2014年12月 の記事リスト

≪前月 |  2014年12月  | 翌月≫

ニュージーランド一人旅 その7 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3

お久しぶりです

楽曲の動画を挿入すると、スクロール時にヘッダーが点滅するという不具合が時々発生するため、楽曲紹介はしばらくやめておきます。了承願います
(なんというか記事内容とリンクもあまりしていないし、音源探す時間も結構かかるし)




旅9日目(Sat)

NZに来てから2回目の土日と言うことで、どこに行こうか思案した結果


交通科学博物館

どうも乗り物オタですいません(ペコリ
と言ってはいるけども、自分自身鉄道オタクという呼ばれ方は好きじゃない。一般人に言われても構わないのだけど、ニワカなのでガチ勢に白い目で見られてそうと気になるんですね。まぁニワカオタと思っていただければ幸いです

DSC03816.jpg
DSC03817.jpg
(博物館の名前はMOTAT。"Museum Of Transport And Technology"の略)



昔の車両の展示をはじめ、その時代の街並を再現したエリアがあったり、蒸気機関などの動力の解説があったり、日本のものと大体は同じ。というか大きく変化していたら逆にまずいもんね

英語の説明をいちいち精読して回ってると日が暮れるどころか、再び昇り、また暮れるくらいの勢いなのでほどほどに全エリアを見て回る

DSC03823.jpg
(鉄道、車、航空機と乗り物好きにはたまらない)

DSC03832.jpg
(昔の街並が再現されたエリア)

DSC03844.jpg
(こういう鉄道ジオラマも)


実は最初に入ったエリアは鉄道と車の展示だけで、飛行機の展示は別エリアとのこと。
ざっと回ったけれども、それなら次のエリアに向かおう

ここまで大雑把な流れで来ましたが、いかがでしょう。
手抜きだって?
こんな乗り物に関してイチイチ詳しくコメントしてもらいたいですか???

(あと、写真OKではあったんですが、一応博物館の展示物なんでブログへの紹介は控えめにしておこうかなという考えもあり軽めにしました)



航空機の展示場は歩いて20分くらいの所にあるらしい
アクセス手段 兼 一つの展示物としてちんちん電車が走っているけれども、時間が微妙なので徒歩で向かうことに

DSC03849.jpg
(鉄道・車エリア入口すぐそばにある乗り場)

DSC03907.jpg
(航空機エリア側の乗り場にて)



このMOTATはオークランドの中心街からバスで15分ほど西に向かったところの、ウエストスプリングという公園に隣接して建っており、2つのエリアはこの公園の大体対角線上にそれぞれ位置している

ようするに

移動が面倒くさい


といっても公園の中を散歩して行けるので、それはそれで楽しい


DSC03857.jpg
(ウエスタンスプリングスの風景)
DSC03867.jpg
(ここに棲む水鳥。警戒心が少なく、近寄っても逃げようとしない)

DSC03872.jpg
(エサをやるなは日本と共通)

DSC03864.jpg
(公園のベンチで休憩がてらiPadを触っていると…)

DSC03865.jpg
(ん?なんかさっきより近くないっすか???)


公園内はとにかく鳥が多くて、しかも皆わりと人懐っこい。すり寄ってくるほどではないが、かなりの距離まで近寄ってくる。
こういう経験は日本ではなかなかできない


休憩をはさみつつ、公園の端から端まで歩く。途中、動物園の入り口を横切ったりもしたが、そこはまた後日


徒歩20分でようやく航空機のエリアに到着


DSC03881.jpg
(MOTAT、航空機エリア入口)

DSC03893.jpg
(展示物の一例)


おお!デカい飛行機が何機も展示されてる!!!

ジブリのナウシカか風立ちぬに出てきたような、下にお腹が出てるタイプの飛行機もあったり、なかなか興味をそそられる


そして

DSC03884.jpg
(航空母艦の小型模型)


艦これ民 はしゃぐ

飛行機といっても民間機だけでなく軍用機の展示ももちろんあるわけで、そうなると説明にも自ずと太平洋戦争関連の歴史が触れられる。
中高の日本史、世界史で出てくるレベルのWWⅡ知識は多少あったけれども、艦船や軍用機の知識などは当然持ち合わせておらず。なんで、艦これをやっててこういう所にも面白みが多少増したことはほんと良かったと思いましたね



DSC03907.jpg
(2度目 航空機エリアから鉄道・車エリアへと戻る)

DSC03908.jpg
(他に何名かお客さんがいたので内観全体はupできないものの、雰囲気だけでも)


鉄道・車エリアは幹線道路沿いに面してるのに対して、航空機エリアは少し奥に入ったところにあるため、ちんちん電車で鉄道・車エリアへと戻り、博物館見学は終了

このあとステイ先までバス一本で帰りたいと思い、慣れない場所を徒歩移動して迷子になりかけたのは内緒


次回、旅10日目




今回が年内最後の記事になりそうです。果たして今年度いっぱい(2015年3月末)までに終わるのだろうか…?

2014年もたくさんの訪問ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。よいお年を