九州・広島旅 その3 ~肥薩線とか花粉花粉とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


関西から鹿児島まで飛び、その日のうちに指宿・西大山で途中下車しながら指宿枕崎線を往復乗り潰した前回の続き

DSC_0086[1]

DSC_0087[1]

DSC_0092[1]

旅行2日目 鹿児島中央駅からスタートです



DSC_0105[1]

まずは普通国分行に乗って隼人へ向かいます



DSC_0098[1]

時間があったのでJR九州の特急を撮影



DSC_0110[1]

DSC_0112[1]

DSC_0115[1]

この日も天気は晴れ

鹿児島湾と桜島を眺めつつ



DSC_0127[1]

鹿児島中央から40分くらいで隼人駅に到着

ここから肥薩線に乗って熊本へと抜けます



DSC_0122[1]

次の列車まで少し時間があるので駅前に出てみました


DSC_0123[1]

DSC_0125[1]

DSC_0128[1]

駅の様子



DSC_0130[1]

ここまで乗ってきた国分行の20分後に鹿児島中央を出発した特急きりしまが通過していきました



DSC_0126[1]

実はきりしまが通過する前に既に入線していた吉松経由普通都城行

今度はこれに乗って吉松まで。車両は40系、北海道でよく乗ってる奴



DSC_0155[1]

隼人の街を出ると列車は山の中へ

花粉の季節、一緒に旅するのこのこは花粉症で死にそうな顔をしているw



DSC_0141[1]

DSC_0143[1]

この日は3/7。途中の嘉例川駅ではまだひな壇が飾ってありました



DSC_0164[1]

DSC_0162[1]

DSC_0165[1]

吉松まで残り1駅の栗野で対向の特急列車を待ち合わせ
(対向の特急はこちらの到着後すぐの発車だったので、肝心の写真は撮れてません)



DSC_0170[1]

DSC_0176[1]

隼人から1時間ちょっとで吉松駅に到着



DSC_0171[1]

人吉へ向かう普通列車「しんぺい」は既に入線していました。この列車に乗り人吉へ



続き

九州・広島旅 その4 ~観光列車しんぺいとかスイッチバックとか~  

カテゴリ:九州・広島旅

旅は2日目に入って鹿児島中央駅から普通に電車を乗り継いできた前回の続き、吉松駅に到着したところからスタート



DSC_0172[1][1]

DSC_0173[1][1]

DSC_0175[1][1]

DSC_0178[1][1]

DSC_0182[1][1]

DSC_0183[1][1]

DSC_0185[1][1]

発車まで少し時間があったので、車両を撮影
(一眼に慣れていないこの頃は全てオート設定でしたよよよ(2013/8/19追記))


DSC_0179[1][1]

吉松駅のホーム



DSC_0188[1][1]

DSC_0192[1][1]

さて乗車なんですが、このしんぺい号は座席のほとんどが指定席!
2両あるうちの先頭車一番前の4人掛けロングシート2つのみが自由席でした


そんなことも知らずに乗っちゃったわけですが、運よく自由席に座ることができました
(春休みに入ればもっと混雑すると思うので、しんぺい号に乗るときは指定席をとることをオススメします)



DSC_0194[1][1]

DSC_0193[1][1]

DSC_0199[1][1]

ロングシートでカメラが回しづらいまま、列車は最初の真幸駅に停車します。ここでスイッチバック

観光列車ということとスイッチバックの影響で、これから人吉までの各駅では5~10分くらいの停車時間があります



DSC_0197[1][1]

右の段になっている上に信号がありますが、実はこの上に線路があり列車はこれからそこを進んでいきます



DSC_0204[1][1]

拡大したら、奥にスイッチバックの為の線路があるのがわかると思います



DSC_0207[1][1]

DSC_0211[1][1]

DSC_0208[1][1]

DSC_0213[1][1]

真幸駅の様子です



DSC_0201[1][1]

縁起のいい駅名より、駅名標の横にある金を鳴らすと良いことがあるらしいです



DSC_0223[1][1]

さて列車は発車し吉松方面へ少し戻ります。駅から数百メートルのところでいったん停止してから進行方向が変更

写真の左側の線路を進むと人吉方面へ、右側の線路を進むと真幸駅。吉松駅は後ろになります



って、これだけじゃわかりにくいので

無題
(参考:グーグルマップ)



さて列車は次の矢岳駅へ向かいます

DSC_0221[1]

車内はこんな感じになってます。クロスシートは全て指定席



DSC_0233[1]

ここ肥薩線の真幸~矢岳間は日本三大車窓の一つ…(らしい

霞んでいますが奥には数年前に噴火しニュースになった霧島山系新燃岳が見えます…
うん、見えたということにしておこう


ちなみに日本三大車窓の残り2つは、篠ノ井線の姨捨駅と根室本線の落合~新得間みたいです



DSC00064.jpg
(落合~新得間で撮影)

落合~新得は2回乗ったことあるんですが、ほんと良かったです。駅間20分以上あるんですが、退屈した覚えはないです

姨捨駅も1度通りましたがその時は爆睡していたので覚えてないですw



DSC_0237[1]

DSC_0238[1]

DSC_0243[1]

少し話がそれましたが、矢岳駅に到着



DSC_0245[1]

DSC_0246[1]

DSC_0249[1]

駅舎は無人ではありますが趣があっていいですね



DSC_0247[1]

駅の時刻表は旧字体でかかれるという少し変わったスタイルに



DSC_0248[1]

駅前の案内図。駅の近くにSLの展示場こそはありますが、他は牧場・茶園・牧場・牧場…

 人人人人人人
> 何もない! <
 VVVVVV



DSC_0250[1]

DSC_0254[1]

駅の横にあるSLの展示館。無人で勿論無料なんですけど、毎日職員さんが朝と夕方に開け閉めしているみたいです



DSC_0257[1]

矢岳駅。標高536.9m

肥薩線の中で最も標高が高い駅です。ここから人吉まで山を下っていきます


続き




前々回、指宿枕崎線の制覇記事を書いた時に枕崎には駅舎がないと書いたんですが、駅舎ができたみたいですね

当ブログの指宿枕崎線を乗り潰した時の記事→九州・広島旅 その2 ~西大山とか枕崎とか~

朝日新聞に掲載された記事→待ってたよ、JR枕崎駅舎復活 本土最南端
(リンク先の記事は削除されている可能性もあります)



DSC_0061[1]

この列車の右側にある建物が、2013/4/15に完成した枕崎駅舎のようです。

適当なこと書いてすみませんでしたm(_ _)m

九州・広島旅 その5 ~人吉とか球磨川とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


前回の続き


肥薩線で最も標高が高い駅、矢岳駅を出発して大畑駅へと向かいます



DSC_0260[1]

DSC_0261[1]

矢岳を出た列車はしばらく走ると停車

奥の方に大畑駅が見えます



DSC_0259[1]

日本で唯一のループ+スイッチバックの路線らしいです



DSC_0264[1]

ループの外側には人吉の街が



DSC_0266[1]

山をループしながら下ると、今度はスイッチバック



DSC_0272[1]

DSC_0276[1]

大畑駅に到着しました

「おおはた」ではなく「おこば」と読みます



DSC_0271[1]

このあたりの線路沿いには桜の木が多く、桜の名所になっています



DSC_0278[1]

線路を渡り



DSC_0281[1]

駅舎



DSC_0284[1]

駅前



DSC_0280[1][1]

ここの駅には、名刺を貼ると出世できるとかいう謎の言い伝えがあります
(プライバシー保護の為、画質を落としています)


さて、大畑駅を出発して、終点の人吉へ



DSC_0300[1]

DSC_0309[1]

人吉到着

到着直前に球磨川を渡ったんですが、カメラの設定を間違えて上手く撮れませんでしたw



DSC_0298[1]

吉松からは720円



DSC_0303[1]

隣にはくま川鉄道が走ってます



DSC_0312[1]

人吉駅では1時間くらい時間があるので



DSC_0318[1]

人吉駅前を散策



DSC_0321[1]

近くの温泉へ

しかし新温泉という割には、趣のある建物…


のこのこと出した結論は「新」さんが経営している温泉だから新温泉

となりました(何の事だかw



DSC_0315[1]

DSC_0316[1]

DSC_0311[1]

さてさて人吉駅へ戻ってきました

ここからは八代へ向け球磨川沿いを下っていきます


時間がなくて車両は撮れていないんですが、キハ40だったと思います



DSC_0325[1]

DSC_0351[1]

DSC_0356[1]

人吉で買ったエナジードリンクを飲みながら、のんびり列車旅


ただ、ひたすら球磨川沿いを走るため、景色におおきな変化もなく

かといって、長時間停車するような途中駅もなく



DSC_0367[1]

DSC_0369[1]

ネタがないまま八代まで着いてしまいましたw



ここから熊本の方へ北上します

続く