2013年もよろしくお願いします 

カテゴリ:平凡な日々


新年あけましておめでとうございます

今年も当ブログをよろしくお願いしますm(_ _)m





新年のご挨拶が随分と遅くなってしまいましたw





まずはじめに今年の目標を…(あくまで趣味の面で

今年の目標はずばり


JR北海道全線制覇!


ちなみに残している路線は

・江差線の木古内~江差
・大沼の東側の大沼~森
・室蘭支線、室蘭~東室蘭

・宗谷本線全線、旭川~宗谷


宗谷本線全線のラスボス感w

何気に江差線も手ごわかったりする


何とか今年中に終わらせたいですね





新年初記事は、あと今後の記事ラインナップを紹介して終わりです


・昨年8月の道東旅行(まだ記事にしていなかったw)
・昨年クリスマスイブの留萌本線攻略旅
・年末近鉄降り潰し旅
・新年関東旅行

の4つですね。ほんとは早く記事にして、もっと日常記事を増やしたいところですw


留萌本線乗り潰し旅前編 ~氷点下2桁とかダイヤモンドダストとか~ 

カテゴリ:留萌本線乗り潰し旅


※順番的には8月の道東旅行の分を先に仕上げるべきなんでしょうが、早く片付くものから書き上げていくことにします
(こうやって8月の道東旅行はどんどん先送りになるんだろうなぁ…(遠い目)




時は2012年クリスマスイブ


今冬の18きっぷの回数調整の為、日帰りで留萌本線を制覇します


DSC02016_20130109223730.jpg

DSC02018_20130109223730.jpg

札幌6:58発 普通滝川行き

711系3両編成です。案の定、岩見沢からは空いています




DSC02023_20130109223733.jpg

8:35滝川着

すごく寒いですw
鼻がムズムズすると思ったら、鼻息が鼻先で凍ってました。もちろんこんなこと初体験です



DSC02028_20130109223734.jpg

乗ってきた普通列車の直後に到着のスーパー宗谷

小さいころ読んでた鉄道図鑑に載ってそうな北海道の特急のイメージってこんな感じw



DSC02033_20130109223733.jpg

宗谷を見届けた後、富良野方面の電車にはまだ時間があるので駅の外へ

今回の旅では、札幌~滝川~富良野~旭川~深川~増毛~深川~札幌と回ります



DSC02035.jpg

適当に外を歩いてましたが、寒すぎて寒すぎて…

あまりの寒さに、なんかキラキラしたものが見える…w



まさかのダイヤモンドダスト

写真ではさすがに写らないので動画を撮影したら微かに映ってました→こちらからどうぞ


駅前散歩はこのくらいにして、駅に戻り釧路行を待ちます



DSC02042.jpg

入線する40系を撮影

久々に納得のいく1枚を撮れた気がしますw



DSC02047.jpg

行先表示板




DSC02048.jpg

滝川9:37発 普通釧路行き

電車に揺られること1時間



DSC02049.jpg

10:48富良野着



DSC02055.jpg

富良野ではもう一両が連結されます
寒い中、お疲れ様ですw



DSC02061_20130109231741.jpg

今期の18きっぷのポスターは根室本線の厚岸~初田牛でした

8月の道東旅行の時に行ったんですけどねぇ…w 早く記事書けるように頑張りますw



DSC02062.jpg

次の富良野線旭川行まで時間があるので、駅前を散策



DSC02085.jpg

滝川よりも寒い…



DSC02063.jpg

気温は-15度www

富良野市民は、よくこんなところで生活してるなぁ…



DSC02067.jpg

富良野駅の北にある橋梁から撮影。北側



DSC02070.jpg

西側



DSC02072.jpg

東側



DSC02069.jpg

南側

この日の富良野は雲一つない快晴。我ながら相変わらず驚異の晴れ男パワーである



DSC02087.jpg

駅に戻り、旭川方面への列車へ



DSC02088.jpg

車両は150系1両

40系に比べ窓が大きいのと2人用クロスシートがあるので、結構好きな車両です



DSC02095.jpg

富良野11:45発 普通富良野行き

富良野で買ったコアップガラナを飲みながら富良野線を北上
やっぱ、コアップガラナよりキリンガラナだな…



DSC02097.jpg

雪原の向こうには十勝岳



DSC02098.jpg

北海道のカラスはたくましいですw

ちなみにこいつは多分ハシボソガラスですね。普段目にするハシブトガラスよりも警戒心が強いカラスです


北海道に来てから、すごくカラスが好きになってよく写真を撮ってます



DSC02103.jpg

ゆずの名曲「いつか」のPVに出てきそうな踏切



DSC02114.jpg

美馬牛で対向列車待ち合わせの途中停車



DSC02112.jpg

DSC02109.jpg

DSC02115.jpg

もう少し奥が映るように取りたかったかな。これはこれで悪くないけれども



続く

留萌本線乗り潰し旅後編 ~留萌とか増毛とか~  

カテゴリ:留萌本線乗り潰し旅


前回の続き



DSC02110.jpg

美馬牛で途中停車していたところからスタート



DSC02121.jpg

美瑛~美馬牛で撮影



SN3O0158.jpg

一昨年(2011年)の夏に富良野へ行った時の写真です。(その時の記事がこちら

同じ場所でもこんなに風景が変わるんですね~


美瑛からさらに30分で、12:55旭川着

カムイに乗り換え、深川まで向かいます

もともと5分しか乗り換え時間がないのに、この日は富良野線列車が3分遅延。
でも予想の範囲内ですけどね。むしろ3分ほどで助かりましたw

ただし写真は撮れてません


旭川13:00発 特急スーパーカムイ号札幌行き

深川13:17着


DSC02124.jpg

DSC02125.jpg

深川13:23発 普通増毛行き



DSC02127_20130110232046.jpg

留萌を過ぎると海沿いを増毛まで走ります。乗客はほとんどいないです



DSC02128.jpg

途中の礼受(れうけ)駅駅舎を撮影

このあたりは貨車駅が多いです



DSC02140.jpg

増毛14:47着

最後まで乗っていた客は自分含め3~4人。こりゃ廃線近いなw



DSC02143.jpg

さすがに終点駅なんで駅舎は立派…

いや、普通か。貨車駅しか見てなかったからか、ちょっと感覚が麻痺ってるかも



DSC02145.jpg

駅舎内の駅そば屋さん。この日は閉まってましたが、閉店した形跡もないし単なる休業日みたいです。



DSC02146.jpg

こういう路線でありがちな時刻表の無駄遣いw



DSC02149.jpg

外から見た駅舎。駅舎があるだけ立派だけど、これが終点駅とはねぇ

折り返しが発車するまで1時間あるので、増毛駅を散策します



DSC02152.jpg

DSC02153.jpg

予想していたよりは、ずっと建物がありますねw

しかも歴史のある建物が並んでいて、いい街並みです。ただ人が少ない…



DSC02154.jpg

ここにもカラスが。こいつらはハシブトガラスで、人懐っこいやつです

しかし、寒そうであるw



DSC02156.jpg

港に出てみた。天気はいいけど、やっぱり冬の北海道。風は強いし波も高かったです



DSC02163.jpg

DSC02162.jpg

さらに散策を続けているとラーメン屋を発見。ロクに昼ご飯を食べていなかったので、ここで遅めの昼ご飯をとることに

酒粕ベースのスープがすごく美味しかった。こういう季節にぴったりですね



DSC02167.jpg

DSC02168.jpg

深川から乗ってきた車両。車庫とか待避線とかないので1時間ずっと停車しっぱなしです

深川15:38発 普通深川行き



DSC02173.jpg

行の時点で気になっていたこと

というのは、箸別駅~増毛駅間での徐行運転。メーターを見ると20キロちょっと



DSC02176.jpg

気になったので箸別駅で車両後方から撮影していると、速度制限の標識が見えました

どっかで聞いた話ですけど、たしか安全のため大糸線とかでもやたら徐行運転する区間があったりするらしいですね。たぶんそれの類かな?



DSC02179.jpg

行きとは違い、帰りは途中留萌で長時間停車



DSC02181.jpg

DSC02183.jpg

待合室には誰もいません。いや、電車が来たし待合室にいる意味はないですね

増毛駅は無人駅の為、増毛駅の入場券はこちらで買えます。
頭髪が少ない人には縁起のいい駅名らしいですね。ついでに四国には半家とかいう駅があり、この駅から増毛まで切符をかうといいことが起こるとか起こらないとか…w



DSC02184.jpg

これ勘違いする人出てくると思うんだw
留萌たん!


DSC02187.jpg

留萌から1時間。深川17:13着



DSC02193.jpg

ここからは普通に岩見沢~札幌と帰ります。

特筆することはないので、今回の旅日記はここまで。
読んでいただきありがとうございましたm(_ _)m

コンデジの撮影基本知識 

カテゴリ:平凡な日々


久々の日常記事です


今日書くのは、コンデジの写真撮影について

※紹介や解説というよりは、カメラの機能についてあまり知識のなかったブログ主が色々と調べて、まとめがてら記事にしたものです。間違っているところがあるかもしれません。




SONY Cyber-shot HX10V (1820万/光学x16) ブラックSONY Cyber-shot HX10V (1820万/光学x16) ブラック
(2012/03/16)
ソニー

商品詳細を見る


↑これが、去年の夏に買ったデジカメ

価格は2万円代前半。あまり安物は買いたくなかったので、値段だけ見るとコンデジの中では平均より少し良いものを買いました


昨年半年間はプレミアムオートモード、つまりデジカメ自身がシーンに合わせて勝手に設定を変更してくれるモードで構図だけを考えれば撮影できたわけですが



そろそろ、マニュアルを使いこなしたい





実際、プレミアムオートモードで大体の場面で用が足りるんです

むしろ列車を撮影するときとかで、すぐにシャッターを切ることが重要な場面も多々あるので、その場合はむしろマニュアルなんかしている暇もありませんね



ただ、半年くらい使うとプレミアムオートモードでの欠点が見えてきて…


DSC02021.jpg

まず一つ目。フォーカスが自分で合わせられないから、たまにいうこと聞かなくなりますw

ま、上の写真はそれはそれでいい味出してる気もしますがw

※ちなみにこの写真は留萌本線乗り潰し旅の序盤、滝川へ行く途中に撮影したものです




DSC01439.jpg

二つ目、感度や露出を調整できない。(当たり前だけども

今思えば、もっと勉強してマニュアルを使いこなせば、ぼんぼり祭りの写真ももっと上手く撮れた気がしますねぇ

※説明書き通り、この写真はぼんぼり祭りのときに撮影



というわけで、実際に写真を撮って、自分なりに比較してみました

まず、感度


感度は文字通り撮像素子(フィルム)が光を感じる度合い、露出はそれにどれくらい光を取り込むかってことらしいです(説明下手ですみません


DSC02714.jpg

後述するシャッタースピード1/60と絞りF値3.3は条件一緒にして、これはISO800


DSC02715.jpg

こっちはISO1600


DSC02716.jpg

これはISO3200

全体的に明るくなってるのがわかるのと、光源を中心に全体的にぼやけてる気がします




次に露出。これを決めるのがシャッタースピード絞りと言われるもの

速くすると光量が減り、遅くすると増えるらしいです


DSC02714.jpg

これはさっきのISO比較の一枚目と同じ。ISO800、F値は3.3で固定シャッタースピードは1/30



DSC02717.jpg

こっちが1/60。全体的に暗くなりましたが、はっきりとして走ってる車を見てもブレなく写ってます



DSC02718.jpg

シャッタースピードは1/20。ちょっとわかりにくい?


DSC02719.jpg

シャッタースピードは1/6

感度を上げた時同様全体的に明るいですが、雪の残像がはっきりと見えます




最後に絞り値。文字通りどれだけ絞るかってことなので、度合いが大きいほど光量が減少します

DSC02718.jpgDSC02720.jpg


シャッタースピードは1/20、ISO800で条件同じ
左の絞りは3.3で、2つ上の写真と同じ。右の絞りは8.0です。

やはり光量を絞ることでブレを軽減してます



このシャッタースピードと絞りで露出の調整を行ってるんですね



さて、一通り撮影し比較してみましたが、被写体が特に定まってるわけではないので、どれが悪いとかどれが良いとか特にないと思います。そこは個人の好みですね。
ただ被写体や、何を重視して撮るかによって、どう設定するか軽くわかった気がします。

今度は列車を撮ってみたいですね


今回の記事を書くに当たって参考にさせていただいたサイト
http://www5c.biglobe.ne.jp/~ky0408/siborisyatta.html
http://shanimu.com/%E5%95%86%E5%93%81%E7%A0%94%E7%A9%B6/%E3%83%87%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9/2007/04/degicame.html





おまけ

DSC02712.jpg

どうでもいいかもですが、市電に中央図書館行とかあったんですね

時刻表を見てみると、夜の時間帯中心に意外と沢山ある…。それでもブログ主は初めて見ました(´・ω・`)


いまさらだけど夏の道東旅行その1 ~日本最長とか意外と退屈とか~ 

カテゴリ:道東旅行

昨年の夏に行った道東旅行。ようやく記事にできますw



8月某日

大学の期末試験も無事に?終わり、いよいよ夏休みというシーズンです


なお今回の旅の目的は
・道東地域の路線を制覇すること
・日本一長い列車に乗ること


前置きが長いとぐだるので、さっさと書いていきますw



DSC00013.jpg

札幌6:58発 普通滝川行き



DSC00016.jpg

DSC00017.jpg

8:35滝川着

毎度おなじみの函館本線。特筆することもないので、711系で滝川まで一気にやってきましたw



DSC00019.jpg

この日の滝川は快晴。幸先の良いスタートです



DSC00020.jpg

次に乗る列車は、釧路行普通列車

鉄道通の間では言わずと知れた日本最長列車です



DSC00021.jpg

さて待合室でのんびりしていると、ホームはいつの間にか列ができてました…(´・ω・`)

40系1両で、2ドアの前にこんだけの人…

座れるかなぁ…



DSC00023.jpg

DSC00025.jpg

40系入線。側面の行先プレートは少し特別…

※ボロボロで何書いてるかわからない時はクリックして拡大して御覧ください



DSC00028.jpg

滝川9:37発 普通釧路行き

無事には座れたんですが、日が差しこむ側だったのですごく暑かったですw



DSC00031.jpg

10:48富良野着

滝川発車時の乗車率は約90%。芦別で乗り降りが少しありましたが、乗車率は富良野までほとんど変わらず

しかし、富良野で多くの乗客が降りていきました



DSC00030.jpg

富良野では18分停車。さらに後ろに1両連結されます



DSC00038.jpg

富良野線の115系との並びを撮影

11:08富良野発



DSC00042.jpg

列車は富良野の盆地から十勝へと抜けていきます

写真は金山湖です(金山~東鹿越で撮影

富良野~新得はこの金山湖が見える、新得方向左側に座るのがオススメです



DSC00050.jpg

さて列車は新得の一つ手前の駅、落合駅で停車。この駅で13分停車します。

通過列車や対向列車待ち合わせはないのですが、この先石勝線と合流するため時間調整をしてるんだと思います


せっかくの長時間停車なので、駅舎の方まで行ってみました。



DSC00051.jpg

奥が新得方向となってます



DSC00055.jpg

駅舎への陸橋は蜘蛛の巣が張ってたり、もうボロボロ。



DSC00058.jpg

無人駅です。駅舎内を通って出るか、その横から出るかはご自由に



DSC00060.jpg

駅の時刻表。16:50発は落合駅始発となってます



DSC00064.jpg

さて電車は落合を出て新得へ

落合を出てすぐはトンネルばっかり続きますが、トンネルを抜けると十勝平野が一望できる見晴らしの良い場所に出てきます

そして間もなく新得到着。一つ前の落合駅からなんと25分もかかる



DSC00075.jpg

そこから1時間ちょっとで帯広に到着。ここでは特急との待ち合わせで13分停車です

ちなみに写真とか特にないですが、ここに来るまでの御影~芽室間の待避線でも貨物列車と特急列車の通過待ちが15分程度ありました。



DSC00078.jpg

時間があるので、改札のあたりまで出てみました



DSC00079.jpg

遅めの昼ごはんに帯広の駅弁を購入

14:24帯広発

滝川を出てから間もなく5時間。しかし、釧路到着までまだ3時間も…



続く


いまさらだけど夏の道東旅行その2 ~秘境駅とか釧路・厚岸とか~ 

カテゴリ:道東旅行


前回の続き


DSC00076.jpg

帯広駅13分停車し、ふたたび釧路へ向かいます

帯広14:23発



DSC00084.jpg

ここ幕別駅でも、特急スーパーおおぞら10号札幌行の待ち合わせで5分停車



DSC00083.jpg

ワンマン列車の運賃表示が、だんだんと愉快なことになってますw



DSC00093.jpg

池田を少し過ぎたところにある、十弗(とおふつ)駅

弗の感じが$(ドル)に似てるから、こんな看板が立ってました



DSC00097.jpg

さて、池田を過ぎたあたりからこんな風景がまた続きます



DSC00122.jpg

DSC00123.jpg

そして、いよいよあの駅に到着



DSC00126.jpg

古瀬駅!

ここは日本有数の秘境駅として知られています。

ただし、この滝川~釧路の最長列車2429Dはこの駅で特急スーパーおおぞら12号の通過待ちで5分停車するので、この2429Dに乗れば簡単に訪れることができます。



DSC00124.jpg

駅舎は特になく簡素なホームがあるだけ



DSC00127.jpg

ホームは千鳥式。撮影者が居る場所が1番線、奥に見えるのが2番線。

基本的に1番線使用らしいです



DSC00131.jpg

さて、スーパーおおぞらの通過も終わり再出発



DSC00135.jpg

帯広あたりで曇ってた空も、釧路が近づくにつれ晴れてきました



DSC00139.jpg

これは釧路まであと少しの大楽毛(おたのしけ)駅で撮影

この大楽毛駅でも、貨物の通過とそのあとにくる対向普通列車の待ち合わせで12分停車します



そして、ついに



DSC00145.jpg

釧路17:39着

終点釧路駅に到着!ほんと長かったw



DSC00143.jpg

ワンマンの運賃表示はすごいことにw

滝川駅から5560円。青春18きっぷがいかに元をとれるかわかる画像ですね



DSC00144.jpg

ちなみにこの乗ってきた車両は折り返し新得行きになるみたいです…

また、十勝平野の西端まで戻るのか…頑張れよ……w



DSC00147.jpg

というわけで8時間も乗ってると、すごく愛着が湧いた40系1755番車両ともお別れ



DSC00148.jpg

まだ8月の上旬なんですが、すでに秋の雲をしてます



DSC00149_20130122113904.jpg

釧路駅は自動改札なんですね



DSC00151.jpg

駅前に出てみました。今日はここで終わりというわけではなく、根室方面の厚岸という駅までさらに向かいます

でも、その電車まで2時間あるので、少し釧路観光してみます



DSC00153.jpg

釧路川河口からの夕日



DSC00154.jpg

釧路駅から南に下りてる北大通りと釧路川が交差しているところに大きな建物があったので入ってみました

なんだここ?なんだか植物園っぽい建物です


ショッピングセンターか何かと思ったら、市の公共施設みたいでしたw



DSC00156.jpg

さて釧路駅前でやることがほとんどなく、駅周辺で時間つぶしをしていました



DSC00159.jpg

適当に時間をつぶしていると厚岸行きの改札が始まり



DSC00160.jpg

54系で厚岸まで向かいます



DSC00161.jpg

54系に乗るのは、今回が初めてだったりする

釧路19:51発 普通厚岸行き



DSC00164.jpg

もう外は暗いので特にシャッターを押すこともなく、厚岸に到着です

厚岸20:40着



DSC00165.jpg

厚岸止まりあたり終電くさいですが、この列車の2時間あとに根室まで行く終電があります



さて、この日はこの厚岸町の旅館にお世話になります

少し距離があるので、旅館の方に迎えに来ていただきました。


札幌から鈍行で来たという話をすると、さすがに驚かれましたw


DSC00168.jpg

さて旅館到着。旅館というか民宿って感じですね


DSC00174.jpg

そんな大層なものではなく、こじんまりとしてます。

少々ボロいですが、寝る分には何の問題もない!


ということで1日目終わり。次回から2日目に入ります

動画作成! 

カテゴリ:平凡な日々


前回、前々回と書いた道東旅行初日ですが、動画を作ってみましたw


あげたのは初日の部分だけなんで、ブログ記事と内容は同じですが、音声解説が入るのと写真を多く使用しているため、見やすくはなっていると思います


では、以下よりどうぞ