ベトナム旅 その3 

カテゴリ:ベトナム旅


一日遅くなってしまいました。すいません

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その2(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-653.html




前回の続き、ハノイ中心部の宿に到着したところから。宿で、しばらく休憩してから街へと繰り出します。

目指すは旧市街エリアで一番賑やかな場所であるホアンキエム湖

DSC05153.jpg
DSC05151.jpg
DSC05149.jpg

静止画だと伝わりにくいのですが、バイクがとても多く、クラクションがやかましいです。

信号があまり整備されていないので、道路を渡る際は迫りくるバイクを避けながら進む。
ここで、バイクが迫っているからといって急に止まってはいけなくて、一定のペースで進み続けないといけない。バイク側はこっちの動きに合わせてハンドルを切っているので、急に止まると逆に危険なのです。



DSC05152.jpg

街歩きの途中、鉄道駅にも立ち寄りました。上の画像はハノイ駅の隣のロンビエン駅。

最初は鉄道に乗って少し町はずれまで行ってみたいとか考えていたのですが、調べているとベトナムの鉄道は市内交通ではなく都市間交通としての立ち位置であるらしく、断念しました。

駅構内のチケット売り場にも行ってみましたが、英語表記すらなく何と書いてるかサッパリ。ハノイ駅だったらまた違ったのかもしれませんが。



DSC05158.jpg
DSC05156.jpg

1時間ほど歩いて目的地のホアンキエム湖北に到着。
知らない土地を思う存分満喫しながら歩いたのであっという間でしたが、ベトナムの熱気には少しやられましたね

ベトナムの街歩きに関しては後々動画作成するかもしれませんが、気まぐれな私のことなのであまり期待はしないでください


次回→9/2

ベトナム旅 その4 

カテゴリ:ベトナム旅


少し遅れました

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その3(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-654.html




街歩きに疲れたので、ベトナムに来て最初の食事にする

DSC05163.jpg

やってきたのはホアンキエム湖北の賑やかなロータリーから徒歩3分くらいのお店



DSC05349.jpg
(※イメージ)

さすがに上のような、軒先でプラスチックの椅子に座って食べるまでの勇気はなかったので、少しきれい目の店を選んでみました。
ちなみに、ガイドブックには載っていないお店です



DSC05159.jpg

メニューはベトナム語表記のみでしたが、一部は画像があり、「地球の歩き方」片手に注文できました。
簡単な英語なら通じたのも大きかったかも

フォーの前にドリンクが先に登場。同時に氷入りのコップも出されましたが、氷は生水から作られている可能性があり危険との話があったので、念には念を手をつけず



DSC05160_201609022331287d2.jpg

DSC05161.jpg

DSC05162.jpg

頼んだフォーはボー・チンというもの。なお、「ボー」が「牛肉」、「ガー」が「鶏肉」。
フォー・ボーには「チン」と「タイ」の2種類あり、「チン」が茹でたもの、「タイ」はレア肉だそうです。

つまり、画像のフォーは茹でた牛肉のフォーと言うことになりますね。本当は鶏肉が良かったんだけど見つからなかったので、牛肉にしました。で、レア肉は怖いので茹で肉というわけです。

うん、本場のフォーうまい。米粉の麺で凄くアッサリしてるから朝食にもいけそうです。


炒飯みたいなものは、まぁ炒飯なんですが味がとても薄い。卓上に醤油があったらかけたい…
あと友人とは「フライドオニオンは余計だな」で一致しました。何のことやら。


そしてバナナは、注文していないのに勝手に出てきた。
「地球の歩き方」を読んで「勝手に料理出されてお金請求されるトラブル」というものを知ったので、それの類かと店員に聞いたらサービスとのこと


…疑ってごめんなさい

日本ではめったに見ないモンキーバナナですが、フィリピンバナナよりも味が濃厚でとても美味しいです。
日本のスーパーでも是非売ってほしい。



DSC05164.jpg

フォーのお店をあとにしてウーバーに乗車。日もだいぶ傾きましたが、宿に戻るには早いのでとある場所へ。

旧市街エリアから約20分



DSC05166.jpg

ベトナム初日にいきなりイオンに来ちゃいました。



DSC05169.jpg

ベトナムのイオンはバイク置き場の規模も半端ないです



DSC05171.jpg

DSC05172.jpg

中のつくりは日本のイオンとほぼ同じ



DSC05173.jpg

フードコートの端っこで謎の茨城県コーナーを発見。
何かと思えば、ベトナムのサッカー選手であるグエン・コンフォンって人がJ2の水戸ホーリーホックに在籍しているんですね。
日本のイチローみたいな扱いなのかな?



DSC05170.jpg

一通り散策し終えたので、食料品売り場にてお酒、お菓子などを買って帰りました。

そういえばイオンから宿に戻るウーバーを呼ぶのに少し時間がかかりました。町はずれだと配車ができない可能性があるので注意が必要ですね


DSC05177.jpg

ホテルにて早速ハノイビールを飲む。軽くてとても飲みやすい。しかも1缶1万ドン(50円)ととても安い。

ちなみに夕方に食べたフォーは150~200円ほど。

ベトナムは物価が安くて最高です



2日目はハロン湾へ向かいます

続く→9/4更新

ベトナム旅 その5 

カテゴリ:ベトナム旅


その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その4(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-655.html




ベトナム旅 2日目


DSC05178.jpg

この日の朝は時間がないので、昨日イオンで買ったもので済ませることに。
画像のとおり、サンドイッチとバインミー。この旅初めてのバインミーです。

味はまぁ美味しいのだけど、ベトナム料理の定番である香草(パクチー)っていうのが自分にはどうも合わなかった。友人は大丈夫みたいだったが



DSC05184.jpg

出発は朝7時前。なんとホテルの入り口が閉まっている。というか、フロントの前のソファーで従業員が寝てる…

まぁ戸締りはキチンとされているんだなと感心しつつ、従業員に開けてもらい外へ出ると、バイクがやかましい



DSC05187.jpg

ところで、この日はベトナム旅の目玉の一つであるハロン湾観光に行きます。オプショナルツアーとして事前に申し込んだものですね。

ウーバーに乗って、集合場所である某外資系高級ホテルへ。そこからツアーバスに乗り込みます。



DSC05197.jpg

街を出ると田舎の風景がずっと広がります。天気がよく気持ち良かったです。(雨季とは)
ハノイ中心部からハロン湾までは約4時間。



DSC05196.jpg

ドライブの途中で1度だけ30分のトイレ休憩。確かに降ろされて用は足せたのですが…



DSC05195.jpg

まあ、お土産コーナーに連れて行かれますよね

商売熱心な売り子の女の子に負けて、ハスの実のお菓子を買ってしまいました。もちろん観光地価格…



DSC05193.jpg

休憩所ではお茶菓子のサービスも。といっても、お茶もお菓子もお土産として売られているものなので、試食みたいなものですね。

友人はお茶菓子のサービスだけ受けて、お土産は一切買わない徹底ぶり。そのメンタルを見習いたい



DSC05204.jpg

ハノイ市街から3時間ちょっと。ハロン湾に近づいてきました



DSC05212.jpg

乗り場に到着して、観覧船に乗船


DSC05226.jpg

続く→少し遅くなります9/12更新予定。↓の旅行の疲れで作成が手につかないので1日遅れます

明日からまた1週間ほど旅行に行ってきます

ベトナム旅 その6 

カテゴリ:ベトナム旅


その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その5(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-656.html




DSC05226.jpg

ハロン湾近くの港までやってきました。現在お昼頃
ここからフェリーに乗船して、ハロン湾内の定番スポットを巡ります



DSC05219.jpg
DSC05220.jpg
DSC05221.jpg

あまり大きくないフェリーですが、中は最大20人程度が食事を楽しめるような作りになっていました



DSC05228.jpg

出航と同時にランチもスタート。まずはエビの素揚げとビールで、他のツアー参加者と乾杯



DSC05236.jpg

15分ほどで島々にだいぶ近づきました



DSC05249.jpg

食卓も大賑わいに。豪華なランチは嬉しいのですが、実は魚介類が苦手
画像中央の空芯菜炒めが一番おいしかったりします(



DSC05229.jpg

それから、近くで浮かんでいた小舟から漁師さんが魚や貝を売りにやってきたり。
買えばその場で調理してくれるとのことですが、さっきも言ったように魚介類が苦手な私は完全にスルー



DSC05239_20160913211124d6d.jpg

ランチタイムがピークを迎えたころ、船の外は絶景を迎えていました。

・・・・・・・・・・・・・・


うん、写真だと伝わらないですね。この圧倒される感じが…

最初は、真珠養殖で有名な伊勢志摩の英虞(あご)湾みたいなものかと思っていたのですが、やはり世界遺産は迫力が違いましたね。
左右にそびえたつ奇岩を間近で見た時は凄く圧倒されました



そういえば、ここハロン湾ですが。個人的に1つ楽しみにしていたことがあって


CovSsxrUEAAB6dN.jpg
((C)石塚千尋,講談社/「ふらいんぐうぃっち」)

今年(2016年)の4月~6月クールで放送されていたアニメ「ふらいんぐうぃっち」で、申し訳程度なのですがベトナムのハロン湾が登場したのです。
どうせなら聖地巡礼をしたいということで、作中で登場したところを探してみたのですが…


CovSsTYVUAEfxJf.jpg
DSC05247.jpg
(上:(C)石塚千尋,講談社/「ふらいんぐうぃっち」 下:ブログ主撮影)

このシーンだけ似たような場所を見つけました。はたして合ってるのだろうか?





一応場所はこのあたり。本土から近く、とても有名なスポットみたいなので、適当なハロン湾ツアーに申し込めば通過する可能性は高いと思います



DSC05263.jpg
DSC05291.jpg

その後さらに1時間ほどしたところで、ハロン湾内のとある島に上陸


(中途半端ですが、ここで切ります)

次→9/15更新予定




ところで

カウンター
(9/12時点でのカウンター)


9/6~7に来訪者が急増してたんですが何かあったんですかね?

どこか有名ブログに引用されたのか、はたまた某匿名掲示板でネタにされたのか真相は不明ですが、すっかりいつものペースに戻っているので良しとしましょう

ベトナム旅 その7 

カテゴリ:ベトナム旅


その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その6(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-657.html




DSC05291.jpg

ランチタイムを終えて、ハロン湾内のとある島に上陸



DSC05288.jpg

ここから階段を10分ほど上ります。いやしかし暑いこと暑いこと



DSC05290.jpg
DSC05307.jpg

辿りついた先は鍾乳洞。
ここティエンクン鍾乳洞は1993年とつい最近に発見された洞窟だそうです。この洞窟の発見が翌年のハロン湾の世界遺産登録に繋がったのだとか。

中は気持ち涼しかったですが、期待できるほどではありませんでした。アジアらしいといいましょうか、ライトアップの色味が何とも言えません(笑
あちこちにある鍾乳石がそれぞれ動物や人の形に似ていて、それを見つけながら探検を楽しむという流れでしたが、捻くれた私は終始頭に?を浮かべていました。そして、これらの鍾乳石は一応写真に収めましたが、この記事を作成中に見返して「何が何の動物かさっぱり?」となっています。こりゃダメだ。



DSC05329.jpg

鍾乳洞見学を終えた後は船に乗り込みそのまま帰港。約3時間のクルーズ、ほんとに暑かったです



DSC05330.jpg

バスへの戻り際には、ベトナムの伝統である水上人形劇をちらっと見ることもできました。ベトナムの観光資源の1つらしく、例えば先日の記事で出たホアンキエム湖の周辺でもこの人形劇を見ることができるのだそうです。



DSC05331.jpg

ハノイ市内へ戻ります



DSC05333.jpg
DSC05336.jpg

帰りもきっちりお土産屋に連れていかれましたが、無事にハノイへ戻ってきました。ハノイは夕暮れ時。
いい時間になったので、ツアーバスを降りた某外資系ホテルから徒歩10分くらいのお店で晩御飯にすることに



DSC05345.jpg
DSC05343.jpg


やってきたのは「クアン コム フォー」というお店。ガイドにも載っているお店です。
内観は日本にもある大衆食堂みたいな感じですが、現地の人は気軽には利用できないんだろうなというくらいの価格帯のお店



DSC05341.jpg
DSC05342.jpg

この旅初めて生春巻きを食す。うーん、やっぱりパクチーが苦手だなぁ。
パクチーが臭いのきつくない野菜であれば、大好きになるんだろうけど(というか、それもはや生春巻きではない

フォーをメインに、フライドライス(炒飯)とから揚げも注文。から揚げは言っても揚げ物なのでガッツリ食べられるのですが、やはりこちらの人は薄味が好みなのだろうか。味の濃さという意味では少し物足りなかったかもしれません。

記憶があいまいになってきましたが、食事代は飲み物のジュースを含め1人700~800円くらいだったと思います。日本で食べるよりは確かに安いが、そこまで驚くほどではないですね。

ベトナムは確かに物価は安いですが、それなりの所で食べるとそのお得感は少ない気がします



2日目終了。次回3日目に入っていきます。

続く→9/18更新予定

ベトナム旅 その8 

カテゴリ:ベトナム旅

前回の記事の予告をすっぽかしてしまいました(

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その7(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-658.html




DSC05348.jpg

ベトナム旅3日目です。ハノイの宿では朝食がついてないので、まずは朝ご飯を調達

宿の従業員に「おいしい珈琲とバインミーが食べられるお店は?」って聞いたんですけど、結局教えてもらった店がどこにあるかわからず仕舞い。付近を歩きまわること15分



DSC05360.jpg

宿から歩いて5分ほどのところに良さげなお店を見つけました。



DSC05352.jpg

注文しようとするけど、ベトナム語がわかんない…
女店主さんは英語が話せる方だったので、英語でやり取りすることで何とか注文できました



DSC05354.jpg

初のベトナムコーヒー。濃いめのものに練乳をたっぷり入れたものが特徴みたいですね。
かき混ぜると底に沈んでいた練乳で色が見事に変わりました

味は………甘い!

普段、ブラックでしか飲まないということもあり、甘くて甘くて何とか飲み干した感じです。



DSC05356.jpg

バインミーも来ました。
前日のイオンで買ったバインミーと比べて、フランスパンが焼き立てのアツアツだからだろうか数倍美味しかったです。
ベトナムで食べたものの中で何が美味しかったと聞かれたら、間違いなくここのお店のバインミーと答えられます。



次→9/21予定 (9/22追記)9/28頃更新に変更します
投稿ペース早めた結果、書く内容が薄いというか書きたいことを書ききれていない気がしたので、少し間をあけます