ぼんぼり祭り旅 第8回 3日目・湯の鷺とか花いろラッピング車両とか 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

だいぶ間が空きました。前回の続きです


DSC01504.jpg

DSC01498.jpg


花いろの中で湯乃鷺温泉の最寄、湯乃鷺駅のモデルとなった西岸駅に到着しました



DSC01497.jpg

のどかなとこです(まぁ、ようは田舎だなw(別に馬鹿にはしていない



DSC01506.jpg

前日、湯涌でぼんぼり祭りがあったこともあり、駅舎にはぼんぼりが飾ってあります



DSC01507.jpg

駅舎の中はこんな感じ
もう一般利用客が可哀そうなくらい、花いろ一色になってますw

昔は居たのか知りませんが、現在は無人駅のようです



DSC01509_20121211114811.jpg

列車は一日16本。だいたい1時間に1本ですね



DSC01513.jpg

外から見た駅舎。巴さん回(サバゲーマーの客宿泊回)で、ちょこっとだけでてきました


DSC01526.jpg

DSC01517.jpg

DSC01515.jpg

駅前は郵便局がありました。しかし、あとは田んぼと一軒家がぽつりぽつり

こういうところには普通に鷺がいるというのは知ってましたが、すぐ見つかったのはラッキーだったかも



DSC01533.jpg

駅に降りて聖地巡礼する以外、特別やることはないので、次の電車で終点穴水まで向かいます

やってきたのはラッピング車



DSC01535.jpg

車内の様子はこんな感じ

天井にぼんぼりが吊るされてます



DSC01536.jpg

DSC01572.jpg

本来なら広告が貼られる場所全てに、いろはの作画が貼られてますw

で、さらに車内アナウンスは全て花いろのキャラクターが演じると…



いや、ほんと一般の利用客かわいそうですw
正直、花いろ目的の主でさえ少し引きましたw



さて、穴水へ着いたわけですが、花いろラッピング車を紹介して当記事は終わります

DSC01539.jpg

DSC01540.jpg

七尾方向左側のラッピングはこんな感じ

先頭から、巴さん、緒花、結名、みんち、菜子ちの順になってます



DSC01541.jpg

DSC01542.jpg

七尾方向ヘッドはこんな感じ



DSC01569.jpg

DSC01571.jpg

七尾方向右側

前から巴さん、緒花、みんち、菜子ち、結名の順になってます



穴水方向のヘッドは連結されてたので撮影できませんでした
まぁ、七尾方向のヘッドと大差はないと思います



DSC01562.jpg

せっかく穴水まできたので、少し観光して戻ることにします



続く






最近、更新がぐだりすぎですいません


ぼんぼり祭り記事、夏休み関東旅行記事、あと1回も更新していないんですが8月に道東の方へ旅行へ行った記事

これら3つを年内に頑張って完結させますので、よろしくお願いします。



(こうでもしないと、年明けにまた関東へ行ったりで書くことが増えるんでねw)

東京私鉄めぐり後編 ~カントリーロードとかココロコとか~ 

カテゴリ:関東旅行2012夏


(今回は写真少な目です。文章が多いですが、最後までお付き合いください)

前回の続き


DSC00975.jpg

さて京王聖蹟桜ヶ丘駅にやってきました

もうこの写真でわかる人はわかるかも



DSC00976.jpg

南へ向かいます



DSC00979.jpg

こんな坂道とか


DSC00981.jpg

こんな場所とか



DSC00983.jpg

こんなロータリーとか



何の作品の舞台かわかりましたか?


正解は

1995年に公開されたスタジオジブリ作品


耳をすませば [DVD]耳をすませば [DVD]
(2002/05/24)
不明

商品詳細を見る


でした


上の5枚はヒロイン雫が休みの日に電車に乗って行っていた市立図書館周辺のモデルを撮影してます

5枚目のロータリーは地球屋があったロータリーなのかな?この付近にロータリーらしきところはここしかなかったので、多分合ってるはずですw


※いつもならシーンカットと一緒に紹介したかったのですが、手元に資料がなく準備するのが面倒だったことや、10年以上前の作品の為、実際の風景も結構変わってて細かい所までチェックする必要もないかと思いやめましたw





夏色キセキ巡礼とは違って、本格的にやるつもりは元々なかったので、ざっと見て回るだけでした。
昔この作品を見てから、一度行ってみたいとずっと思ってた場所だったので、これだけでも結構満足です



DSC00984.jpg

良い景色!
この日も好天でした。やはり自分は晴れ男のようです






耳をすませばの聖地めぐりを済ませて、駅に戻ります


駅前を少しうろついたのち、都心へ戻ります。新宿に着いた後、そのまま中央総武線で秋葉原へ

電気街&オタク街にやってきましたが、今回は特別買うものもなく。適当にラノベを1冊だけ買って、ちょっとスタバ寄ってアキバも離脱



そのあと、どういうルートで行ったのか忘れましたが、渋谷へ行き東急東横線で横浜へ帰りま…


いえ、まだ帰りませんw


途中駅日吉にて下車。ここからグリーンラインへ

ここで、この日最初に買った乗り放題券が役立つわけです。
ブルーラインと並行するセンター北・南を越えて中山まで一気に向かいます。


中山到着!

しかし、横浜戦への乗換駅であるものの、人は少ない…

駅前にコンビニとサイゼリアがあった気がしますが、特にやることはないためセンター北まで戻ります



で、センター北に着いて、ブルーラインに乗り換える前に改札外へ

何がしたかったというと


DSC00988.jpg

DSC00989.jpg

DSC00990.jpg

暗くて、何がなんやらって感じですが

一応、ココロコネクトの聖地巡礼ですw 正直「ついで」ですねw


この時22時を少し回った頃でした。昼に新宿でうどんを食べて以来何も食べてなかったから、さすがに何か食べたい頃ではあったけれども、センター北駅前の飲食店は軒並み22時に閉店と言うことで、ここで食べることはできず、横浜まで向かいます


横浜でご飯を食べて、この日は終わり。いよいよあと1日です


続く


※ただ、その残り1日が時間の割に写真が多いので、まだあと2~3回は更新があると思います

ぼんぼり祭り旅 第9回 3日目・穴水町とか再び北陸本線とか 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

最近ブログ記事タイトルが「○○旅 ○日目 ~○○とか○○とか~」っていうのに定着してきた気がw

多分、TARI TARIの影響を受けてますw




前回の続き

前回で、のと鉄道の終点穴水までやってきました

穴水駅でレンタサイクルを利用。穴水町を少し観光します。



DSC01545.jpg

とは言っても、穴水って何があるんだ…

とりあえず、穴水インターチェンジのほうまで向かいます


しかし、この時まだ朝の10時くらい。
朝5時くらいに金沢駅で食べてから、何も食べてないので、そろそろご飯を食べたいところですが、飲食店はまだ準備中

時間をつぶそうにも、本屋と100万ボルトだけでは…



DSC01546.jpg

能登空港に行ってみるとかいう話もありましたけど、上り坂が急すぎてすぐに断念

結局、何もせず駅の方へ戻ることになりました



DSC01548.jpg

DSC01547.jpg

駅に戻る前に、穴水駅から自転車で5分くらいのところにある穴水港に立ち寄り

ただ海が見たかったってそれだけです。下の写真の真ん中あたりにある、喜翆荘みたいなホテルが気になりますw



DSC01550.jpg

なんとなく撮った写真です
このままでも、まぁ画にはなってるんですが、どうせなら手前にロックスター缶か、緒花フィギュアでも置いておきたかったかな?w



DSC01559.jpg

穴水駅に戻ります



DSC01565.jpg

前回の記事でラッピング車両を紹介しました。
その時、穴水方向ヘッドは連結のせいで撮れませんでしたと言いましたが、連結される前に撮ってましたw

連結され2両編成での運転でしたが、後方車両は団体専用の為、前のラッピング車に乗車

相変わらず痛い車内アナウンスを聞きながら七尾へ


さらに金沢まで戻ります



金沢に着いたのが14時30分くらいだったかな

駅ビルのラーメン店で遅めの昼食。一風堂みたいな極細麺が美味しかった



DSC01582.jpg

関西在住のおでさんとは、ここでお別れ。ぼんぼり旅3人の中で一足先に現実に戻るようですw

かめさんとはここからも一緒に行動

直江津行に乗って、直江津へ向かいます



DSC01586.jpg
(※停車中、安全には最大限配慮して撮影しました)

途中、筒石駅で記念写真



そして、直江津到着~

よく考えたら、昨日も直江津にいた気がするぞ…


DSC01589.jpg

とりあえず、スケジュールの都合上、翌日中に関東へ戻らないといけません。

しかし、この日の宿は未定w

一応、金沢の時点で信越本線で長野へ行くとは決めていたんですが


キミドリ:「長野と新潟、どっちへ行くか今ならまだ決められるでw」

のこのこ:「いや、長野でいいしwww」



しかし、ホームに降りても懲りない俺

DSC01590.jpg

キミドリ:「左に乗れば長野へ!右に乗れば新潟へ! いまならまだ間に合うぞ」

ノコノコ:「いや、普通に左で」


てことで、長野行ドタキャンにはならずに、普通に長野へ向かうことに



DSC01597.jpg

そして、長野へ到着

大分疲弊していたので、あまりお金はないものの東横ツインでも泊まろうかと思ったんですが、三連休の中日と言うこともあり部屋は開いておらず



結局、駅近くのネカフェに泊まることに


長かったぼんぼり祭りも残り1日に…

続きます





おまけ

長野駅前のとあるゲーセンにて


DSC01599.jpg

I'M NIDERA(弐寺) BOMBORING!byのこのこ

このパーカー、もうちょっと厚手のものだったら欲しかったなぁ…
かなり薄かったから買いませんでしたw


関東旅行最終日 ~江の島とかTARI TARIとか~ 

カテゴリ:関東旅行2012夏


年内に完結しなければいけないということですが、帰省中このPCが使えないことを考えれば、あと10日くらいしか更新できないことに気付いた主です(´・ω・`)
というわけで、今日から急ピッチで更新進めていきますw




前回の続き

4日間の旅もいよいよ最終日


朝8時半頃

DSC00992.jpg

朝早くから江ノ島駅にやってきました

今回の関東旅行は、かめさんの家に泊めてもらってたんですが、そのかめさんがこの日から用事で横浜を長期離脱
その出発が朝早いため、自分もそれに合わせ出てきたら、こんな早い時間になったというわけです


ブルーラインで終点の湘南台駅、そこから小田急で江ノ島までやってきたわけですが、これで前日と併せて横浜市営地下鉄は全線制覇したことになりますw
ちなみに、北大阪急行、この旅初日の伊豆急行に次ぐ3つ目の全線制覇した鉄道となります



DSC01002.jpg

駅前のマックで朝マックをしてから江ノ島へ



DSC01007.jpg

和奏がコンドルクインズの外国に襲われた(?)場所

江ノ島といえば2012年夏クールに放送されたTARI TARIの聖地!
他にも湘南舞台の作品はたくさんありますが、自分はTARI TARIとイカ娘くらいしかわかりませんw



DSC01011.jpg

朝の江ノ島は人少なし。いい時間に来ましたw



DSC01012.jpg

1話の最初、和奏が自転車でくだるシーン



DSC01014.jpg

御土産屋さんもまだシャッターが下りてますw



DSC01013.jpg

通りの一番奥、江島神社までやってきました



DSC01016.jpg

ここから左回りで江の島を1周します



DSC01019.jpg

DSC01017.jpg

この日も快晴


DSC01024.jpg

DSC01033.jpg

DSC01021.jpg

DSC01036.jpg

和奏の家のモデルになった御土産屋



DSC01038.jpg

DSC01040.jpg

急な階段を下りて、岩屋の前に到着

江ノ島の一番奥にやってきました。ここからまた折り返しです



続く。次回最終回になると思います(たぶん




【速報】来月年始に再び関東行きます。その時、今度はしっかりTARI TARIの聖地巡礼をする予定です

ぼんぼり祭り旅 第10回 4日目・ワインとか身延とか 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

前回の続き

DSC01597.jpg

前回は長野駅に着いたところで終わったんですね

21時半頃に到着して、22時半にネカフェにイン


5時間パック+1時間で、朝4時半まで過ごした後、駅前のマクドナルドへ

ここで松本方面始発まで2時間くらい待ちます



6時半くらいの快速みすず飯田行に乗って



DSC01600.jpg

岡谷で飯田線から来た電車に乗り換え



DSC01609.jpg

上諏訪に到着

ちなみに、乗ってきた電車は



DSC01601.jpg

飯田線経由で豊橋まで行くようですw
お疲れ様ですwww



DSC01602.jpg

上諏訪駅といえば構内に足湯があるのですが、この時は清掃中だったか、故障中だったかで使えませんでした



DSC01607.jpg

次の時間まで少しあったので、適当に駅前を散歩

そして、甲府へ向かいます



DSC01615.jpg
(信玄像のカメラ目線w)

甲府からは身延線へ

しかし、時間に余裕があったので1本遅らせて、昼飯などを食べることに



DSC01618.jpg

のこのこさんはワインの試飲をしてました(おっさんかw



DSC01619.jpg

甲府名物といってもワイン以外知らないので、昼飯は普通に駅そば



DSC01621.jpg

そして、身延線に乗り富士を目指します



DSC01626.jpg

のこのこさんはおつまみとビールを(やっぱ、おっさんだ



DSC01630.jpg

とある駅でぶらり途中下車



DSC01632.jpg

身延の少し手前、下部温泉というところです



DSC01634.jpg

天気が良かったこともあり、静かでいいところでした



DSC01635_20121218223152.jpg

途中、足湯を見つけました

で、足湯につかりながら調べてると、ちかくに温泉会館があるらしい…



DSC01637.jpg

この温泉会館の温泉は400円くらいで入れます。鉄道で温泉巡りをしたり、ネカフェ泊ばかりの旅行で風呂に入れなかったりな人におすすめできますね



DSC01639.jpg

温泉でのんびりしたあと、再び駅へ。身延線終点の富士駅まで向かいます



DSC01650.jpg

DSC01652.jpg

富士に到着

ここから東海道本線で横浜に向かうわけですが、かめが腹減ったとか言いだし、ここでも駅そばを食べることにw



そのあとは普通に横浜へ。夜ご飯は、関内の天下一品へ。
かめさんが無料券を使いたかったらしく、久々に天一を食べましたw

そのあと横浜駅前に寄り道をしたあとのこのこ邸へ。この日はのこのこ邸に泊めてもらいます


続く。次回最終回です。量的に大したことはありませんが、お楽しみに


関東旅行最終日 ~鎌倉とかスカイツリーとか~ 

カテゴリ:平凡な日々


今回がいよいよ最終回です

前回の続き

DSC01045.jpg

江ノ島の一番奥までやってきました



DSC01047.jpg

あの上のところから降りてきたんで、結構大変でしたよw



DSC01050.jpg

岩屋へは入り口だけ。今思えば普通に観光として入っても良かったな



DSC01052.jpg

すこしして、また江の島の入口まで戻ります



DSC01053.jpg

すると帰り道で猫が…
のら猫かな???



DSC01054.jpg

写真を撮ってると、そばにいたもう1匹が足元に近づいてきました

そして、足首あたりにすり寄ってきます



・・・・・・・




・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



かわえーーーーー(´∀`*)



DSC01056.jpg

今までの一人旅の中で、一番ほっこりさせられましたw

また、あの猫に会いたいなぁw



DSC01057.jpg

御土産屋が並ぶ通りまで出ると、来たときとは違いだいぶにぎやかになってました

9月になってからの旅行でしたので、TARI TARI関連のものはもうほとんどない状況。クリアファイルだけでいいから欲しかったなぁ



DSC01060.jpg

そして江ノ電江ノ島駅まで歩きます。岩屋からここまで2キロくらいらしいです。どうりで疲れるわけでw


江ノ電で鎌倉まで向かいます



DSC01062.jpg

鎌倉駅前にある時計台
TARI TARIの1話の最後、メインキャラ5人が偶然出会う場所のモデルになってますね



DSC01063.jpg

JRで都心に戻る前に、スタバコンセプトストアで一服

電車で15分くらいかかるとはいえ、比較的近場にコンセプトストアがあるかめさんが羨ましいw


スターバックスコーヒーさん、小樽にもコンセプトストア作ってくださいよーw



スタバで一服した後、東京へ向かいます

鎌倉から乗って、大船と秋葉原で乗り換え錦糸町駅に向かい、そこから徒歩15分

やってきたのは


DSC01066.jpg

東京スカイツリー



DSC01068.jpg

とりあえず真下までやってきましたが、時間にそこまで余裕があるわけでもなかったので、上ることはしませんでした

かわりに…


DSC01070.jpg

ロックスターエナジードリンクなう!

遠近の度合いが極端なので、どうしても後ろがぼやけますが、我ながらいい一枚が撮れたw



DSC01073.jpg

そのあとは押上から地下鉄に乗り東京駅へ



DSC01074.jpg

15時頃のこだまに乗って関西へ帰ります

前日にぷらっとこだまを申し込んだんですが、このこだまの指定席は売り切れ

というわけで、贅沢にもグリーン席で帰りました



普通の新幹線に比べると遅いですが、18きっぷ旅に慣れてるとすごく速いですねwww

超久々の新幹線を思い切り満喫してました




以上で、関東旅行の記事は完結です。書きはじめから終わりまで3か月かかっちゃいました(´・ω・`)

最後まで見てくださった方ありがとうございましたm(__)m

ぼんぼり祭り旅 最終回 最終日・日本二の始発とかエアアジアとか  

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

※前回の記事で、今回の記事は大した量にはならないと書きましたが、大した量になりそうです


前回の続き)



前回の通り、身延線を経由して横浜に戻った昨日は、のこのこ邸に泊めてもらいました



長旅で疲れていたこともあり、のこのこ邸にしては異例の23時に寝たんですが


翌朝起きたのは3時

半分寝ている家主(のこのこ)に別れを告げ、のこのこ邸を離脱




DSC01664.jpg

のこのこ邸から横浜駅は、徒歩で行けなくもない距離なので徒歩にて駅へ

途中、飲み会帰りの知らない方に道を聞かれ、それに答えられる自分

横浜に来たのはこれで3回目ですけど、横浜西口の地理は大体把握しましたw



しかし、早朝の誰もいない横浜駅は新鮮ですね



DSC01665.jpg

相鉄は始発表示すらしておらず




DSC01666.jpg

始発駅を日本で二番目に早く出発する、桜木町始発大宮行きの京浜東北線で東京へ向かいます
(※タイトルの意味はこういうことです)




DSC01670.jpg

京浜東北線のホームです。10分くらい余裕を持ってきたので、だーれも居ませんw


前日に買ったロックスターエナジードリンクを飲んでいたら、電車がやってきました

横浜駅で乗車したのは10人くらいだったか、とにかく少なかったです




DSC01672.jpg

東京に到着です。最後東京に着いた時でも、乗車率は20~30%といったところでしょうか




DSC01673.jpg

八重洲口から外に出ます。

明るくなってきたと思うかもしれませんが、カメラの感度が高すぎるだけで、まだ真っ暗です




DSC01676.jpg

八重洲北口最寄りの東京チカラめし前に成田空港へのシャトルバス乗り場があります




DSC01678.jpg

5:30のバスに乗ります
LCC使いには有名な東京シャトルです。成田空港まで1000円かからずに乗ることができます。
(※事前予約制)


こんなに格安なのに、空港までは高速を使ってくれます。

主が今回乗ったバスは10人くらいしか乗ってなかったので、元が取れてるか他人事ながら心配になります




DSC01679.jpg

1時間で成田空港第2ターミナルに到着




DSC01682.jpg

第2ターミナルの北端にエアアジアのカウンターがあります

ウェブチェックインは済ましてあるので、右側の保安検査場へ直接向かいます




DSC01687_20121222233223.jpg

ウェブチェックインした際にバーコード付きの搭乗券を印刷して持って行かなければならないのですが、その半券は保安検査の手前で切り離されました




そして、保安検査場を通過します


第二回ぼんぼり祭り仕様の柚子乙女(ビン類)が

ビン→危険物、中身→液体

なんで、通過できるかひやひやしましたが、普通に通過できました


LCCのサイトに書かれてある持ち込み不可のリストは結構厳しいように見えますが、あれは国際線のものみたいです。

保安検査をするのは航空会社ではないので、JALだろうがLCCだろうが通過基準は一緒ですね


これまで何度も飛行機に乗りましたが、刃物類(はさみ、カッター等)と爆発物(ライター等)だけ気を付けていれば、あとは何でも通過できそうな気がします


その刃物類や爆発物も荷物に入れたことがないので、それが本当にNGになるのかむしろ気になりますねw
ためしにやってみたいけど、間違いなくハイジャック未遂とかで警察がやってきそうなんでやりませんがw




DSC01688.jpg
DSC01689.jpg

保安検査場を通過したら、簡易通路を通り、簡易待合室へ

10月上旬だからまだいいですけど、真冬とか寒そうです




DSC01692.jpg

半券をちぎられた自前搭乗券を再チェックされバスへ




DSC01696.jpg

最近だとこういうのは珍しいのか、主以外の乗客も写真を撮っていました

しかし派手な機体だこと



機体とか詳しくないのですが、通路はさんで3列3列のシートになっていました

そして、できるだけ安く抑えたい主は3列の真ん中です。

電車旅とかよくしているし、乗り物酔いには強いので問題なしです。
てか長旅の疲れからほとんど寝てた気がしますw



DSC01702.jpg

新千歳空港到着~

5日間の現実逃避もこれで終了…




旅は終わりましたが、次回おまけ回としてぼんぼり祭りの戦利品を紹介します。
(ま、予算を考えていなかったこともあり、そこらのガチ勢に比べるとしょぼいかもですが)


ぼんぼり祭り旅 おまけ回 戦利品とか 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012


前回までの旅日記のおまけ回


ぼんぼり祭りの戦利品紹介です



DSC01657.jpg

これはのこのこ邸で撮った写真

一番右の菜子ちTシャツを買いました。左2枚はのこのこさんの戦利品です




DSC01709.jpg

で、これが帰宅してから撮ったもの。戦利品はこれで全てです



DSC01710.jpg

菜子ちTシャツ。ぼんぼりの翌日からずっと着て、洗濯前に撮ったのでだいぶしわしわですw



DSC01712.jpg

ぼんぼりキーホルダー

しかしどこで活用しようか…?w




DSC01716.jpg

DSC01714_20121226001315.jpg

前売り入場券付グッズセットの袋
リュックの中に折りたたんで入れてたので、こちらもしわしわです



DSC01717.jpg

セットの中身
クリアファイルが5枚

湯涌の入口-緒花
金沢城-みんち
兼六園-なこち
金沢駅-結名
武家屋敷跡-巴

裏面に担当声優のサインが書かれてます


それから、袋の両面のイラストが描かれたB2ポスター2枚



DSC01721.jpg

そして前売り券です

左上はのぞみ札が入ってた袋、右上はぼんぼり祭り会場で配られていた案内図
左下は北鉄バスのぼんぼり祭り仕様往復チケットの半券、右下が前売り券となってます



DSC01719.jpg

DSC01720.jpg

あとセットとは別に、第二回ぼんぼり祭りとTARI TARIのファイルを購入




DSC01713.jpg

DSC01718.jpg

こっちはのと鉄道穴水駅で購入

上が車内アナウンスCD、下が2枚組クリアファイルです



今回の戦利品はこれだけ。予算が少なかったため結構厳選して勝ったつもりです。どこで使うかわからないタンブラーとかはポイーでw




10月から3か月続いたぼんぼり祭り旅行記、以上で終わりです。最後まで読んでいただいた方ありがとうございましたm(_ _)m

2012年の振り返り 

カテゴリ:平凡な日々


帰省先、実家PCからの書き込みです


26日に帰省してからは、28~30日まで近鉄電車の乗りつぶし旅をしてました。
そのあと高校の仲間と忘年会

まぁ、そのくらいですかね


近鉄乗りつぶし旅は、そのうち記事にする予定です





2012年も今日で最後ということで、2012年を軽く振りかえります

ブログ主紹介に書かれてある趣味に関連して適当に書き綴ります


○旅行関連
今年はいろいろなところに行きました。

・2~3月
関西へ帰省の際に関東ののこのこ邸へ。東京や湘南を観光
そこからムーンライト信州、大糸線、高山線で関西へ
再び北海道に戻るときは、寝台特急日本海乗車。途中函館に寄ってみる

・9月
再びのこのこ邸へ。伊豆急行をはじめ関東の私鉄を乗り回し。JRでは両毛線などを乗りつぶし

・10月
アニメ「花咲くいろは」のぼんぼり祭り初参戦。後期開始直後の忙しい時期に金沢へ行くとかいう無謀旅
旅行に行くことを決めたのもギリギリだったし、無計画旅行だったので今までにない楽しい旅をすることができました


○ギター
去年までずっと弾き語りをやっていたけれども、今年後半からソロギターにも挑戦
ソロギターで弾きたい曲を適当にアレンジして弾いてみるのが楽しいと思った
本当は、趣味の一環としてのんびりやっていたい。他人に聞いてもらう為に弾いているわけではないし、他人と組んで演奏をしたいとも思わない。ソロギターをやり始めてからは、今入ってるサークルをやめようかなとすこし考えています
(さりげなく重大なことを書いているが気にしないw)


○野球観戦
札幌でのオリックス戦中心に、8試合見に行きました

札幌での日ハム-オリックス戦が4試合
旭川での同カードが1試合
京セラでオリックス-ロッテ1試合
札幌での日ハム-巨人(日本S第4戦)1試合
札幌でのWBC日本代表-キューバ代表親善試合1試合

これで全部ですね


○アニメ
春クール(4月~)から本格的にいろいろな作品を、さらに過去に放送された作品も有名どころ中心に見ました
※以下のコメントは、あくまで個人の意見です

今年見た作品(昨年以前の放送作品も含む)の中で一番印象に残った作品といえばやっぱり花咲くいろはですね
旅館が舞台って言うだけで話がかなり面白いし、登場キャラも個性豊かで一気にはまりました。そして、これは何回も言ってるかもしれませんが1話の最後の演出がすごい!すごく美しくて、いつまでたっても脳裏に焼きつけられるような、そんなシーンでした。
花いろはアニメ全体で見ても完成度が高いんですが、今までの経験からしてまだこれを超える作品はでてきそうな気もします。ただ、1話の最後の演出を超える演出はもう出てこないんじゃない?って思ったりしてます。むしろそうであってほしいと願うくらいですね。

今年放送の作品で印象に残ったのは、迷うところですが夏色キセキをあげておきます。
声優が全員スフィアのメンバーであるあたりとか、厨とアンチで評価が大きく分かれる作品なんですが、作品全体としては普通だと思います。ただ、舞台が伊豆下田っていう海沿いの静かな町だというのと、初めての本格的な聖地巡礼が少々行きにくいこの下田だったというのが、個人的に大きいです。
迷った作品というのは、「花咲くいろは」と同じPAワークスの作品「TARI TARI」です。この作品も好きですね。


今年一年で、背景で作品の好みなど選ぶようになりましたね。もちろんストーリーによっても好き嫌いでるだろうけれども。
やっぱり、実際にモデルの場所へ行ったからだろうか…
なので、印象深い作品のチョイスは以上のようになります




以上、2012振り返り記事でした。見てくださった方々ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします