ぼんぼり祭りから帰ってきた! 

カテゴリ:平凡な日々

10日ぶりの記事ですね

さて、先週金曜日から出かけていた金沢ぼんぼり祭り旅



昨日、ようやく帰還しましたw


宿泊施設(ホテル・旅館・民宿)を全く使わない5日の旅だったこともあり、中身は非常に濃いものとなりましたw




中身の濃い内容だったため、記憶が鮮明なうちに記事に書きたいので今晩から更新開始します

ですが、1か月前の関東・下田旅行の記事も完成させないといけないので、これから毎日or隔日くらいのペースで、交互に更新していこうと思います

ぼんぼり祭り旅 第1回 初日・新日本海フェリー乗船記 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

(2014/4/19 加筆修正)

12/10/5(金) ぼんぼり旅初日

朝8時頃に札幌を出発し、JRで小樽築港へ
駅前に大きくそびえるショッピングセンターの一角にイオンがあり、そこで長旅の食料を買い込みます


食糧一覧
・1.25Lのアクエリアスと綾鷹
・おにぎり2つ
・スティックパン1袋
・カップめん3つ
・プリッツ2箱
・ロックスター1缶(おまけ)

※「ロックスター」とは「レッドブル」と似たようなエナジードリンク。日ごろから愛飲していましたが、今まではAmazonで個人的に仕入れる以外飲む方法がありませんでした。この時はじめて津軽海峡を渡りイオンで発売されていることを知り、小躍りしてました



しっかり食糧を買い込み、港へ向かいます

DSC01126.jpg

小樽築港から徒歩20分くらい
今回はイオンで買い物したかったので歩きましたが、特に用事がない場合はシャトルバスを使った方がいいですね



DSC01129.jpg

10:30発新潟行きの新日本海フェリーに乗ります
予約や支払が完了していても、乗船前のチェックインがあるみたいで1階のカウンターでチェックイン



DSC01130.jpg

ベンチでロックスターを飲んでから2階へ向かいます



DSC01134.jpg

2階にあがると、既に小さな列ができていました
ひょっとして2等の場所争奪戦?



DSC01183.jpg

さて、45分ほぼ定刻に乗船開始で入船

以前に、関西~九州航路「さんふらわあ」に乗ったことがありますが、それと似たような大きさです



DSC01181.jpg

船内案内図




以下、フェリーの中の様子を紹介

まず、ツーリストJ(いわゆる二等)

DSC01139.jpg

何十人という規模ではなく、12人と比較的少ない人数で共有する雑魚寝部屋がたくさんあります。
(この日は閑散期なのか何部屋かは使用禁止になっていました)

今回は、その部屋の一番奥の場所を確保。近くにコンセントもあって便利です。



DSC01140.jpg

乗船直後に撮ったので誰もいませんが、最終的に自分を含め5人が共有することになりました



DSC01141.jpg

一応、収納スペースもありますが、貴重品は常に持つかフロントに預けないといけないです



次にツーリストB(いわゆる二等寝台)

(画像が増えるので以下の続きからどうぞ)


下田夏色キセキ聖地巡礼 第5回  

カテゴリ:夏色キセキ聖地巡礼

今日は5・7話のまとめ

以前の分はこちら
OP
1話
2話
3・4話



5話

凜子は熱を出すとクジラが見えるとかいう回
個人的には全12話の中で一番好きだった回


5-1.jpg
DSC00842.jpg

場所:ハリスの足湯から少し南に下ったところ



5-2.jpg
DSC00751.jpg

場所:外ヶ岡地区、黒船ホテルの前あたりの公園

川(稲生沢川)の東側なんで行けてないんですが、寝姿山の山頂から一応撮影できました



5-3.jpg
DSC00794.jpg

場所:ペリーロード

ゲーセンでUFOキャッチャーとかしてましたけど、どこのゲーセンですかねぇ?



5話はこれだけ
6話は、基本的に夏海宅と中学校しか出てこないので割愛



7話
夏祭りののど自慢大会に出場する回

7-1.jpg
DSC00727_20121013233535.jpg

7-2.jpg
DSC00723.jpg

7-3.jpg
DSC00724.jpg

7-4.jpg
DSC00726.jpg

場所:下田駅前



7-13.jpg
DSC00821.jpg

場所:下田公園

OPの最後に出てきたりする下田公園の

DSC00809.jpg

こんな景色が見られるいつもの展望台を下から撮影



続き8話(最終回)


ぼんぼり祭り旅 第2回 初日・新日本海フェリー乗船記後編 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

(2014/4/19 加筆修正)

前回の続き



9時45分(出発45分前)
乗船開始時刻に合わせ乗船
二等の場所を取った直後に船内探検


DSC01145.jpg

カフェラウンジ
レストランとは別に存在。値段はリーズナブルだった印象



DSC01146.jpg

さっきの写真から90度左に見えるのが売店
飲み物やお菓子だけでなく、このフェリーが寄港する北海道・新潟・福井のお土産も置いてありました



DSC01147.jpg

カフェラウンジの横にあるラウンジ
日中は景色が良く見えるのか、乗船直後なのに席が空いてませんでした



DSC01148.jpg

スポーツコーナーらしいですがホッケーのみ



DSC01149.jpg

こっちがゲームコーナー
もちろんjubeat(音楽ゲーム)なんてものはありません



DSC01150.jpg
DSC01151_20121014012138.jpg

ラウンジの奥にあるレストラン。お金に余裕があれば…



DSC01152.jpg

ロビーにあるディスプレイ
売店などの営業時間や、船の現在位置を案内していました



船内のおおよそを把握し部屋に戻ります



正午ころ
昼ごはんを食べたり、昼寝をしたり…




本当にやることがない

暇すぎて3回は大浴場へ行きましたね



16時頃
暇なので、デッキに出ることに

DSC01161.jpg

DSC01162.jpg

デッキにあったベンチで適当に読書を楽しむなど



17時頃

DSC01159.jpg

通過する奥尻島をパシャり



18時前

DSC01166.jpg

DSC01173.jpg

水平線の彼方に太陽が沈んでいきます
こういう写真を撮れるあたり、スマホと違いデジカメは優秀



日の入を見た後は再び部屋へ

相部屋のおっちゃんと適当に雑談とかしてました。これも旅の醍醐味…




22時

この時刻に消灯とは聞いていたのですが、減光とかではなくまさか完全に真っ暗になるとは
※ロビーやラウンジ、廊下はそのまま

旅はまだまだこれからなので、もう寝ることに…



3時

寝坊の心配も全くいらず、5時間寝たところで起きてしまいました

これ以上寝れなかったのでロビーのベンチで適当に時間を過ごします。
(AUのiPhone4Sを使用していましたが、津軽海峡付近を通過する2~3時間以外は電波は概ね良好でした)



6時

DSC01179.jpg

新潟港到着!
ようやくフェリーを降りられる!(さすがに疲れました



続き

下田夏色キセキ聖地巡礼 第6回(最終回) 

カテゴリ:夏色キセキ聖地巡礼

最終回。最後だけど紹介できるのは8話だけ

以前の分はこちら
OP
1話
2話
3・4話
5・7話



8話
紗季の引っ越し先の島へ行こうという回

8-1.jpg
DSC00733.jpg

場所:下田駅前



8-2.jpg
DSC00732.jpg

場所:下田駅前

お湯がなかったんですけど、今は使われてないのかな?



8-3.jpg
DSC00695.jpg

場所:熱海駅

今回の巡礼旅で、最初に撮ったシーン



8-4.jpg
DSC00697.jpg

場所:熱海駅



今回の夏キセ聖地巡礼は以上です

浜松町は行ってません。11話12話の東京回と合わせて、また機会があれば行きたいなと思います。
9話の八丈島は… 機会があれば…… あるのかな………?

10話はモデルが稲生沢川の東側にあると思われるので行けてません。また下田に行くことがあれば、チャレンジしたいと思います




ぼんぼり祭り旅 第3回 2日目・金沢湯涌温泉へ! 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

(2014/4/19 加筆訂正)

前回の続き

小樽より20時間近くかけ、ようやく新潟港に到着

DSC01197_20121017223341.jpg

駅までそこそこ距離があるのですが、フェリーターミナルの前でバスを待つのも退屈だったので歩くことに



DSC01198_20121017223340.jpg

DSC01199_20121017223340.jpg

DSC01203_20121017223339.jpg

事前に駅までの道のりは調べてたので、迷うことなく順調に歩を進め



DSC01205_20121017223338.jpg

1時間弱で新潟駅に到着

朝マックしてから駅に入ります



DSC01208.jpg

DSC01209.jpg

駅の案内板で気になったため他ホームへ寄り道
長岡から上越線に入って越後湯沢までいく臨時快速らしいです



DSC01212.jpg

DSC01215.jpg

金沢方向直江津へはこちら特急北越を利用



DSC01216.jpg

DSC01219.jpg

「金沢まで乗ればいいじゃん!」ということなんですが、この後糸魚川で友人と合流するため直江津で普通列車に乗り換え

ここから3日間は、「秋の乗り放題パス」を使っていきます



DSC01225.jpg

関東在住でこの日始発で出てきた友人ノコノコとは糸魚川で無事合流。そのあと富山で乗り換え



DSC01234.jpg

昼過ぎにようやく金沢到着



DSC01235.jpg

北鉄バスのぼんぼり祭り記念乗車券を購入して



DSC01237.jpg

いざ湯涌温泉(湯乃鷺温泉)へ



DSC01239.jpg

おー!いろはのシーンカットと同じ景色!

ここから、温泉街を色々と散策していきます



続き


下田の観光 

カテゴリ:関東旅行2012夏


一般向け関東旅行記の更新は久々になりますが、前回の続き

夏キセ聖地巡礼記事と写真が被るかもしれませんが、一般読者向けに下田観光のまとめ



DSC00734.jpg

DSC00735.jpg

電車を降りて、まず向かったのが寝姿山のロープウェイ
着いた時間が既に夕方なんで、先に営業時間が決まってるスポットを優先しないといけないわけです



DSC00736.jpg

乗合い型のロープウェイ。定刻で15分に1本運転しています。
値段は1000円



DSC00738.jpg

DSC00743.jpg

この日は全国的に天気が悪かったはずなのに、この青空!
やはり、自分は晴れ男らしい
(※ただし、船旅の時の初日を除く)



DSC00741.jpg

ロープウェイ車内アナウンスでは、夏色キセキとのコラボでヒロイン4人が担当

このキャンペーンは、当分の間やってそうです→参考:下田ロープウェイ



DSC00745.jpg

山頂乗り場から見た下田市街地



DSC00749.jpg

こっちは下田の東側。何半島というんですかね?w
伊豆半島の先端で、さらに少し出ている半島のところです



DSC00753.jpg

黒船見張所跡
夏キセ以前に、ここ下田は開国の街でしたねw



DSC00756.jpg

山頂のお土産屋
夏キセのアニメグッズも少しあります
この時点で200個限定タンブラーは売れ残ってました(爆

なんだろ?そんなに人気なかったのか、夏キセ?
それとも、単に下田が遠い?



DSC00785_20121019163335.jpg

さて、寝姿山を下りて、下田の町中を散策
開国博物館は、時間がなかったため中には入らず



DSC00788_20121019163335.jpg

ペリーロード



DSC00805_20121019171007.jpg

DSC00808_20121019171006.jpg

そのあと下田公園に行って

なぜ公園というと…


DSC00814.jpg
↑クリック拡大

見晴らしのいい展望台があるんですね



DSC00822.jpg

下田公園の案内図
山を越えると水族館があります



DSC00826.jpg

公園を下りたところにペリーの胸像



DSC00832.jpg

再び、市街地へ
そういえば、川端康成著『伊豆の踊子』もここが舞台だった(爆



DSC00843_20121019171339.jpg

ハリスの足湯
デジカメの感度が高いため、明るく見えますが、このころには外は真っ暗



DSC00854.jpg

これで、下田散策終了


19時頃の伊東行きに乗り、伊東で待ち合わせていた東京行の列車に乗り換え、横浜へ

伊東線直通列車とか便利w あと、伊東線って10両まで走れるのなw



続きは次回。次は、関東JR乗り潰し旅になります


ぼんぼり祭り旅 第4回 2日目・湯涌温泉めぐり 

カテゴリ:ぼんぼり祭り2012

前回の続き

30時間かけて、ようやく湯涌温泉に辿りつきました



DSC01243.jpg

湯涌温泉のバス停がここ
右側の坂を上がっていくと、喜翆荘がある設定になってますね



DSC01248.jpg

バス停から少し下ったところ
奥が喜翆荘方面、左がライバル旅館・福屋や湯乃鷺駅方面



DSC01250.jpg

さっきのポイントから左へ橋を渡ると、福屋旅館のモデルになった秀峰閣が見えます



DSC01252.jpg

橋を渡ったところにあるベンチ
緒花がアオサギに驚いていたところですね

ここで、関西からやってきたオデさんに合流します



DSC01254.jpg

物販に行きたいところですが、先に温泉街の奥の方へ
(最初のバス停での写真を奥に行ったところ)

というのも、アニメの中であった「のぞみ札」が、今回のぼんぼり祭りで実際に用意され、湯涌稲荷神社に奉納できるというらしいです

よく知らなかったんですけど、先に湯涌に着いてたオデさんが既にのぞみ札を買っててくれてたので、その札を奉納しに行くことになりました



DSC01256.jpg

その神社への道の途中に、ぼんぼりがたくさん
「いろはガチ勢」のオデさん曰く、個人協賛として1万円くらいで自分の名前を入れたぼんぼりを設置してもらえるらしいです
来年、ツイッターアカウントでも入れてやってみようかな?w



DSC01257.jpg

作中にもあった神社への道



DSC01262.jpg

たくさんの人である



DSC01264.jpg

御参りをすませて、のぞみ札を奉納します



DSC01263.jpg

こんなことを書くのは、自分だけだろうなぁ
あまりネタには走りたくなかったんですけど、あまりこれといった「のぞみ」もなく、結局こうなりました



でも、たしか作品内で縁が

「がんばった人の願い事だけ叶えてもらえる」

とか言ってた気が…



てことは、それなりに何か頑張らないと、オリックスは来年も最下位ということですか…

というわけで、何を頑張るかわかってませんが、とにかく頑張りますw
その頑張りようが、来年のオリックスの順位に反映されると思いますw



DSC01268.jpg

大階段の上から撮影
さて奉納も済んだことで、いよいよ物販へ



DSC01276.jpg

DSC01277.jpg

秀峰閣の東側にある「みどりの里」と呼ばれる広場が、物販やら屋台やらで大賑わいになってました



DSC01280.jpg

もう夕方ということもあり、物販待機列は大したことありませんでした
朝一番に行くと列が大変なことになってたらしいですw



物販でいろいろと買いましたけど、それはこの旅最後のお楽しみということで

ぼんぼり祭りはまだまだ続きますが、写真が多いので後半は次回

東京近郊区間乗り潰し 前半 ~鶴見線と秒速の聖地巡礼と~ 

カテゴリ:関東旅行2012夏



下田経由で横浜に向かった翌日


かめの家で早起きなんて到底できず、出発は11時頃


DSC00865.jpg

まず向かったのは鶴見駅。ここから鶴見線に乗り換え



DSC00869.jpg

DSC00870.jpg

DSC00871.jpg

鶴見線乗り場は高架になってますね



DSC00873.jpg

緑化が進んでいる鶴見線。環境に優しいですね(すっとぼけ



DSC00874.jpg

工場地帯を走る鶴見線は、朝夕のラッシュ時と昼間の時間帯で本数に大きな違いがありますw



DSC00877.jpg

浜川崎駅止まりだったため、ここで乗り換え



DSC00880.jpg

DSC00885.jpg

尻手から延びる南武線の支線ですが、こちらも本数少なしw



ここから浜川崎→(南武支線)→尻手→(南武線)→武蔵小杉→(湘南新宿ライン)→小山



DSC00892.jpg

一気に栃木県小山駅まで来ました
(それまでの写真がないのは内緒)

そして、上の写真は、長編アニメーション映画「秒速5センチメートル」の作中に出てきた小山駅と全く同じアングルから撮影



DSC00893.jpg

でも、駅構内は工事中でした…(残念



DSC00894.jpg

両毛線って、結構端なんですね。京都の嵯峨野線みたいな感じか。
階段を下りると、ぐんまちゃんのお出迎え



DSC00895.jpg

あれ?7番線は?w



DSC00896.jpg

秒速のシーンカット風に


ここから、両毛線に乗ります

そこまで田舎って感じもなく、1時間に2本あるのが妥当な景色でしたw




DSC00898.jpg

岩舟駅到着~



DSC00900.jpg

せっかく、18きっぷがあるので降りてみました

どちらかというと、これが両毛線乗り潰しの目的ですねw



DSC00906.jpg

改札を抜けると、あかりが待っt・・・


くれるわけがありませんw


ちなみに、秒速では終電まで駅員がいる有人駅でしたけど、今は無人駅みたいです



DSC00910.jpg

駅前は普通の住宅街。やたらと自転車預かり所(有料駐輪場)が多かった印象



DSC00917.jpg

駅舎はきれいでした



DSC00928.jpg

滞在時間30分強

次の電車に乗って、群馬県高崎を目指します


続く