東京へ行ってきた 2014 

カテゴリ:平凡な日々

お久しぶりです。
実生活で色々とあり中々更新できませんでしたが、今日よりまたぼちぼち更新を再開します


今日は先月末の東京旅行を記事に
(NZの記事はまた次回更新します)


というのも






(私のツイッターより)

旅の最終日にあるハプニングがありまして…
このことについてツイッターでざっくりとしか実況できてなかったので、改めて書くことにします

なお今回の旅はブログにする予定はなかったため、ざっくりと1記事で終わらせます




今回の旅先は東京。

今まで東京へ行く度にお世話になっていた知り合いが家の都合で一人暮らしをやめるということらしく、その下宿へ最後にもう一度行っておかないといけないな
という、割とどうでもいい目的となってます(笑



初日

某平日の夜、札幌を出て成田空港で東京へ

DSC_0406.jpg
(※イメージ)



二日目

前々日が半徹夜だったので遅めのスタート

午後よりヤマノススメの巡礼に埼玉・飯能へ。昨年のぼんぼり祭りのあとに少し立ち寄ったんですが、時間がなく全部満足に回れなかったため、二度目の来訪となります

DSC_0208.jpg
(天覧山からの眺め)


あと夕方に別の知り合いと久々に再会して、一緒に二郎に行ってました

写真 1
(ひばりが丘二郎。スープが少しカラかったけれども、それ以外は文句なし。店員さんも雰囲気良さげで、店員さんより客が勝手にピリピリしていた印象)


三日目

特になし
(横浜駅近辺うろついてました)



四日目

何度目かわからない、江ノ島へ。
アニメTARI TARIの和奏の家のモデルとなったお店でスイーツを食べたりしてました

DSC_0238.jpg
DSC_0245.jpg
DSC_0280.jpg
(上:江ノ島入口、中:和奏の家のモデルになった甘味処、下:潮が引いて陸続きになった江ノ島。4回目にして初めて)



帰りに湘南台でニュージーランド以来のバーガーキングを食す
(最近、札幌にも何店舗かできたみたいだけど行く機会なかった)

無題
(バーガーキング ロゴマーク)



五日目

相変わらず汚かった知り合いの下宿をあとにして横浜駅の南側へ

この横浜の知り合いには今まで7~8回お世話になったのにみなとみらいエリアには一度も行かず
ハマスタや中華街、山下公園など行きたかったところを観光してました

DSC_0327.jpg
DSC_0307.jpg
(赤レンガ倉庫と山下公園の氷川丸)



午後から東京へ

夕方まで秋葉原をぶらつき、夜は東京スカイツリータウンへプラネタリウムを観賞しに
   

DSC_0340_20140622001843029.jpg
(ライトアップされたスカイツリー)

コニカ1
(スカイツリータウン内にある「コニカミノルタ プラネタリウム」)
(サイトはこちら

なんでプラネタリウムなんかリア充スポットにぼっちでって話なんですが
(2014年6月現在)ここのプラネタリウムの最終2公演が坂本真綾さんのナレーションによるプログラムになっていて、東京に行くならぜひと思っていたんですよね

やっぱり声優コンテンツはこのようなヒーリングプログラムが一番ですね
(そんな私の好きな声優ラジオは坂本さんの「from everywhere」と能登さんの「おはなしNOTE(旧:地球NOTE)」です)



プラネタリウムが終わり、次は目黒へ目黒二郎
坂本さんのプログラムで心を洗われた直後、体に油を流し込みます




(と、ここまで長い前フリ)

目黒から山手線で東京へ。駅前のマクドナルドで時間を潰し、バス停へ向かう


しかしここでハプニング



バス職員「予約名簿にお名前がないんですが…」


私「」

私「はい?」


そして



あああ!バスの予約の日程間違えたあああ!


そして


写真 2

深夜の東京を歩く(


実は、予約を間違えても当日券で乗れたんだという話なんですが…


夕方の秋葉原にて
「もうあとは帰るだけだし、ICカードに2000円くらい、それにクレカもあるから大丈夫だよね(慢心」

普段の生活費をこれ以上削らないためにもと、現金をほとんど持ち歩いていなかったのだった…
よって当日券を買うお金なし!

で、深夜2時にコンビニでお金を下ろせるはずもなく…(一部金融機関は除く)



写真 3

東京タワーが綺麗だなあ(棒読み)

皇居から増上寺や芝公園の横を通る道を南下、その後15号線にぶつかり品川へ



写真 4

ここをキャンプ地とする!

人生初の野宿は品川駅でしたまる



元々予約していた成田の始発便はどうあがいても間に合わないとわかったので、羽田からエアドゥを利用して帰ります(はぁ



DSC_0342.jpg

これほど朝が訪れることが嬉しいと思ったことはありませんでしたね(((

始発の京急に乗り込み羽田へ。そして始発便で帰札



オニオン
(AIR DOのサイトより)

昨晩から何も食べてなかったのでオニオンスープが最高でした(泣)



本来なら坂本真綾のプラネタリウムを終えて幸せな気分になりながら、ライトアップされた東京スカイツリーをバックに旅を締めくくるはずだったのが

どうしてこうなった


色々と反省が多い旅となりました。この経験は今後に生かされることでしょう…



(前フリが長くなったこともあり長文になりました)

ニュージーランド一人旅 その4 

カテゴリ:ニュージーランド一人旅 14.2~3

しばらく更新できず、久しぶりに更新したと思ったら東京旅行で無銭になる醜態を晒してしまいました。ようやくの更新です

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-615.html

その3(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-617.html


今日はこの曲で



ゆーみんの名曲を坂本さんがカバー。軽快なインストはDEPAPEPEが編曲、というのはつい最近知りました




旅3日目

この旅最初の日曜日
早速ステイ先で引き籠るのは流石に印象が悪い(というのは冗談)ので、この日は一人でオークランドの街を散策


行先などは決めていないが、とりあえずステイ先から街へ向おう


さてバス停でバスを待つ。しばらくして水色のバスがやってきてこちらも手をあげて合図したが、なぜかスルーされる
次に紫色のバスがやってきて、今度は止まってくれた
後々振り返ってみると、どうやら最初のバスは空港リムジンバスの通過だったらしく、それを思い出すと少し恥ずかしい


前日に旦那さんと一緒に街に出たので、バスの乗り方は習得済み
しかし、NZは降車バス停の案内アナウンス等が基本的にないから帰りに降りるバス停を間違えないように街へ向かう段階から外の風景に目を光らせる
一方耳はずっと坂本真綾の曲を聞きっぱなし、旅行前はほとんど聞いていなかったアルバムも旅3日目にして「この曲が終わったら次はこんなイントロで始まるな」とわかるくらいまでは聞き込んだ

DSC03724.jpg
(オークランドのバス。しかしこれは空港リムジンバスで通過)



30分ほどでダウンタウンに到着。乗ってきたバスの終点は最もにぎやかな通りの一番端っこの映画館前で、そこからバスや鉄道、フェリーのターミナルであるブリトマートまで15分くらい歩かないといけない。3週間も滞在するとこれが微妙に面倒だが、だからといってどうすることもできない…


どこへ行こうか特に考えていなかったゆえ、バスを降りてまず向かったのが街のシンボルタワーであるスカイタワー。日本のスカイツリーと似てややこしいこのシンボルタワーは東京タワーよりも低いが、街を望むには十分な高さであり、アクティビティ大国(※日テレ系「世界の果てまでイッテQ」情報)のシンボルらしくバンジージャンプの設備まで整っている
ざっと説明したものの、人も多いだろう日曜日にわざわざ登らなくてもということで、あとの楽しみにこの日はパス

DSC03727.jpg
(オークランドのシンボル、スカイタワー)



スカイタワーを真下から眺めた後、世界の歩き方を片手に次に向かったのはヴァイアダクト・ハーバーという港
何艘ものヨットが並ぶヨットハーバーを進んで、跳ね橋を渡るとカフェやレストランが建ち並ぶエリアに出る

DSC03732.jpg
DSC03739.jpg
(ヨットハーバーとレストラン街)



さすが日曜日とあって人通りは多い
こういう人通りが多い場所で一人で喫茶という気にもなれないので、ある程度散策してブリトマートへ戻る

DSC03743.jpg
DSC03752.jpg
(上:ちょっとした高台から眺めるダウンタウン 下:ブリトマートへ戻る途中、来た時に渡った跳ね橋が開いていた)



さてブリトマートへ戻ってきた。丁度お昼時なんで昼ご飯を食す

ちなみにお店は



マクドナルド


うん、なぜニュージーランドに来てまでマクドナルドか?

いや、マクドナルドでビッグマックを食べることでその土地の物価がよくわk


ごめんなさい、そこらへんの店に一人で入る勇気がまだないです(チキン野郎


(ちなみにビッグマックを食べることでその土地の物価がというのは冗談ではなく、ビッグマック指数なんていう指標が実際にある→世界のビッグマック価格ランキング




マクドナルドを食べ終え、とあるバス停へと向かう


というのも、この日の朝

奥さん「(地図を指しながら)ここにバス停あるし、今日はここからバスに乗って帰ってきて」


つまり、異国の地の交通機関をちゃんと乗れるか試されてるというわけだ

しかしバス停に行ってみると土曜日曜は運休と書かれている。
自分の勘違いか奥さんの勘違いかわからないが、とにかく運休なら仕方ない。こうなれば


鉄道に乗ってやろう


根っからの鉄オタではないが鉄道旅行はよくすることもあり、こういう所では鉄道に乗りたくなる

バス停の近くのアルバート公園を通過して再びブリトマート駅へ向かう


DSC03759.jpg
DSC03760.jpg
(アルバート公園。この日はランタン祭りという中国のお祭りが催されていた)



さてブリトマートに到着。切符はどうしようかと考えながら改札へ向かうと、改札機にICカードをタッチする所が

まさか?


ピッ


あ、通れた
バスで使っていたICカードは鉄道にも使えるみたい。もう日本のICカードとほとんど同じである

DSCN6689.jpg
参考画像:ブリトマート駅)
(3週間も滞在しておきながらブリトマート駅の写真が一枚もなし、なんでだろう…。というわけで引用させていただきました)
引用→どっか行きたいな。BLOG オークランド・ブリトマート駅


DSC03767.jpg
(NZの鉄道キウィレール。どうやら全線非電化みたい)



ステイ先の最寄であるキングスランドまでは4駅で15分程度だった
すごく混雑した車内だったが、私と同じく多くの乗客がそのキングスランドで降りていった
大した駅でもないのになぜだろうと思いつつ駅を出ると、近くから大きな歓声が聞こえる。駅からすぐ近くの競技場でプロラグビーの試合が行われているのだ

ニュージーランドの国技はラグビーであるからその人気は言うまでもなく、ラグビーNZ代表の愛称「オールブラッグス」を聞いたことがある人もいるだろう

DSC03771.jpg
DSC03774.jpg
(上:キングスランドのホーム(無人駅) 下:駅前のラグビー場「エデン・パーク」)



駅からはタブレット端末の地図アプリを片手にステイ先まで歩く
歩けるといっても1時間はかかる道のりで、途中あまりの暑さにコンビニに立ち寄りジュースを買うことにした



日本よりも大きめの600mlペットボトルジュース(スプライト)、そのお値段なんと

4ドル(1NZドル≒85円)
つまり日本円で350円くらいである


高い!


ここニュージーランドは水道代が高いことで有名だが、それの影響なのだろうかドリンク系も結構な値段がする
この時買ったのはメーカーの希望小売価格、日本の自販機で160円のペットボトルを買うようなもんである

で、スーパーなどに行けば多少は安くなるもののそれでも2ドルはする


ついでにライフラインに関してもう少し記すと、電気代も日本より少し高め、さらにガスはもっと高いらしい
なので、ホームステイの際にシャワーはできるだけ素早く浴びるようにと強く言われていた

もっとも日本にいるときから早風呂な私には大した問題ではなかったけれども(笑



DSC03775.jpg
(青空の下、駅からステイ先までのんびり歩いて帰る)


オークランドに来て最初の日曜日が終了
(続く)