく、晴れてても景色が見えないつまらない山頂なんですけど、さすがに一休みします



DSC_0687[1]

手前がオコバチ山、天狗山方向、左側上がるとすぐ遠藤山、右側が塩谷丸山方向。丸山までは3.4キロ



DSC_0695[1]

さっきまでとは違い、非常に歩きやすい道になりましたw

遠藤山と塩谷丸山の尾根分岐点までは緩やかな下り坂。このコースで一番楽な部分です



DSC_0703[1]

遠藤山から40分。尾根の分岐点到着

あとは丸山登山だけなんですが、ここからが大変だった…



DSC_0707[1]

このコース一番の傾斜+疲れがたまってきた終盤

また木々の間を歩いてきた今までと違って傘になってくれるものがなく、霧雨に打たれながらの登山



DSC_0716[1]

それでも休み休み山頂に到着!



DSC_0717[1]

晴れていたらいい景色だったんだろなぁ…



DSC_0721[1]

何はともあれ、これで4山縦走の最後の山を制覇。塩谷駅にむけて下山します



DSC_0726[1]

下山途中にはこの登山初めての日差しが




DSC_0732[1]

まぁすぐに隠れちゃいましたけどねw

山頂から1時間で登山口に到着



DSC_0736[1]

登山口から150分ほどで塩谷駅が見えてきました



DSC_0739[1]

塩谷駅を利用するのは初めて。こういうときくらいしか使わないですw



DSC_0740[1]

丸山の山頂は今も霧雨が降り続いてそうです。今度は晴れた時に来よう



DSC_0742[1]

DSC_0741[1]

塩谷駅到着~



DSC_0750[1]

小樽行の普通列車に乗り小樽へ。そして札幌へ



今回のルート、累積の高低差は1000m、距離は16キロ。




登山の記録ができるサイト「ヤマレコ」より、今回のルートと高低差グラフ



前回の八剣よりもしっかり歩いた感じですね。さすがに今回は疲れましたw

脚力をもっと鍛えなければ…



以上で今回の小樽四山縦走ルート記事は終わりです。ご覧いただきありがとうございました

関連タグ:登山 小樽 天狗山 塩谷丸山

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)