九州・広島旅 その1 ~桜島とか指宿とか~ 

カテゴリ:九州・広島旅


DSC_0930.jpg

大阪の鳳駅です。(実家は奈良です

どうしてこんなとこから始まるかというと



写真 1 (1)

これは東羽衣駅


主の実家の最寄はJRじゃないので、近鉄→南海と乗り継いで南海羽衣駅
すぐ近くにJR東羽衣駅があるので、そこから18きっぷを使って関西空港に向かいます

近鉄なら鶴橋とか天王寺で乗り換えればいいのでは?って話なんですが、単純に阪和支線(鳳~東羽衣)の乗り潰しをしたかっただけですw


ついでに、東羽衣にて1か月後に乗るはまなすのカーペットをとったりもしましたが、このことはまた後日



DSC_0930.jpg

さてさて鳳駅から関空快速で関西空港に向かいます



DSC_0934.jpg

空港でのこのこ(友人)と待ち合わせして、ピーチのターミナルへ



写真 2 (2)

これに乗って鹿児島へ飛びます

遅れましたが今回の行程をざっと書くと

初日:鹿児島まで飛行機に乗り、指宿枕崎線の制覇
2日目:肥薩線、鹿児島本線経由で福岡まで北上。途中日本一長い名前のあの駅に寄ります
3日目:午前中は福岡観光。福岡ドームにも行きます。そして夕方から一気に広島へ
4日目:広島で一日フリー
5日目:「たまゆら」や「ももへの手紙」の舞台となった大崎下島を訪問
最終日:「たまゆら」の舞台となった竹原を訪問。そのあと関西へ戻ります


DSC_0936.jpg

75分くらいで鹿児島空港に到着
帰省で関西と札幌を行き来していると関西~鹿児島はほんと一瞬でした


鹿児島空港は意外に大きい。よく考えたら県内各離島への飛行機の発着拠点でしたね

鹿児島空港ではほとんど時間がなく、そのままバスに乗り市内中心部へ向かいます
(鹿児島空港の場所は意外と不便で市内まで60分くらいかかります)



しかし、さすが南国鹿児島暖かい!



DSC_0937.jpg

バスから見えた桜島
天気も良く幸先の良いスタートを切ることができました



DSC_0938.jpg

鹿児島中央駅に到着

ちなみにこの時すでに14時を回ってます

でもよく考えると
10時に大阪の東羽衣で指定券を買って

11時に関空到着

12時過ぎの飛行機で75分のフライト

鹿児島空港から鹿児島中央まで60分


むしろ早く着いたって感じでしょうか


今日はここから指宿枕崎線を往復して乗り潰します



写真 3

九州新幹線開業から1年

さて大阪帰るか!w(大嘘



DSC_0941.jpg

JR九州の駅名標は約5年ぶり。高校の時に大分別府に旅行したことがあります



DSC_0945.jpg

15時ちょうど発の普通列車でまずは指宿へ



DSC_0960.jpg

出発して15分、慈眼寺駅近くから望む桜島



DSC_0975.jpg

さらに20分くらいで、海沿いに出てきます



DSC_0987.jpg

DSC_0995.jpg

指宿へ到着。鹿児島中央からは1時間弱かかりました

乗ってきた列車はこの指宿の次の駅山川止まりとなり枕崎まで行かないので次の電車を待ちます



DSC_0996.jpg

DSC_0998.jpg

DSC_0997.jpg

駅前には足湯があります



DSC_0999.jpg

時間があるのでとりあえず海へ

商店街はやってる店が少なくさびしい…



DSC_1002.jpg

DSC_1004.jpg

ヤシの木を見ると南国に来たって感じがしますね

ほんと寒い北海道にいると鹿児島は天国に思えますw



DSC_1008.jpg

16時を過ぎて日もだいぶ傾きはじめました



DSC_1010.jpg

奥に見えるホテル・旅館が立ち並んでいるところまで行けばもう少し賑やかそうですが、時間もあまりないので駅へ引き返します



DSC_1026.jpg

DSC_0993.jpg

駅に戻ってきました。枕崎方面の汽車に乗り込みます



DSC_1030.jpg

そのまま枕崎へ直行… ということはせず、指宿から3駅のとある駅で再び途中下車



DSC_1037.jpg

DSC_1040.jpg

やってきた!日本最南端のJR駅西大山!

去年の夏に東根室へ行ったのに続いて2駅目の最果てJR駅制覇です
ちなみに東根室に行った時の記事はこちらから



DSC_1049.jpg

降りてすぐこそはツアー客が沢山いましたがどこかの送迎バスに乗り込み出ていくと、駅は自分とのこのこの2人だけ

次の電車までは1時間弱。それまで駅周辺を散策します




続き

九州・広島旅 その2 ~西大山とか枕崎とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


前回は関西から鹿児島へ飛び、そして指宿枕崎線の乗り潰しをスタート。指宿に立ち寄ったあとJR最南端駅の西大山駅でも途中下車しました。日もだいぶ傾き始めた西大山駅からの続きです


DSC_1041[1]

さて西大山駅レポ



DSC_1047[1]

通の中では言わずと知れた日本最南端のJR駅

奥に見えるのが、開聞岳(かいもんだけ)。日本百名山の一つで、別名薩摩富士と呼ばれています。
ここまで綺麗な形をした山を見るのは初めてかもしれないですね
(逆光なので順光の写真に興味があればググってみてください)



DSC_1049[1]

ホームは単式。まぁ何もない駅によくあるやつです



DSC_1082[1]

夕方17時半と微妙な時間なんですが、実はここまで何も食べてなかったので指宿で買ったお弁当で遅めの昼ごはんを



DSC_1091[1]

まだまだ時間はあるので駅周辺を散策します



DSC_1093[1]

DSC_1095[1]

DSC_1096[1]

撮影にはすごく良さそうな場所
しかし、この滞在中に反対方向の列車すら通りません



DSC_1098[1]

DSC_0001[1]

指宿側の踏切を渡り駅の南へ。広がるのはひたすら畑のみ



DSC_0003[1]

DSC_0004[1]

さっきの写真でもそうでしたが、開聞岳をバックにオランジーナを撮影してみました

ほんとはロックスターを被写体にしたかったw



DSC_0007[1]

海も見えましたが海岸までは時間がないのでやめました



DSC_0008[1]

旅人のこのこを撮影



DSC_0022[1]

駅周辺を時計回りに周って、反対側にやってきました



DSC_0030[1]

枕崎側の踏切。菜の花が綺麗です



DSC_0032[1]

駅まで戻ってきました



DSC_0034[1]

DSC_0036[1]

幸せの黄色いポストとかいう変わった色のポストを発見

普通のポスト同様手紙を投函すれば届けてくれるそうで
google先生によると、この黄色いポストはここだけというわけではなく全国に何カ所かあるみたいです



DSC_0037[1]

DSC_0038[1]

来た時に比べだいぶ暗くなってきました



DSC_0042[1]

枕崎行きの列車がやってきました。

丁度カメラを固定できる場所があったのでシャッタースピードを5秒くらいにして撮影



DSC_0058[1]

DSC_0059[1]

西大山から1時間くらいで枕崎に到着



DSC_0054[1]
(↑画像を拡大してもらえば見えるかと思います)

枕崎に着いたのは19時38分ほぼ定刻
そして鹿児島中央への最終電車は19時59分


ようするに滞在時間はわずか21分(´・ω・`)



DSC_0048[1]

駅前のスーパーでお酒とおつまみを買って駅に引き返します



DSC_0047[1]

DSC_0049[1]

DSC_0043[1]

駅前の様子



DSC_0051[1]

さて駅なんですが、こんなところに入口があります



DSC_0052[1]

この細い路地を入っていくと



DSC_0057[1]

駅ホームがありますが駅舎がないです



DSC_0061[1]

右側の建設中の建物が気になりますが、駅舎とは関係ないみたいです
しかし駅舎がないとは、終着駅なのに寂しいですね


少し調べて見るとこんなページを発見しました→参考サイト
色んな経緯があって駅舎はなくなったみたいですね。残念です


2013/4/17追記

無関係だと思っていましたが、やっぱり駅舎でした。2013/4/15に完成したそうです

朝日新聞に掲載された記事→
待ってたよ、JR枕崎駅舎復活 本土最南端
(リンク先の記事は削除されている可能性もあります)




DSC_0049[1]

この観光案内所が枕崎駅の待合室を兼ねているみたいです



DSC_0064[1]

駅名標
駅舎は仕方ないとしても駅名標くらい新調しろよとは思いますがw



DSC_0067[1]

DSC_0063[1]

DSC_0069[1]

ここから2時間半かけて鹿児島中央まで戻ります…(疲れてきた



DSC_0071[1]

指宿まで戻ってきました。ここまで来ると鹿児島中央はもうすぐだなって感じがしますw

枕崎での最終は指宿では最終ではない(後ろに山川発がもう1本ある)こともあり、4人掛けシートを2人で気兼ねなく最後まで使うことができました



DSC_0074[1]

鹿児島中央駅まで戻ってきました。日没後はどうしても写真が減ってしまう…



DSC_0075[1]

乗ってきた汽車ですがまだこれから指宿への途中喜入まで行くみたいですw



DSC_0076[1]

DSC_0077[1]

鹿児島中央駅のコンコース



DSC02776[1]

鹿児島中央に戻ってきたのは夜の11時。さすがにお腹は空きます


というわけで、駅前の夜遅くまで開いているお店で鹿児島ラーメンを堪能。豚トロのチャーシューが最高!



DSC_0078[1]

宿は駅前の東横イン。ツインだとかなり安く使える上朝食もついてるからお得です

さらにこの日の部屋はバリアフリー対応部屋で広々楽々でしたw



続き





おまけ:東横にて

DSC_0079[1]

本来鍵を差す位置に歯ブラシ
昔、高校の研修旅行でやったのを思い出してついw

部屋の中に誰かいる状態で他の部屋に遊びに行きたいとき、鍵を持って出ると部屋の電気が消えちゃうので、代わりに歯ブラシを差すっていうのをしてました(笑


九州・広島旅 その3 ~肥薩線とか花粉花粉とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


関西から鹿児島まで飛び、その日のうちに指宿・西大山で途中下車しながら指宿枕崎線を往復乗り潰した前回の続き

DSC_0086[1]

DSC_0087[1]

DSC_0092[1]

旅行2日目 鹿児島中央駅からスタートです



DSC_0105[1]

まずは普通国分行に乗って隼人へ向かいます



DSC_0098[1]

時間があったのでJR九州の特急を撮影



DSC_0110[1]

DSC_0112[1]

DSC_0115[1]

この日も天気は晴れ

鹿児島湾と桜島を眺めつつ



DSC_0127[1]

鹿児島中央から40分くらいで隼人駅に到着

ここから肥薩線に乗って熊本へと抜けます



DSC_0122[1]

次の列車まで少し時間があるので駅前に出てみました


DSC_0123[1]

DSC_0125[1]

DSC_0128[1]

駅の様子



DSC_0130[1]

ここまで乗ってきた国分行の20分後に鹿児島中央を出発した特急きりしまが通過していきました



DSC_0126[1]

実はきりしまが通過する前に既に入線していた吉松経由普通都城行

今度はこれに乗って吉松まで。車両は40系、北海道でよく乗ってる奴



DSC_0155[1]

隼人の街を出ると列車は山の中へ

花粉の季節、一緒に旅するのこのこは花粉症で死にそうな顔をしているw



DSC_0141[1]

DSC_0143[1]

この日は3/7。途中の嘉例川駅ではまだひな壇が飾ってありました



DSC_0164[1]

DSC_0162[1]

DSC_0165[1]

吉松まで残り1駅の栗野で対向の特急列車を待ち合わせ
(対向の特急はこちらの到着後すぐの発車だったので、肝心の写真は撮れてません)



DSC_0170[1]

DSC_0176[1]

隼人から1時間ちょっとで吉松駅に到着



DSC_0171[1]

人吉へ向かう普通列車「しんぺい」は既に入線していました。この列車に乗り人吉へ



続き

九州・広島旅 その4 ~観光列車しんぺいとかスイッチバックとか~  

カテゴリ:九州・広島旅

旅は2日目に入って鹿児島中央駅から普通に電車を乗り継いできた前回の続き、吉松駅に到着したところからスタート



DSC_0172[1][1]

DSC_0173[1][1]

DSC_0175[1][1]

DSC_0178[1][1]

DSC_0182[1][1]

DSC_0183[1][1]

DSC_0185[1][1]

発車まで少し時間があったので、車両を撮影
(一眼に慣れていないこの頃は全てオート設定でしたよよよ(2013/8/19追記))


DSC_0179[1][1]

吉松駅のホーム



DSC_0188[1][1]

DSC_0192[1][1]

さて乗車なんですが、このしんぺい号は座席のほとんどが指定席!
2両あるうちの先頭車一番前の4人掛けロングシート2つのみが自由席でした


そんなことも知らずに乗っちゃったわけですが、運よく自由席に座ることができました
(春休みに入ればもっと混雑すると思うので、しんぺい号に乗るときは指定席をとることをオススメします)



DSC_0194[1][1]

DSC_0193[1][1]

DSC_0199[1][1]

ロングシートでカメラが回しづらいまま、列車は最初の真幸駅に停車します。ここでスイッチバック

観光列車ということとスイッチバックの影響で、これから人吉までの各駅では5~10分くらいの停車時間があります



DSC_0197[1][1]

右の段になっている上に信号がありますが、実はこの上に線路があり列車はこれからそこを進んでいきます



DSC_0204[1][1]

拡大したら、奥にスイッチバックの為の線路があるのがわかると思います



DSC_0207[1][1]

DSC_0211[1][1]

DSC_0208[1][1]

DSC_0213[1][1]

真幸駅の様子です



DSC_0201[1][1]

縁起のいい駅名より、駅名標の横にある金を鳴らすと良いことがあるらしいです



DSC_0223[1][1]

さて列車は発車し吉松方面へ少し戻ります。駅から数百メートルのところでいったん停止してから進行方向が変更

写真の左側の線路を進むと人吉方面へ、右側の線路を進むと真幸駅。吉松駅は後ろになります



って、これだけじゃわかりにくいので

無題
(参考:グーグルマップ)



さて列車は次の矢岳駅へ向かいます

DSC_0221[1]

車内はこんな感じになってます。クロスシートは全て指定席



DSC_0233[1]

ここ肥薩線の真幸~矢岳間は日本三大車窓の一つ…(らしい

霞んでいますが奥には数年前に噴火しニュースになった霧島山系新燃岳が見えます…
うん、見えたということにしておこう


ちなみに日本三大車窓の残り2つは、篠ノ井線の姨捨駅と根室本線の落合~新得間みたいです



DSC00064.jpg
(落合~新得間で撮影)

落合~新得は2回乗ったことあるんですが、ほんと良かったです。駅間20分以上あるんですが、退屈した覚えはないです

姨捨駅も1度通りましたがその時は爆睡していたので覚えてないですw



DSC_0237[1]

DSC_0238[1]

DSC_0243[1]

少し話がそれましたが、矢岳駅に到着



DSC_0245[1]

DSC_0246[1]

DSC_0249[1]

駅舎は無人ではありますが趣があっていいですね



DSC_0247[1]

駅の時刻表は旧字体でかかれるという少し変わったスタイルに



DSC_0248[1]

駅前の案内図。駅の近くにSLの展示場こそはありますが、他は牧場・茶園・牧場・牧場…

 人人人人人人
> 何もない! <
 VVVVVV



DSC_0250[1]

DSC_0254[1]

駅の横にあるSLの展示館。無人で勿論無料なんですけど、毎日職員さんが朝と夕方に開け閉めしているみたいです



DSC_0257[1]

矢岳駅。標高536.9m

肥薩線の中で最も標高が高い駅です。ここから人吉まで山を下っていきます


続き




前々回、指宿枕崎線の制覇記事を書いた時に枕崎には駅舎がないと書いたんですが、駅舎ができたみたいですね

当ブログの指宿枕崎線を乗り潰した時の記事→九州・広島旅 その2 ~西大山とか枕崎とか~

朝日新聞に掲載された記事→待ってたよ、JR枕崎駅舎復活 本土最南端
(リンク先の記事は削除されている可能性もあります)



DSC_0061[1]

この列車の右側にある建物が、2013/4/15に完成した枕崎駅舎のようです。

適当なこと書いてすみませんでしたm(_ _)m

九州・広島旅 その5 ~人吉とか球磨川とか~  

カテゴリ:九州・広島旅


前回の続き


肥薩線で最も標高が高い駅、矢岳駅を出発して大畑駅へと向かいます



DSC_0260[1]

DSC_0261[1]

矢岳を出た列車はしばらく走ると停車

奥の方に大畑駅が見えます



DSC_0259[1]

日本で唯一のループ+スイッチバックの路線らしいです



DSC_0264[1]

ループの外側には人吉の街が



DSC_0266[1]

山をループしながら下ると、今度はスイッチバック



DSC_0272[1]

DSC_0276[1]

大畑駅に到着しました

「おおはた」ではなく「おこば」と読みます



DSC_0271[1]

このあたりの線路沿いには桜の木が多く、桜の名所になっています



DSC_0278[1]

線路を渡り



DSC_0281[1]

駅舎



DSC_0284[1]

駅前



DSC_0280[1][1]

ここの駅には、名刺を貼ると出世できるとかいう謎の言い伝えがあります
(プライバシー保護の為、画質を落としています)


さて、大畑駅を出発して、終点の人吉へ



DSC_0300[1]

DSC_0309[1]

人吉到着

到着直前に球磨川を渡ったんですが、カメラの設定を間違えて上手く撮れませんでしたw



DSC_0298[1]

吉松からは720円



DSC_0303[1]

隣にはくま川鉄道が走ってます



DSC_0312[1]

人吉駅では1時間くらい時間があるので



DSC_0318[1]

人吉駅前を散策



DSC_0321[1]

近くの温泉へ

しかし新温泉という割には、趣のある建物…


のこのこと出した結論は「新」さんが経営している温泉だから新温泉

となりました(何の事だかw



DSC_0315[1]

DSC_0316[1]

DSC_0311[1]

さてさて人吉駅へ戻ってきました

ここからは八代へ向け球磨川沿いを下っていきます


時間がなくて車両は撮れていないんですが、キハ40だったと思います



DSC_0325[1]

DSC_0351[1]

DSC_0356[1]

人吉で買ったエナジードリンクを飲みながら、のんびり列車旅


ただ、ひたすら球磨川沿いを走るため、景色におおきな変化もなく

かといって、長時間停車するような途中駅もなく



DSC_0367[1]

DSC_0369[1]

ネタがないまま八代まで着いてしまいましたw



ここから熊本の方へ北上します

続く

九州・広島旅 その6 ~日本一長い駅名とか実は一人旅だったとか~  

カテゴリ:九州・広島旅

だいぶ間が空きました。前回の続きです





DSC_0373[1]

DSC_0376[1]

八代からも特にネタがないまま熊本到着

利用者の多い線区やロングシート区間だとカメラを回しづらいため、こうなってしまいます




DSC_0374[1]

DSC_0375[1]

ここからは豊肥本線に乗り阿蘇の方へ


また熊本で、昨日から旅していたのこのこ(友人)と一時的に別れます
彼は別の友人に会うため、このあと久留米経由で由布院まで向かうみたいです

一緒に行っても良かったんですが、博多観光もしたかったりで、主はやめておきました



DSC_0379[1]

肥後大津までは1時間に3本ある線区らしく町中を走りますが、そこ以降は少しずつ景色が落ち着いてきます



DSC_0384[1]

DSC_0381[1]

立野駅にやってきました



DSC_0382[1]

DSC_0385[1]

この先は行き止まり

肥薩線人吉~吉松同様に勾配がきついため、列車はこの駅でスイッチバックを行います



DSC_0388[1]

DSC_0389[1]

しかし、ここで下車。南阿蘇鉄道に乗り換えです



DSC_0408[1]

立野駅を出発して15分



DSC_0407[1]

ついにやってきました。南阿蘇水の生まれる里白水高原駅!

茨城県の長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅に並び日本で一番長い名前の駅ということはかなり有名ですね



今回は少々短くなってしまいました。とにかく更新しないとって思っていたので、ご勘弁ください。

次回、白水高原駅周辺をレポして博多へ向かい、2日目終わらせます。(予定

九州・広島旅 その7 ~阿蘇山とか九州縦断とか~ 

カテゴリ:九州・広島旅


前回の続きです



DSC_0393[1]

DSC_0392[1]

さてやってきました白水高原駅。ちなみに降りたのは主のみでした



DSC_0407[1]

日本一長い名前の駅です



DSC_0396[1]

夕方5時を過ぎており日は既にだいぶ傾いてます



DSC_0411[1]

駅前の様子です。駐輪場というよりは自転車置き場といったほうがしっくりきますかね



DSC_0413[1]

このようなモニュメントもありました



DSC_0412[1]

奥に見える小屋はトイレです



DSC_0423[1]

次の列車まで1時間弱あるので、駅周辺を散策します



DSC_0425[1]

駅近くの民家では梅が咲いていました



DSC_0426[1]

こっちは桜。結構暖かかったんですが、さすがに桜は咲いていませんね



DSC_0428[1]

DSC_0432[1]

駅から3分くらいにある湧水池。阿蘇の雄大な自然が育んだ水はとても冷たかったです



DSC_0435[1]

DSC_0439[1]

阿蘇の山々。さらにそれらを夕日が照らして凄く綺麗な景色でした。



DSC_0440[1]

DSC_0442[1]

段々畑の斜面にフキノトウが咲いてました。

この日は3月上旬なんですが、今住んでいる北海道でフキノトウが咲いたのは、ついこの前GWですよw
やっぱり九州は暖かくていいですねー



DSC_0447[1]

DSC_0448[1]

さらに歩いていると沿道の農家で牛が飼われていました



DSC_0451[1]

写真を撮ってると2頭が近づいてきて



DSC_0455[1]

「モゥ~!(半ギレ」

威嚇されましたw どうも旅先で出会う動物には好かれないようです


しかし、近づいてきてくれたことにより阿蘇の山をバックにいい写真が撮れましたw



DSC_0457[1]

ここまで南阿蘇鉄道と並行する道路の北側に出ていたんですが、ここでその道路まで戻ってきました

日は既に沈んでいました



DSC_0461[1]

DSC_0469[1]

一瞬道がわからなくなったんですが、無事に駅まで戻ってこられました



DSC_0485[1]

DSC_0484[1]

余裕を持って10分前に到着



DSC_0489[1]

立野方向への列車がやってきました



DSC_0490[1]

DSC_0493[1]

乗客が列車前方に2人だけだったので、車内撮影

2ドアのロングシートです



DSC_0495[1]

DSC_0494[1]

DSC_0497[1]

15分で立野に戻ってきました



DSC_0496[1]

南阿蘇鉄道との乗換駅でありスイッチバック駅である立野駅ですが、特に大きい駅でもないですね



DSC_0510[1]

ここから熊本へと引き換えします



DSC_0511[1]

熊本に到着した頃には外は真っ暗です



DSC_0515[1]

駅の熊本ラーメン屋で熊本ラーメンを食した後、銀水行きに乗り博多を目指します



DSC_0519[1]

DSC_0521[1]

DSC_0523[1]

銀水の少し手前、荒尾駅で下車。ここで快速電車に乗り換え



DSC_0530[1]

DSC_0527[1]

21時過ぎ、この日最後の快速電車に乗車



DSC_0534[1]

1時間半ほどで博多に到着



DSC_0535[1]

DSC_0536[1]

さすが九州一のターミナル駅です



以上で2日目終了です。今思えば、この旅で一番良かった景色は白水高原駅だったかもしれない…

いえいえこれからも旅は続くので、読んで頂けると幸いですw


次回3日目を書いていきます

九州・広島旅 その8 

カテゴリ:九州・広島旅


タイトル名は簡略化しました 一日一更新をするとタイトルにするほどネタがないんですよねw



静内の桜の記事を更新していたため、だいぶ間が開きました

前回の続き



旅・3日目

前日は、鹿児島から肥薩線と鹿児島本線を経由して博多にやってきたわけですが、この日は夕方まで博多を観光します。そして、夕方博多を出発し、広島へ向かいます



DSC_0537[1]

DSC_0538[1]

DSC_0541[1]

博多より小倉方面へ4駅、香椎駅よりおはようございます



DSC_0543[1]

海の中道線を制覇したかったので、西戸崎にやってきました



DSC_0546[1]

乗り潰しを行うときは、基本的に乗ってきた列車でそのまま折り返しっていうのはしないことにしているので、駅前を散策してみます

※本数が極端にすくない路線はさすがにあきらめますけどねw



DSC_0548[1]

DSC_0551[1]

やっぱり海の方に出るのが一番。天気は相変わらず良かったんですが、黄砂のせいか博多の街はモヤモヤ



DSC_0561[1]

DSC_0562[1]

さらに、西戸崎~雁ノ巣にわたる巨大な海の中道海浜公園の入り口までやってきましたが、そこまでのんびりはできないので駅へ引き返します



DSC_0567[1]

DSC_0566[1]

海が見えるホームってやっぱいいですねw



DSC_0574[1]

30分くらい散策したのち、宇美行に乗って博多へ戻ります



DSC_0575[1]

香椎では乗り換えずに、あえて長者原まで行ってみました



DSC_0577[1]

そして、大濠公園



ん?なんでいきなり大濠公園???

普通に長者原で篠栗線に乗り換え博多へ、そこから地下鉄で大濠公園ってわけなんですけど、途中全くシャッターを切らなかったので、こうなってしまいましたw


次回、大濠公園のあるお店に行きます

ヒント:鎌倉や神戸、京都、富山にも系列のお店があります

続く

九州・広島旅 その9 

カテゴリ:九州・広島旅


前回の続き



DSC_0577[1]

DSC_0580[1]

DSC_0584[1]

大濠公園内にあるスタバにやってきました。スタバ好きとしては一度来てみたかったコンセプトストアです



DSC_0586[1]

DSC_0588[1]

DSC_0589[1]

キャラメルマキアートとアップルシナモンロールという甘いもの尽くし

机や椅子が木でできていて、窓も大きくすごく開放感があって良かったです



DSC_0598[1]

DSC_0603[1]

少しのんびりしたあと、大濠公園を散策。適当に撮りを撮ってました



DSC_0607[1]

大濠公園をあとにして、歩くこと30分



DSC_0609[1]

見えてきました福岡ドーム(ヤフオクドーム)

しかし、道を間違えて川の手前にやってきてしまいましたw



DSC_0611[1]

ドームの天井が開くのを待っているハトたち(何



DSC_0614[1]

さっきの撮影ポイントからさらに15分くらい歩いて、ようやく入り口が見えてきました



DSC_0617[1]

DSC_0618[1]

この日は横浜DeNA戦。3番多村、4番ブランコ、5番ラミレス、6番ノリさんて怖すぎますw



DSC_0626[1]

試合は田上の適時打だったかで、ソフバンがサヨナラ勝ち。まぁオープン戦ですしねw

唐人町から博多駅へ戻ってきました。駅前のラーメン屋で博多ラーメンを食べて、広島へ向かいます


(続く)

九州・広島旅 その10 

カテゴリ:九州・広島旅


前回の続き


DSC_0628[1]

博多を出発しロックスターを飲みながら、小倉・門司へと向かいます。ちなみに、熊本でいったん別れたのこのこと香椎で再合流



DSC_0637[1]

DSC_0638[1]

九州を出る前に門司港に立ち寄り。門司~門司港の乗り潰しです



DSC_0641[1]

DSC_0642[1]

DSC_0650[1]

さすが門司港。おしゃれな建物が並んでいます

レトロでおしゃれな街を男2人で歩くとは何ともさびしい…(



DSC_0653[1]

駅から少し歩くと、関門橋が見える海に出てきます。さらにおしゃれな桟橋が(おしゃれって何回使うんだ…



DSC_0657[1]

作品名「渚のロックスター」
(命名のこのこ 構図案キミドリ)


ロックスターをかっこよく撮ってみましたw



DSC_0640[1]

ちなみに門司港駅舎はというと…



DSC_0643[1]

DSC_0661[1]

絶賛工事中!orz

しかし今見ると光の使い方が下手くそですね…(一眼買って1か月くらいです



DSC_0662[1]

DSC_0663[1]

門司港駅に戻り、門司へ。そして九州を脱出し山口県へ



DSC_0668[1]

DSC_0675[1]

DSC_0676[1]

下関経由で一気に新山口へ

下関では多少時間はあったんですが、特にカメラを回していなかったので割愛しましたw

しかしさすが国鉄車両保有率全国NO1の山口。懐かしの車両は115系w
(※主が中学の頃は京都嵯峨野線でも湘南色など走ってました)



DSC_0680[1]

新山口では時間があるので、岩国行き電車の席取りはのこのこに任せて、駅の外に出てみました



DSC_0689[1]

駅前は特に賑やかということもなく



DSC_0691[1]

DSC_0695[1]

車庫や回送車両を撮りながら時間つぶし



DSC_0697[1]

新山口発岩国行きに乗り、岩国で乗り換え。この日の目的地広島に到着

この日は広島の知人の家に泊まります


続く