ニュージーランド一人旅 その10 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3

年度末まであと12日。予告通り急ピッチで終わらせます
(もはや1年前とか記憶があいまry)

旅13日目(Wed)

こっちに長期留学に来ていて何故か車と免許も持ってるという人と知り合い、授業のあと郊外まで昼ごはんを食べに行くことに

連れられたのはノースショア(北部地域)の少し賑わった通り。
その中のタイ料理のお店で、ピリ辛チャーハン的なものを食す。もはや店の名前も、料理名も思い出せないが、とにかく辛かったのは今でも鮮明に覚えている


さて食後はすぐにダウンダウンの方に戻ってきたが、英語クラスに人は残っていないだろうし、どこか行くにも時間も中途半端だし。で、この日はそのまま帰ることに

結局昼ご飯を食べただけだったけれども
こういうグダグダした日が何日かあってもいいじゃないか!


夕方以降は、閑静な住宅街のステイ先でスーパーで買ったお菓子片手にのんびり読書を楽しんで終わり
そのお菓子が不味かったのは内緒

DSC04070.jpg
(見かけによらず結構辛い。辛いもの好きにオススメしたいが、店名を忘れる)




旅14日目(Thu)

前回紹介したワンさんに、またまたお昼に誘われる。今度は彼と同じタイの留学生を1人連れてきた。(しかも女子)

私「で、どこにいくんだい?」

ワンさん「ラーメン行こう!」

私「お、おう(またかよ」




というわけで、これまた前回紹介した日本料理店に再び行くことに

前回はラーメンを食べたので、今日はかつ丼を注文。ワンさんはまたラーメン、よほど好きなんだろう。

かつ丼はというと、トンカツは赤身が多い部位を使っていて、ラーメン二郎のチャーシューを食べている感覚。
とにかくボリュームが多くて、定食屋の大盛り以上はあった気がした


食後はワンさん達とは別れて単独行動に。鉄路で隣のニューマーケットという駅へ向かう
そして、そこから徒歩15分ほどで到着したのが

オークランド博物館

とにかく展示量が凄いと話を聞いてやってきたのである。あと私自身もこういう場所は好きなので(真面目ぶってないよ


DSC04086.jpg
DSC04090.jpg
(上:キウィレールの車両 下:ニューマーケット駅構内)


さてチケットを買おうとエントランスのカウンターへ
チケットは買えたが何やら「バック」がなんちゃらかんちゃら言って、出口の方向を指さしている。意味がわからん

ここは裏口だから、表から入れということか?確かに裏から入ったんだけれども
というわけで、とりあえず表口に向かうことに


DSC04091.jpg
DSC04095.jpg
(上:博物館裏口 下:博物館表口)


おお!確かに表は立派だ!

さて気を取り直して正面から入館。チケットは買ったので受付で見せると、またバックがなんだかんだと言っている。
いったい何だ???

受け付けが指さす方向を見ると


クローク(荷物預け場所)


バックって、後ろのリュックのことか!なら、リュックと言ってくれればいいのにね~(笑笑





・・・



凄く恥ずかしいです







なら、さっきの裏口の受付が指さしてたのもコインロッカーだったのか… チケット買ったのに早速出て行った変な外国人と思われたんだろうねぇ…


凄く恥ずかしいです



まぁ気を取り直して、カメラと貴重品だけ持って荷物を預ける
(ここの博物館も写真大丈夫です)


展示スペースは3層に分かれていて、1階はマオリ文化、2階は自然科学分野、3階は戦争歴史というような感じである
展示ごとの説明文は英語とマオリ語の2種類。もちろん日本語なんてあるわけない


1階を半分くらい廻ったあと、一気に3階へ。ここに来たら見たいものがあったんです


それは

DSC04124.jpg

ゼロ戦

艦船の女の子を出撃させる某ゲームをやってると、こういうところへの興味が凄く湧いてきます。ちなみに、この戦闘機は32型らしい
また、ゼロ戦自体は、日本でも呉の大和ミュージアムをはじめ何カ所かで見ることができるそう


DSC04131.jpg

この戦闘機に関しては上の画像参照。ここだけ唯一日本語の説明文が書いてあった。粋な計らいである



目玉を見たので、3階から順番に各フロアを見て回る。
それぞれにコメントしていくとキリがないので割愛



2階フロアをほぼ見終わりかけの頃に、突然スタッフに声をかけられて

スタッフ「すいません、まもなく閉館です」

時計を見ると17時になっていた。時間をすっかり忘れていた



というわけで1階のマオリ文化のフロアを半分くらい見ることができずに終了。冷静に、この博物館の重要な部分を見損ねた気がする…


DSC04100.jpg
(博物館の案内図。NZはイギリス英語なので1階がGrand Floorになっている)

DSC04164.jpg
(2階、恐竜フロアにてタイムアップの宣告を受ける)


続く

ニュージーランド一人旅 その11 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


旅15日目(Fri)

この日は晩御飯に日本のカレーを振る舞うことになっている。

といっても夕方ころまでは時間は空いているので、今日はMt.Eden(イデン山)というオークランドの真ん中に位置する丘に登ってみる。オークランド市街を一望できるスポットとして有名な場所だ
(日本でいう函館山、神戸・六甲山、長崎・稲佐山的な場所?)

ここオークランドは遥か昔に火山活動が活発だった土地。そのため、かなりアップダウンが激しい。
Mt.Edenも元々は火山で、その噴火口を現在もはっきりみることができる

DSC04196.jpg
DSC04203.jpg
(上:Mt.Edenの噴火口とオークランド市街地の景色)
(下:最高の景色とともに日本では売られていないエナジードリンクを楽しむ)





さて、ステイ先に帰宅。カレーを作るわけだが、そもそもなぜカレーを振る舞うことになったのか

NZに渡航する前に親と電話をしていると、「ステイ先の人に日本の料理振る舞ったりした方がいいのでは?」と言われ、いろいろ検索していると、確かにホームステイ中に母国の料理を振る舞うことは留学生のちょっとした定番らしい

というわけで、カレーを振る舞うことになったのだが、問題は


お米をどうやって炊こうか…?


と悩んでいると、奥さんがやってきて


「この炊飯器つかう?」





え?なんで、炊飯器持ってるの?




奥さん「お米は、ごくたまに食べることがあるのよ」





あー、そうなんだ…







そして、お米と同じく日本から持参したバーモンドカレーを見て


奥さん「あー、これと似たカレー作ったことあるわ!」






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もはや、ジャパニーズカレーを振る舞うとはなんだったのか…




というわけで、奥さん、旦那さんにとって特別新鮮でもない日本のカレーを振る舞いました


そして、カレーを作っている最中に気になったことが一つ、奥さんに貸してもらった炊飯器である。
どこ製だったか、日本製ではなかったことは覚えているんだが、何故かご飯が15分くらいで炊けた
もちろん日本の炊飯器みたいに上手く炊けるはずもなく、水が多くなって柔らか過ぎの状態になっていたが、15分でこの状態になるとはなんとも不思議な炊飯器だ…


(私が作った拙いカレーの画像はありません。撮影し忘れていました、ごめんなさい)


次回、3度目の週末

ニュージーランド一人旅 その12 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


気が付けば3月も残り5日…
旅のラスト3日前までの分は書き終えてあるんですが、これから1日1記事更新していったとして、年度を跨ぎそうです
今日から毎日更新していきます

あと、追い込みで書いてるので、内容が薄っぺらい物になってます(
のちのち追記修正を施すかもしれません




旅16日目(Sat)

こちらに来て3度目の週末。来週は日曜日の朝に帰国するため、土日がフルで空いている最後の週末になる。

せっかくだし、バスで3~4時間のところにあるロトルアというマオリ文化が色濃く残る街への1泊2日ツアーとかに参加しても良かったのだが、如何せん面倒くさい。あとお金もあまりないし
(今になると勿体無い話だが、生半可な気持ちの短期留学だった為、このころは結構帰りたい気持ちがあったりした)


2週間も滞在していると、ダウンタウン中心にオークランド市内の観光スポットは行き尽くした感じがあるが、この日は中でもまだ手を付けていないノースショア(北部地域)のデボンポートを巡ることに

DSC04208.jpg
(朝のアオテア広場。この日の作戦を練る)


先週のランギトト島の時と同様に、ブリトマートからフェリーに乗りこむ
ブリトマートは陸続きの居住地区であり、ダウンタウンから陸路で行くと少々面倒な位置にあるため、フェリーは市民の足となっている
ということもあってか、前回のランギトト島とは異なりICカードで乗船できるなど、すごく気楽に利用できた
運賃は片道6ドル。バスに比べると少々割高

DSC04214.jpg
(デボンポートの船着き場にて)


デボンポートに到着し、まず目指すは海軍博物館
フェリーターミナルより海沿いの遊歩道を歩くこと15分で到着。無料で見学できるのが嬉しい

展示内容はもちろんニュージーランド海軍の歴史。またその関連として太平洋戦争のことが書かれていたり、その太平洋戦争で日本海軍の軽巡洋艦「神通」が探照灯を照らしたという艦こr(ry
まぁとにかく興味深いところでした。過去の戦史についてあまり真面目なことを書くと外野がうるさいので割愛

DSC04215.jpg
DSC04226.jpg
(上:遊歩道からTorpedo Bay(直訳:魚雷湾)の眺め)
(下:海軍博物館入口)




海軍博物館をあとにして、次は博物館の裏山へ
見晴らしがいいということに加え、先日のランギトト島がすぐ近くに見える。また昔海軍が使っていた砲台や施設の跡を見ることができる
途中の公園で草野球ならぬ草クリケットを少し観戦してたが、その他特に面白いこともハプニングもネタになりそうな諸々もなく下山



DSC04282.jpg
DSC04285.jpg
DSC04295.jpg
DSC04297.jpg
(上1枚:草クリケットの様子)
(下3枚:海軍博物館の裏山からの景色)



さてデボンポートの中心部(フェリーターミナル)に戻ってきたが、まだお昼すぎなので、もう一つの高台「ビクトリア山」にも上ってみることに
(直前の写真、右側参照)


DSC04300.jpg
DSC04304.jpg
(上:ビクトリア山からのダウンタウンの眺め)
(下:さっきまでいた海軍博物館の裏山)



裏山より高い位置にあり、ダウンタウンに近づくので景色はそれなり。
どうしても手前の海軍の艦船に目がいく




ビクトリア山も下山して、ダウンタウンへ戻る
月曜日にワンさんに連れて行ってもらった台湾料理店を再訪し、遅めの昼ご飯を食べて、今度は鉄道に乗車

オークランドの南部地域、オネフンガという地区まで向かう

特にこれといった目当てはないが、英語クラスの初日に知り合った人に「オネフンガって所で買い物したよ」って話を聞いてみて、大きな街かと期待して来てみたら、別に大したことがなかった模様
少し街歩きをして、ステイ先に帰宅。最近、行動がすごく淡白なものに感じる


DSC04313.jpg
DSC04312.jpg
(オネフンガ駅にて)

ニュージーランド一人旅 その13 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


旅17日目(Sun)前半


さて、毎度おなじみ


今日はどこに行こうかな?



最初はワイヘキ島という、ワイナリーが多く集まる観光島に行って、ぼっちサイクリングとか考えたのだが、ぼっちでサイクリングをするのはなんだか寂しい…
それに、レンタサイクルのお値段なんと35ドル。お高い


お金に困ってるということはないんだけども、カードのキャッシング枠がないので現金は手持ちのものだけ。
まだ5万以上残ってはいるが、海外ということもあり有事の時に備えておきたく、できるだけ節約もしくはショッピング枠の支払いでいきたい
(↑こういう私ですが、この3か月後に東京で現金を持ち歩かずにハプニングを引き起こしてます。
詳しくはこちら→東京へ行ってきた 2014


というわけで、ワイヘキ島はやめて、この日はオークランド北西部郊外のクメウという街にあるワイナリーを見学に行くことに

ちなみに私、お酒飲めません

お酒が飲めなくたってワイナリーには行きたい!



いつもの通りダウンタウンまで出て、目的地までのバス乗り場へ向かう。時間も調べてあるし、完璧のはずだが…

バスが来ない



・・・・・・・



日曜運休でした☆


うーん…



急きょ近くのカフェにて作戦再考

再考の結果、クメウまでは行けないが、鉄路で行けるオークランド北西の果てスワンソンというところまで向かうことに


DSC04320.jpg
DSC04321.jpg
(おなじみになってきたキウィレール。道中は比較的空気輸送だった)


終点のスワンソンには1時間ほどで到着。
ここから徒歩20分ほどの所にワイナリーがあるということで、そこへ向かってみる


と、その前に

駅前の公衆トイレで用を足す


駅は基本的に無人駅なのに、公衆トイレは清掃員が毎日掃除に来ているのか、日本の駅の公衆トイレより綺麗である
トイレの形式は言葉で説明するのが邪魔くさいので下記の画像を参考にしていただきたい

入ったら、ボタンを押してロックする。イマイチ操作の仕方がわからないが、開けようとしても開かなくなったし、しっかりかかったんだろう…

用を足して出ようとする、さっきみたくボタンを押して解除しようとするが…

トビラが開かない


え?え?え?閉じ込められた?????


中に閉じ込められること3分…

よーくわからないけど、適当にボタンを弄って脱出することに成功しました(
この旅の一番のトラウマです。ニュージーランドの公衆トイレ…


t02200165_0800060013219661485.jpg
(※引用:ニュージーランドの公衆トイレ)
(こんなにネタになった公衆トイレを撮影し忘れていました。他のブログより引用させていただきました)
(参考:ニュージーランド生活ただいま進行中!


さて、ワイナリーへ向かいます。(続く)

ニュージーランド一人旅 その14 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


旅17日目(Sun) 後半


スワンソンに到着して、駅前の公衆トイレにてトラブルがあったが、ワイナリーを目指す
"FULLERS"というオークランドのフェリー会社が運営するワイナリーが、ここスワンソンにもあると聞いてやってきたのだが、ほんとにあるのだろうか?

中心部からだいぶ離れたところまで来たとはいえ、休日でも1時間に2本は列車が走る地域である。
中心部に比べて敷地の大きな家が立ち並んでいて、幹線道路にも車が多く走っている


手持ちの端末が指示する通り、幹線道路沿いを歩き、途中で少し外れたほうへ向かう…

歩き続けること20分



え?歩道ないけど?


しかも、森の中に入っていくし視界が悪く危険そうだ…

しかし、もうすぐそこらしいので、思い切って進むことに
(異国NZオークランドの郊外の歩道なき道路を歩いた変な日本人は自分だけだろうなぁ…)


DSC04327_20150329231810d24.jpg
(オークランド郊外 歩道なき道)


歩道がない道を歩くこと5分、看板らしきものが見えたので入ってみる

辿りついた場所は

Crystal Mountain


あれ?間違えた?

沢山の人で賑わっているから、ついここかと思ったけど、何やら様子がおかしい


建物に入ると、色とりどりの鉱石がお土産として売られている


なんとここ

鉱石博物館



あれ?ワイナリーは???



とりあえず、お土産コーナーに隣接している喫茶店で休憩。なんだかこんなのばっかりだ
ついでに喫茶店の店員さんにワイナリーについて聞いてみるが、どうやらわかんないそう…


グーグルで検索して調べなおすも、どうやら場所は間違ってい無さそうだし。もしかして、グーグルマップに登録された情報が間違っていたとか…?




結局、よくわからない鉱石博物館で鉱石を眺めただけで、引き返すことに


DSC04328.jpg
DSC04329.jpg
(炎天下の中、隣駅まで引き返す)


ワイナリー(があるはずの場所)は、スワンソン駅とその隣ラヌイ駅の丁度中間あたりに位置するので、帰りはラヌイ駅から乗ることに


かえりの電車に乗りながら思う


いったい自分は何しにきたんだ?



このあとどうしようか迷っていたが、とりあえずステイ先の最寄駅で下車

ワイナリーに行けずに悔しかったので、とりあえず酒屋に行って地元のワインを買いに行く

店員さんにオススメされて、いざ買おうと思ったのだが…


店員「パスポート見せて」


へ?

店員「パスポートないと売れないの。ごめんね」

パスポート持ってません
ニュージーランドの年齢チェックは、形式だけの日本とは違ってしっかりしているなぁ…


今思えばワイナリー行けたとしても、パスポートを持ってなかったから門前払いをくらったのでは…

そういえばスワンソンのワイナリーですが、後々しっかり調べてみると…


博物館の隣にあった





一生の不覚・・・




ワイナリーの予定地が変わり、そのワイナリーにすら行けない、そしてワインを買えない。
gdgdしたが、最後にワンツリーヒルズに行って羊を見よう…


DSC04343.jpg
DSC04341.jpg
(ワンツリーヒルズにて、この旅はじめてひつじを見る)



というわけで、日曜日終了。なんだかすごくもったいない一日でした

ニュージーランド一人旅 その15 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3


旅18日目(Mon)~旅22日目(Fri) 前半

やったことやったことが大したことないので、最終週はダイジェストで




英語クラスのプログラムは2週間で一区切りのようで、月曜日はクラスレベル昇格チャンスのテストが行われた


なお、現状維持


結局2週間じゃ、スピーキングがどうにもなりませんでした。反省



月曜日は一度行きたかった喫茶店の街、ポンソンビー地区に足を運ぶことに


オススメとして紹介されていたお店を訪れると、そこはレトロな雰囲気でお洒落な喫茶店。そして、ポニーテールの店員さんの笑顔がまぶしい
頼んだのはチャイラテでスパイシーな香りが何ともいえない至福のひと時


まぁ、こうやって一人喫茶店を満喫して思うのは

女の子に生まれたかったなあー

いや、性的とか深い意味はないですよ(笑)
こういうところで喫茶店で読書っていうの凄くやりたいんです。でもオタク野郎がやってても見苦しいじゃないか?女性だとすごく映えるじゃない。そういう所気になります
まぁ男としている以上、イケメンとまでは行かずとも、小奇麗にしていったら…(無理だな

来世は女性に生まれて、ファッションにあまり気を遣わないパーカー女子バックパッカーとして世界を旅します(野望


DSC04362.jpg
DSC04361.jpg
(One 2 One cafeにて)




翌日は、ノースショア地域でまだいったことのないタカプナ地区へ。先日行ったデボンポートよりも北側に位置し、オークランドから車で向かうなら、オークランド・ブリッジを越えてすぐの場所である

タカプナはオークランドから少し離れた場所なので、人も多すぎず、のんびりした場所。


DSC04364.jpg
DSC04369.jpg
(海に近く、ここからもランギトト島を望むことができる。海水浴客はいなかった模様)

DSC04365.jpg
(NZに来てまでスタバ。NZ限定のキーウィデザインのタンブラーをお土産に購入)