ぼんぼり祭り旅 第1回 初日・新日本海フェリー乗船記 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

(2014/4/19 加筆修正)

12/10/5(金) ぼんぼり旅初日

朝8時頃に札幌を出発し、JRで小樽築港へ
駅前に大きくそびえるショッピングセンターの一角にイオンがあり、そこで長旅の食料を買い込みます


食糧一覧
・1.25Lのアクエリアスと綾鷹
・おにぎり2つ
・スティックパン1袋
・カップめん3つ
・プリッツ2箱
・ロックスター1缶(おまけ)

※「ロックスター」とは「レッドブル」と似たようなエナジードリンク。日ごろから愛飲していましたが、今まではAmazonで個人的に仕入れる以外飲む方法がありませんでした。この時はじめて津軽海峡を渡りイオンで発売されていることを知り、小躍りしてました



しっかり食糧を買い込み、港へ向かいます

DSC01126.jpg

小樽築港から徒歩20分くらい
今回はイオンで買い物したかったので歩きましたが、特に用事がない場合はシャトルバスを使った方がいいですね



DSC01129.jpg

10:30発新潟行きの新日本海フェリーに乗ります
予約や支払が完了していても、乗船前のチェックインがあるみたいで1階のカウンターでチェックイン



DSC01130.jpg

ベンチでロックスターを飲んでから2階へ向かいます



DSC01134.jpg

2階にあがると、既に小さな列ができていました
ひょっとして2等の場所争奪戦?



DSC01183.jpg

さて、45分ほぼ定刻に乗船開始で入船

以前に、関西~九州航路「さんふらわあ」に乗ったことがありますが、それと似たような大きさです



DSC01181.jpg

船内案内図




以下、フェリーの中の様子を紹介

まず、ツーリストJ(いわゆる二等)

DSC01139.jpg

何十人という規模ではなく、12人と比較的少ない人数で共有する雑魚寝部屋がたくさんあります。
(この日は閑散期なのか何部屋かは使用禁止になっていました)

今回は、その部屋の一番奥の場所を確保。近くにコンセントもあって便利です。



DSC01140.jpg

乗船直後に撮ったので誰もいませんが、最終的に自分を含め5人が共有することになりました



DSC01141.jpg

一応、収納スペースもありますが、貴重品は常に持つかフロントに預けないといけないです



次にツーリストB(いわゆる二等寝台)

(画像が増えるので以下の続きからどうぞ)

DSC01194.jpg

扉を入って左右に2段ベッド×2が3列。この部屋だけで24人収容可能になります


DSC01192_20121011214022.jpg

カーテンが閉められるので軽いプライベート空間はできます


DSC01191.jpg

読書灯がありますがコンセントはなし


DSC01190.jpg

ベッドはこんな感じ




続いて、ツーリストS

DSC01187.jpg

左右にカーテンで仕切られた個室が1つずつ6~7列あります



DSC01185.jpg

ツーリストBよりも、ちょっと広い?
でも、コンセントがあるわけでもないので大差はない気がします



他の部屋は、勝手には入れない部屋なので割愛
興味があれば、新日本海フェリーのサイトへどうぞ→こちら



紹介した3部屋のまとめ
 ツーリストJ
・一番安い
・コンセントがある(共用なので、節度は守ってください)

・空間を他人と共有する
・外側なので揺れが大きい
・読書灯とかないので、消灯時間になると一気に暗くなる


 ツーリストB・S
・完全とまではいかないが、ある程度はプライベート空間が持てる
・読書灯があるので、消灯後でも好きなことができる
・船の内側なので、揺れがまだマシ

・コンセントがない
・窓がないので閉塞感はある



安上がりで行きたければ、我慢すべきところは我慢しろってことです
上記の3ランク以外だと飛行機と料金で大差がなくなりますのでね



次回、船内の寝室以外の紹介、フェリーで何してたかなど書いていきます

続き

コメント

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)