長旅より帰還 

カテゴリ:平凡な日々


しばらく更新できていませんでした。

というのも先週の水曜日から昨日までずっと旅行に行ってましたw


また後ほど記事にします

いまさらだけど夏の道東旅行その6 ~快速きたみとか遠軽スイッチバックとか~  

カテゴリ:道東旅行


前回からだいぶ空きました。今日で完成させます


前回の続き

この日は札幌に向けて帰るだけです


DSC00373.jpg

DSC00374.jpg

北見は雲一つない快晴



DSC00375.jpg

DSC00377.jpg

DSC00379.jpg

DSC00384.jpg

快速きたみが入線したのは9時過ぎてから

始発駅でしたが意外と改札は遅いですね



DSC00382.jpg

北見駅の構内



北見発車時の乗車率は6~7割かな

車両中央にあるボックス席はテーブル付ということもあり、やはり人気ですね

12きっぷのシーズンにここをしっかり確保したい場合は、30分くらい前から改札に並んでいた方がいいかもです



DSC00390.jpg

動画のTOP絵にしている川

何川か知りませんけど凄く綺麗に撮れました。場所は留辺蘂のあたりだった気がします



DSC00393.jpg

遠軽駅でスイッチバック

その存在を忘れていて、ここからは進行方向逆向きに座ることになります



DSC00403.jpg

この頃の北海道は一年で一番いい時期

外から入ってくる風が気持ちいい



DSC00404.jpg

ここは途中駅丸瀬布(まるせっぷ)

特に意味はなく、デジカメに入ってる画像の中で一番サイズが大きかったってそれだけですw



DSC00407.jpg

DSC00406.jpg

北見から約3時間で網走到着

そこからさらに3時間かけて札幌へ。富良野線とか通ってみようかとも思いましたが、やめましたw


最後、適当になりましたが、これで道東旅行は終わりです。ここまでご覧いただきありがとうございましたm(_ _)m

九州・広島旅 その1 ~桜島とか指宿とか~ 

カテゴリ:九州・広島旅


DSC_0930.jpg

大阪の鳳駅です。(実家は奈良です

どうしてこんなとこから始まるかというと



写真 1 (1)

これは東羽衣駅


主の実家の最寄はJRじゃないので、近鉄→南海と乗り継いで南海羽衣駅
すぐ近くにJR東羽衣駅があるので、そこから18きっぷを使って関西空港に向かいます

近鉄なら鶴橋とか天王寺で乗り換えればいいのでは?って話なんですが、単純に阪和支線(鳳~東羽衣)の乗り潰しをしたかっただけですw


ついでに、東羽衣にて1か月後に乗るはまなすのカーペットをとったりもしましたが、このことはまた後日



DSC_0930.jpg

さてさて鳳駅から関空快速で関西空港に向かいます



DSC_0934.jpg

空港でのこのこ(友人)と待ち合わせして、ピーチのターミナルへ



写真 2 (2)

これに乗って鹿児島へ飛びます

遅れましたが今回の行程をざっと書くと

初日:鹿児島まで飛行機に乗り、指宿枕崎線の制覇
2日目:肥薩線、鹿児島本線経由で福岡まで北上。途中日本一長い名前のあの駅に寄ります
3日目:午前中は福岡観光。福岡ドームにも行きます。そして夕方から一気に広島へ
4日目:広島で一日フリー
5日目:「たまゆら」や「ももへの手紙」の舞台となった大崎下島を訪問
最終日:「たまゆら」の舞台となった竹原を訪問。そのあと関西へ戻ります


DSC_0936.jpg

75分くらいで鹿児島空港に到着
帰省で関西と札幌を行き来していると関西~鹿児島はほんと一瞬でした


鹿児島空港は意外に大きい。よく考えたら県内各離島への飛行機の発着拠点でしたね

鹿児島空港ではほとんど時間がなく、そのままバスに乗り市内中心部へ向かいます
(鹿児島空港の場所は意外と不便で市内まで60分くらいかかります)



しかし、さすが南国鹿児島暖かい!



DSC_0937.jpg

バスから見えた桜島
天気も良く幸先の良いスタートを切ることができました



DSC_0938.jpg

鹿児島中央駅に到着

ちなみにこの時すでに14時を回ってます

でもよく考えると
10時に大阪の東羽衣で指定券を買って

11時に関空到着

12時過ぎの飛行機で75分のフライト

鹿児島空港から鹿児島中央まで60分


むしろ早く着いたって感じでしょうか


今日はここから指宿枕崎線を往復して乗り潰します



写真 3

九州新幹線開業から1年

さて大阪帰るか!w(大嘘



DSC_0941.jpg

JR九州の駅名標は約5年ぶり。高校の時に大分別府に旅行したことがあります



DSC_0945.jpg

15時ちょうど発の普通列車でまずは指宿へ



DSC_0960.jpg

出発して15分、慈眼寺駅近くから望む桜島



DSC_0975.jpg

さらに20分くらいで、海沿いに出てきます



DSC_0987.jpg

DSC_0995.jpg

指宿へ到着。鹿児島中央からは1時間弱かかりました

乗ってきた列車はこの指宿の次の駅山川止まりとなり枕崎まで行かないので次の電車を待ちます



DSC_0996.jpg

DSC_0998.jpg

DSC_0997.jpg

駅前には足湯があります



DSC_0999.jpg

時間があるのでとりあえず海へ

商店街はやってる店が少なくさびしい…



DSC_1002.jpg

DSC_1004.jpg

ヤシの木を見ると南国に来たって感じがしますね

ほんと寒い北海道にいると鹿児島は天国に思えますw



DSC_1008.jpg

16時を過ぎて日もだいぶ傾きはじめました



DSC_1010.jpg

奥に見えるホテル・旅館が立ち並んでいるところまで行けばもう少し賑やかそうですが、時間もあまりないので駅へ引き返します



DSC_1026.jpg

DSC_0993.jpg

駅に戻ってきました。枕崎方面の汽車に乗り込みます



DSC_1030.jpg

そのまま枕崎へ直行… ということはせず、指宿から3駅のとある駅で再び途中下車



DSC_1037.jpg

DSC_1040.jpg

やってきた!日本最南端のJR駅西大山!

去年の夏に東根室へ行ったのに続いて2駅目の最果てJR駅制覇です
ちなみに東根室に行った時の記事はこちらから



DSC_1049.jpg

降りてすぐこそはツアー客が沢山いましたがどこかの送迎バスに乗り込み出ていくと、駅は自分とのこのこの2人だけ

次の電車までは1時間弱。それまで駅周辺を散策します




続き

九州・広島旅 その2 ~西大山とか枕崎とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


前回は関西から鹿児島へ飛び、そして指宿枕崎線の乗り潰しをスタート。指宿に立ち寄ったあとJR最南端駅の西大山駅でも途中下車しました。日もだいぶ傾き始めた西大山駅からの続きです


DSC_1041[1]

さて西大山駅レポ



DSC_1047[1]

通の中では言わずと知れた日本最南端のJR駅

奥に見えるのが、開聞岳(かいもんだけ)。日本百名山の一つで、別名薩摩富士と呼ばれています。
ここまで綺麗な形をした山を見るのは初めてかもしれないですね
(逆光なので順光の写真に興味があればググってみてください)



DSC_1049[1]

ホームは単式。まぁ何もない駅によくあるやつです



DSC_1082[1]

夕方17時半と微妙な時間なんですが、実はここまで何も食べてなかったので指宿で買ったお弁当で遅めの昼ごはんを



DSC_1091[1]

まだまだ時間はあるので駅周辺を散策します



DSC_1093[1]

DSC_1095[1]

DSC_1096[1]

撮影にはすごく良さそうな場所
しかし、この滞在中に反対方向の列車すら通りません



DSC_1098[1]

DSC_0001[1]

指宿側の踏切を渡り駅の南へ。広がるのはひたすら畑のみ



DSC_0003[1]

DSC_0004[1]

さっきの写真でもそうでしたが、開聞岳をバックにオランジーナを撮影してみました

ほんとはロックスターを被写体にしたかったw



DSC_0007[1]

海も見えましたが海岸までは時間がないのでやめました



DSC_0008[1]

旅人のこのこを撮影



DSC_0022[1]

駅周辺を時計回りに周って、反対側にやってきました



DSC_0030[1]

枕崎側の踏切。菜の花が綺麗です



DSC_0032[1]

駅まで戻ってきました



DSC_0034[1]

DSC_0036[1]

幸せの黄色いポストとかいう変わった色のポストを発見

普通のポスト同様手紙を投函すれば届けてくれるそうで
google先生によると、この黄色いポストはここだけというわけではなく全国に何カ所かあるみたいです



DSC_0037[1]

DSC_0038[1]

来た時に比べだいぶ暗くなってきました



DSC_0042[1]

枕崎行きの列車がやってきました。

丁度カメラを固定できる場所があったのでシャッタースピードを5秒くらいにして撮影



DSC_0058[1]

DSC_0059[1]

西大山から1時間くらいで枕崎に到着



DSC_0054[1]
(↑画像を拡大してもらえば見えるかと思います)

枕崎に着いたのは19時38分ほぼ定刻
そして鹿児島中央への最終電車は19時59分


ようするに滞在時間はわずか21分(´・ω・`)



DSC_0048[1]

駅前のスーパーでお酒とおつまみを買って駅に引き返します



DSC_0047[1]

DSC_0049[1]

DSC_0043[1]

駅前の様子



DSC_0051[1]

さて駅なんですが、こんなところに入口があります



DSC_0052[1]

この細い路地を入っていくと



DSC_0057[1]

駅ホームがありますが駅舎がないです



DSC_0061[1]

右側の建設中の建物が気になりますが、駅舎とは関係ないみたいです
しかし駅舎がないとは、終着駅なのに寂しいですね


少し調べて見るとこんなページを発見しました→参考サイト
色んな経緯があって駅舎はなくなったみたいですね。残念です


2013/4/17追記

無関係だと思っていましたが、やっぱり駅舎でした。2013/4/15に完成したそうです

朝日新聞に掲載された記事→
待ってたよ、JR枕崎駅舎復活 本土最南端
(リンク先の記事は削除されている可能性もあります)




DSC_0049[1]

この観光案内所が枕崎駅の待合室を兼ねているみたいです



DSC_0064[1]

駅名標
駅舎は仕方ないとしても駅名標くらい新調しろよとは思いますがw



DSC_0067[1]

DSC_0063[1]

DSC_0069[1]

ここから2時間半かけて鹿児島中央まで戻ります…(疲れてきた



DSC_0071[1]

指宿まで戻ってきました。ここまで来ると鹿児島中央はもうすぐだなって感じがしますw

枕崎での最終は指宿では最終ではない(後ろに山川発がもう1本ある)こともあり、4人掛けシートを2人で気兼ねなく最後まで使うことができました



DSC_0074[1]

鹿児島中央駅まで戻ってきました。日没後はどうしても写真が減ってしまう…



DSC_0075[1]

乗ってきた汽車ですがまだこれから指宿への途中喜入まで行くみたいですw



DSC_0076[1]

DSC_0077[1]

鹿児島中央駅のコンコース



DSC02776[1]

鹿児島中央に戻ってきたのは夜の11時。さすがにお腹は空きます


というわけで、駅前の夜遅くまで開いているお店で鹿児島ラーメンを堪能。豚トロのチャーシューが最高!



DSC_0078[1]

宿は駅前の東横イン。ツインだとかなり安く使える上朝食もついてるからお得です

さらにこの日の部屋はバリアフリー対応部屋で広々楽々でしたw



続き





おまけ:東横にて

DSC_0079[1]

本来鍵を差す位置に歯ブラシ
昔、高校の研修旅行でやったのを思い出してついw

部屋の中に誰かいる状態で他の部屋に遊びに行きたいとき、鍵を持って出ると部屋の電気が消えちゃうので、代わりに歯ブラシを差すっていうのをしてました(笑