風邪 何もしないこと 

カテゴリ:平凡な日々


昨日の「風邪ひきました」の記事に関連した、ちょっとした思い付きです




昨日は風邪気味だったため、夕方から夜まで寝てたわけですが


夜起きて夕ご飯を食べ、適当に見ていたテレビも終わった0時すぎ


もちろん体調が悪かったので、パソコンでネットサーフィンをする気も、ゲームをする気も、もちろん勉強をする気も(爆)全くおきなくて

食後に飲んだ風邪薬が効いてきたのか、頭がぼーっとしてはいたけれども、眠気はそこまでなく



そこで(座ったまま)壁にもたれかかり、アイホンを片手にぼーっとツイッターのタイムラインを眺める状態

TLを眺めているという行為はしているけれども、特に1つ1つの文章をしっかりと認識している状態ではなく、実質本当に何もしていない状態、いわゆる

ぼーっとしている状態


視覚情報はぼんやり眺めているTLのみで実質ゼロ、聴覚情報も換気扇の音だけで実質ゼロ。いや、本当に何も聞こえないよりかは、環境音が少し聞こえる状態の方がいいのかもしれない。

でも、その何もしていない状態が、本当に久しぶりで凄い落ち着くということに改めて気づいた気がする。


多分、人もテレビも活動が少ない時間帯だからこそそんな状態が実現されたこともあるかもしれない。それでも、普段ならそのような時間でもネットをしたり、それでなくともイヤホンを耳にしたり、とにかく何かをしている。睡眠を除いた何もしていない状態なんて、1日を過ごすうえで必要ない時間であるから、それは当たり前なんだろう。


何もしていない状態っていうのはおそらく健康な時には忘れてしまう存在なのか、何もする気が起きないときにしか起こらない存在なのかもしれない。でも、少し意識することによって普段から他の趣味と同じように気分転換になったりするかも。
一人暮らしで比較的時間のある今でこそ、そのことを意識して実践してみるのはいいことかもしれない。そんなふうに思った。






と、まぁ普段の記事とは違い、変わった感じの記事を書いたわけです。別に、読者にすすめるとかいう気持ちもなく、ツイッターでつぶやくのと同じような気持ちで日記風に書いてみたってそれだけですw

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)