ベトナム旅 その14 

カテゴリ:ベトナム旅


最近忙しいです。しかしベトナム旅は1年過ぎるまでに書き終えたい…

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
前回→http://greenphotodays.com/blog-entry-672.html


DSC05544.jpg

旅5日目

早朝のホーチミンよりおはようございます。

ところで、ホテルの前の通りは繁華街になっていて、深夜0時を回っても騒がしくて睡眠がイマイチ…



DSC05548.jpg

しかし、この日は朝早くから行動開始。事前に組んでいたメコン川の水上マーケット、その他諸々を回るツアーに参加します



DSC05551.jpg

ハノイの時と違い、出発は宿近くの旅行代理店前よりバスに乗車


DSC05559.jpg

ツアーの企画はTNKトラベルという日本人向けの結構ベタな旅行会社
値段は、日本で申し込んで6000円くらいだったか?
現地で申し込むともっと安くなりそうですが、旅慣れしてるわけでもないし、日本人とわかると結局同じくらいの値段にぼったくられる可能性も。そもそも値段交渉がイチイチ面倒で時間もかかるかもしれないわけで、そのあたりが解消されるなら別に良い気がします



DSC05566.jpg
DSC05575.jpg

途中、メコン川沿いにあるツアー客向けの休憩所に寄りましたが、リゾート地みたいで雰囲気の良さげな場所でした。

お土産屋に連れていかれるなんてことがなく平和な休憩だったのですが、朝早くて売店とかもあまり営業していなかった為、用を足すと少し暇でしたね…



DSC05577.jpg
DSC05576.jpg

目的地カイベーに着いたのはバスに乗り込んで3時間半後

といってもホーチミンで別のホテルのツアー客を乗せるのに30分ほど待たされて、途中30分の休憩をはさんだので、直で来れば2時間ちょっとで着ける距離ですね



DSC05579.jpg

用意されていた船に乗り込みメコン川クルーズ開始



DSC05586_20170701160318ddc.jpg

乗り場を出て5分ほどで水上マーケットのエリアにやってきたのですが、ほぼ終わりかけ…

まぁ事前情報である程度覚悟はしていたのですが、水上マーケットが賑やかなのは朝の早い時間帯。
現在朝の10時、遅すぎ

日帰りツアーで水上マーケットは少し厳しいかもしれないですね。本格的なものを楽しみたかったら1泊するツアーのほうがいいかも。また、ここカイベーよりもさらに南のカントーなどの水上マーケットの方が活気もあるみたいです。
ただ日帰りツアーだとカイベーあたりが日程的にギリギリみたい



DSC05596.jpg
DSC05599.jpg

一隻だけまだ営業中だった果物のお店(お船?)
見学だけだったのか、それとも買いたければ買って良かったのか、よくわかりませんが、買おうか迷っているうちに船が動き出してしまいました。残念



DSC05611.jpg
終わりかけの水上マーケットの見学を終えて、メコン川クルージングは一旦中断。中州に上陸


DSC05607.jpg

やってきたのは養蜂場。養蜂とハチミツ作りの様子を少し見学


DSC05616.jpg
DSC05612.jpg
DSC05615.jpg

見学後、取れたてのハチミツを入れた紅茶を試飲。
さらにハチミツとローヤルゼリーを舐めてみましたが、ハチミツは花の蜜の違いですかね?日本のハチミツよりもライトな印象。ローヤルゼリーは、こういう目に見える形では初めて食べました。味はよくわからない

試飲・試食といってもタダで返してもらえるわけもなく、ハチミツとローヤルゼリーを手に持ったお姉さんがやってくる…

いくら物価の安いベトナムとはいえローヤルゼリーは数千円する高級品。なのでハチミツだけ購入することに。500mLペットボトルくらいのサイズに並々と入って10万ドン(500円)。(日本で買うより得だけど観光地価格という微妙なラインを攻めてくるなぁw



ちなみにこのハチミツ、日本に持ち帰って常温保存していたのですが、ある日知らない間にボトルが破裂していました
中ので徐々にガスが発生してボトルが耐え切れなくなったのだろうか
(破裂といっても周りに飛び散る感じではなく、ボトルに穴が開いて漏れ出す感じ)

日本の食品加工技術ってすごいんだなぁと

お土産(食品)は早めに消化したほうがいいですね…




DSC05620.jpg

さらにメコン川の特産品が作られる過程の見学は続きます。

これは生春巻きとかに使われる、米粉の皮作りですね。燃料はもみ殻を使っていて環境に優しいとか何とか



DSC05622.jpg

こっちはポン菓子の製造過程。動画はまた後程あげるかも

日本だけじゃないんですね。ベトナムもお米が主食だから、似たようなお菓子があるみたいです



DSC05624.jpg

そしてこれはココナッツから作られたお酒だとか。もともと薄味のココナッツですが、面影は全くただの濃いお酒です。下戸な私はこれだけで結構


DSC05626.jpg

見学はこれで終わり。場所を移動するために再び船へ

途中、南国のフルーツをいただきました。なんとも言えない外見をしていますが、中はぶどうみたいで美味しかったです


(次回、ツアー後編)

フレンズ達を訪ねて ピエリ守山「めっちゃさわれる動物園」 

カテゴリ:平凡な日々


京都市動物園にも行ってました(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-673.html

ピエリ守山
(参考:tk.ismcdn.jp

京都から1時間ほどでピエリ守山に到着


琵琶湖大橋の東側すぐにある巨大ショッピングセンターですが、数年前まではテナント数の減少で廃墟同然になってたそうな

「廃墟みたい」ということでネット中心に話題になっていましたが、いつの間にか大復活を遂げてます



DSC06054.jpg

お目当ては1Fの西端にありました。入場料は1000円



DSC06084.jpg

ショッピングセンターにある動物園と聞くと全く想像できませんが、中はこんな感じ

写真に見えてる範囲が全エリアの半分くらいです



DSC06061.jpg

残り半分は上のようなジャングルを模したエリアになってました

特に順路みたいなのはないので、以下は適当に紹介していきます



DSC06055.jpg
DSC06085.jpg

入口すぐの小鳥コーナー

下の白文鳥は実家で飼っているので慣れたものです。うんやっぱり一番かわいい(親バカ



DSC06059.jpg DSC06065.jpg
DSC06074.jpg

フクロウ属は多くいましたね



DSC06068.jpg

同じ猛禽類ですが、こいつはタッチNG
注意書きに気付かず手を近づけたら思い切り威嚇されて、結構ビビりました(苦笑



DSC06064.jpg
DSC06069.jpg
DSC06088.jpg

ジャングルのエリア中心にレプタイル(爬虫類)も沢山

多くはタッチできませんが、入口のところに蛇つかみできるコーナーがありました



DSC06066.jpg

京都市動物園にもいたミーアキャット。撫でてやることも可能で、思ったより毛はふかふかしてました。(もちろん噛みつかれても自己責任



DSC06093.jpg

入口すぐ。動物園の看板鳥?キバタン

オウムの仲間で好奇心がとても強いらしく、腕を近づけると簡単に乗ってきます。パーカーの紐がお気に入りらしい



DSC06060.jpg

さてここからは作中に出てきたフレンズのモデルの動物たち。上はアルパカ。気に入らないと唾を吐いてくることで有名ですね

ふわああぁ!いらっしゃぁい!よぉこそぉ↑ジャパリカフェへ~!どうぞどうぞ!ゆっぐりしてってぇ!
いやま゛っ↓てたよぉ!やっとお客さんが来てくれたゆぉ!嬉しいなあ!ねえなんにぃのんむぅ 色々あるよぉ、これね、紅茶って言うんだってぇハ↓カセに教えてもらったンの!ここからお湯が出るからそれを使ってにぇ!




DSC06071.jpg

まさかのライオンがいました。もちろんタッチはNG



DSC06072.jpg
DSC06070.jpg

ハシビロコウ。あとで調べてわかったのですが、日本ではかなりレアみたいです。
こいつを見ることができる動物園は7箇所しかないとか

手を伸ばせば届きそうなところにいますがタッチはNG。噛みつかれたら腕ごと持っていかれそうですね…



DSC06078.jpg
DSC06090.jpg

ハシビロコウに続き、ここの動物園でのお目当て2種類目サーバルキャット

1匹はおねむ、もう1匹が割と活発に動いてました。
もちろんタッチはできませんが、木を伝い高いところへさっと移動するなど、木登りの得意なフレンズらしい一面を見られて満足です



DSC06082.jpg
DSC06081.jpg
DSC06083.jpg

ラストはフェネック。紹介書きのスタイルに既視感


2匹いたのですが、残念ながらともにお休み中。いや、むしろ寝姿が凄くかわいい。頭寄せあったり、重ね合ったりかわいすぎかよ…
サーバルとハシビロコウが目的だったのですが、このフェネックの愛くるしい寝姿は想定外でしたね…


めちゃくちゃモフモフしたさを駆り立てられる寝姿ですが、残念ながらタッチはNG。ですが良い写真が撮れました。
今はPCの壁紙に設定し、毎日癒しを提供してもらっています(笑



DSC06054.jpg

というわけで見学終了。スペースがせまいので1時間もあれば十分に楽しめると思います。



基本的に楽しめたのですが、少し気がかりな点も

せまいスペースに多くの動物がいて、彼らは多くの人に触られて、また逃げないように足に紐を付けられたり羽を切られたり、ストレスの多い生活をしてそうに思います。
太陽の光を浴びる機会はあるのかな…?

検索をかけると、ここを訪れた人で「かわいそう」という感想を持つ方が一定数いるようです。

自分自身楽しんでしまったし賛否分かれそうな問題なので、これ以上は何も書きませんが。
例えば普通の動物園を訪れた時に「せまいスペースにかわいそう」などと少しでも思ってしまう人は、ここに来ると気分を害する可能性があるので注意された方が良いです


フレンズ達を訪ねて 京都市動物園 

カテゴリ:動物園


いつ以来でしょうか、久々にジャンル「動物園」の記事投稿です

まぁ某人気アニメの影響は言うまでもなく


DSC05995.jpg

GW後半初日の人がごった返す時期ですが、京都市動物園に行ってきました



DSC06000.jpg

入園料は大人600円。市営の動物園とあって安いのはありがたいですね。

ところで、いきなりスケジュールに組み込んだものだから、コンデジしかありません。



DSC05997.jpg
DSC05999.jpg

まずは正面エントランスそばの猛獣エリア。きびきび動くジャガーの隣では、百獣の王が貫録のお昼寝タイム



DSC06001.jpg
(一眼を持ってこなかったため、偏光フィルターなしの見苦しい画像ですいませんが)

国の天然記念物オオサンショウウオ



DSC06007.jpg
DSC06011.jpg
DSC06016.jpg

マレーバク、アジアゾウ、クジャクという特に接点のなさそうな動物が並ぶエリアを抜け



京都市動物園1

30分ほどで全エリアの反対側までやってきました。


土地の関係なのか?
子どもの頃に行って広く感じた動物園も、大人になってそこまで感じなくなったのか?

はたまた、よく行った旭山動物園が広すぎただけなのか?


どれが理由かわかりませんが、京都市動物園はとてもコンパクトに感じますね
最近リニューアルされたのかな?行動展示と言うのでしょうか、来園客の上を動物が歩いて渡ったり、大型動物と同じ目線になれるような高台が設置されたり、コンパクトながらも楽しい動物園です。



(↓マップ右下を拡大)
京都市動物園2

さて、エリアの反対側にやってきました。
東エントランスそばのショップでの目当ては



DSC06020.jpg
DSC060211.jpg

京都市動物園×けものフレンズコラボ。はい、ちょろいオタクです

サーバル、カバンちゃん、フェネック、コツメカワウソ、ハシビロコウの5種のアクキーや缶バッチなどが売られてました

(以下は5/3 15時時点の情報です)

4/28からコラボ開始ということですが、思ったよりはグッズは残ってました。(購入制限を設けた運営さんナイスです
ただサーバルちゃんが一番人気なのか、彼女のアクキーなどは割と壊滅的。

特にキャラやグッズの種類にこだわりがなければ、このGW中は残ってそうですね



DSC06098.jpg
DSC06099.jpg

リアルのカワウソ大好きな自分はコツメカワウソのアクキーをゲット。
ついでにノートも買ってみました。さてこれを実験ノートとして書いて教授に出す勇気



DSC06025.jpg

GWもお仕事で辛そうなニホンザル(何


DSC06022.jpg

作中での助手のモデル、ワシミミズク


DSC06027.jpg

フンボルトペンギン

東武動物公園で話題のフルルパネル、コラボをしているここにもないかなと期待してましたがありませんでした



DSC06037.jpg

ミーアキャット。いつもプレーリードッグとごちゃごちゃになる私…



DSC06041.jpg

なぜかずっとカメラ目線を決めるキリン



DSC06035.jpg

そして一番の目当てであるフェネック。かわいい、もふもふしたい…



DSC06042.jpg

1時間ほど、駆け足で見学を終わらせました


このあと京都市内にいたのですが、なぜかお隣滋賀県にある「めっちゃさわれる動物園」なる施設へ行く流れに。
まさか動物園をはしごすることになるとは…

というわけで、近いうちに更新します

ベトナム旅 その13 

カテゴリ:ベトナム旅


この週末からGW。今年の海外旅行者数は60万人らしいです。羨ましい…

私はというと、「夏に台湾にでも行けたらなぁ」なんて思っていますがどうなるかはわかりません

ここ最近の東アジア情勢が不穏ですが、何事もなく平和であってほしいものです…




旅からもうすぐ9か月です。写真を見て忘れかけてるところが増えてきてまずいです。急いで更新せねば

その1→http://greenphotodays.com/blog-entry-652.html
その12(前回)→http://greenphotodays.com/blog-entry-667.html




DSC05507.jpg

ホーチミンに到着。お昼を食べ、宿にチェックインし荷物を置いたところからスタート。

午後からはホーチミンの街歩きです



DSC05508.jpg

まずは、ホーチミンで最も有名な市場であるベンタイン市場にやってきました

地元の人よりはバックパッカーが多く、観光客向けの市場だなと感じます



適当に見物していると、現地の人が近づいてきて

「何買いたイ?」

と日本語で聞かれる。
友人は(こういうことは無視安定)と言わんばかりに関わらないようにしていたが、ベトナムの知らない人とコミュニケーションできる折角の機会だと思い乗ってみることに

普段は根暗の自覚があるのですが、こう旅に出ると「旅の恥はかき捨て」ではないですが、いつもよりアグレッシブなのを実感します


というわけで、知人のお土産にと思っていた

「ココナッツの石鹸とかある?」

などと聞いてみる。
すると奥のココナッツ石鹸を扱うお店に連れ、お店のおばちゃんと交渉スタート


ところが…

店員のおばちゃん「この石鹸2個で15万ドンね!」(英語で)


15万ドン?

750円!?

いやいやいや、さすがに高すぎでしょ



で、ここで一つあることを思い出す。
海外紀行物などを読んでよく聞く話として

「現地でお土産を買うとき、相手はこちらが日本人と知ると相場より高い金額を要求してくるので、値切り交渉は必要」

っていうのがあり、今回もその類かと思い、思い切ってこう答える


私「いやそれはさすがに高いよ。半額なら買おうかな?」

よし、これで相手はこっちの言い値までとは言わなくても、結構値下げをしてくれるはz

おばちゃん「は?半額とかふざけるんじゃないよ!買う気がないんだったら、出てった出てった!」



あれれ~?話が違うぞ?

と、戸惑いつつも、キレられる覚えはなかったので

私「あーそうかい!だったら買わないよ。さよなら~」



ベトナムでの初めての値切り交渉は決裂どころか、けんか別れとなりました



DSC05511.jpg

結局、何も買わないままベンタイン市場をあとにして街歩き再開



DSC05513.jpg

次に訪れたというよりは、立ち寄った程度なのですが、ビンコム・センターという大型の商業施設にやってきました。
ベンタイン市場より歩いて10分ほどです



DSC05514.jpg

施設内はとても綺麗で、外資系のブランドショップが並び、クーラーがガンガンに効いていました

ベンタイン市場のディープな雰囲気とは異なり、発展するベトナムを感じることができますね


ブランドショップに用事はないのですが、スーパーがあったので軽く買い物はしました。
そして、せっかくなのでお手洗いも借りました。お手洗いも日本の商業施設と遜色なく綺麗です



DSC05516.jpg

ビンコムセンターから5分ほど歩いてやってきたのはサイゴン大聖堂

ハノイの時と同様に適当に目的地を定めて街歩きをしてきましたが、ここがとりあえずのゴール地点。

ここまでハノイのような雑多な雰囲気はあまり感じず、やはりホーチミンは都会であることを実感します。



DSC05520.jpg

大聖堂の隣にはサイゴン中央郵便局

さっきからサイゴンと名のつく建物が多いですが、ここホーチミンはもともとサイゴンという名の都市だったというのは有名な話ですかね。
地元の人は今でも普通にサイゴンと呼ぶみたいです。
ちなみにホーチミン最寄りのタンソンニャット空港の空港コードはSGNでサイゴンから来ています



DSC05523.jpg

洋風建築の中は聖堂の内部みたく開放的な空間があり、中央奥には英雄ホーチミンの肖像画が。

外から見てもそこそこ立派な印象を受けましたが、中はさらに凄くて「おぉ…」と思わず声が漏れてしまうほどでした



DSC05528.jpg

大聖堂と郵便局の見物を終えると夕方の6時ころ。
夕食のお店に向かうウーバーを待っていたら、別のユーザーがバイク版ウーバーを利用しているのを発見。
バイクタクシーはベトナム名物っぽいですが、友人との旅ということもあり一度も利用しませんでしたね


DSC05530.jpg

この日の夕食会場は「コムニュウ」というお店。
ハノイで食べたお店が「クアン コム フォー」ってところで、名前が似てるなと思っていたのですが、「コム」はベトナムの言葉で「食堂」という意味を表すのだそう



DSC05532.jpg
DSC05535.jpg

まずはキンキンに冷えた炭酸と生春巻きで乾杯!



DSC05538.jpg
(フラッシュは自重してたので暗くてすみませんが)

続いておこげご飯。これがこのお店の人気メニュー

というのも、この土鍋で炊いたご飯を店員が投げ、別の店員がお皿でキャッチするというのがこのお店の人気パフォーマンスになっているのです。
日本人にも人気みたいで、私が愛してやまない旅番組「旅猿」など、日本のバラエティで何度か紹介しているほど

もちろん静止画では様子を紹介できません。動画に撮ったので、一段落したらベトナム旅の動画を作りたいかなと考えています

味は「ネギ塩だれ」みたいに想像していたのですが、少し甘さもあって想像とは少し違いました。ただし、普通に美味でしたが。


DSC05540.jpg

メインは鶏肉を甘辛く煮たものと、お魚(何の魚か忘れた)のマリネ

鶏肉はガッツリいけますし、魚のほうも酸味が効いててとても美味しかったです



DSC05543.jpg

夕食後は、そのまま宿付近へ直行。近くのファミリーマートでお菓子や翌日の朝ご飯の買い物をしてから宿に戻りました。

ハノイにいた時からお気に入りのお菓子がメントス。まぁ日本でも普通に買えるが、ベトナムで買うと5000ドン(25円)ととても安くてパクパク食べてました。


次回、旅5日目突入

久々に東京へ行ってきた その2(終) 

カテゴリ:平凡な日々


前回→久々に東京へ行ってきた その1


DSC05921.jpg

伊勢佐木長者エリアより2日目スタートです。
前日に鈍行列車を7時間ほど乗り継いでやってきた「かんとーちほー」ですが、この日中に「とーかいちほー」へと帰ることになります(※)


もちろん鈍行で




前回記事

余談ですが、前回の記事でこっそり触れてた「けものフレンズ」見ました。それだけ報告です(別に要らない)



DSC05922.jpg

18きっぷにスタンプを押してもらって、都心へ向かいます



DSC05923.jpg

目的地は新宿御苑

昨日は新宿の二郎を食べてたのに今朝も新宿御苑散策と、宿を横浜にした意味…

昨年、新海誠監督アニメーション映画「君の名は。」が大ヒットを記録しましたが、同監督の1つ前の作品である「言の葉の庭」の舞台がこの新宿御苑ということでやってきました。いわゆる聖地巡礼です。



DSC05925.jpg

新宿駅最寄りのゲートをくぐると、立派なハクモクレンがお出迎え



DSC05951.jpg
DSC05932.jpg

まずは作中に多く出てきた日本庭園エリアを見学

大都市のど真ん中にこのような緑豊かな場所があるのは少し不思議な気分にさせられますね
特に2枚目、写真中央のNTTビルが異様な存在感を放っています


DSC05948.jpg
DSC05946.jpg

エリア中央には3月上旬には珍しい早咲きの桜が咲いていました。
メジロと梅のコラボはよく見ますが、メジロと桜のコラボは少し新鮮です



top_bg.jpg
DSC05942.jpg
(画像上:(C)新海誠,CoMix Wave Film/「言の葉の庭」 )

20160724173239.jpg
DSC05939.jpg
(画像上:(C)新海誠,CoMix Wave Film/「言の葉の庭」 )

作中のシーンすべてを回収するのも大変なので、キービジュアルと言いますか、2つの有名シーンのモデルだけ回収しました。

公開されて4年近く経っていますが、昨年の「君の名は。」のヒットで再注目されたのか、聖地巡礼に来られている方をそこそこ見ました。
(ちなみに自分は「星を追うこども」公開頃に同作品と「秒速5センチメートル」や「雲の向こう、約束の場所」を見てからの新海作品ファンです)



DSC05956.jpg

全てのエリアを回るのは大変なので、イギリス式庭園を横切り、大温室内を見学して終了



DSC05922.jpg
DSC05975.jpg

再び横浜へと戻ってきました



DSC05973.jpg
DSC05974.jpg

前回の記事でも記したとおり、今回の旅の目的は二郎を食すこと
昨日の新宿小滝橋通り二郎に続き、今日のお昼は関内二郎

小ラーメン(ニンニクありヤサイマシ)+ニラキムチ

4年前ぶり2度目の関内でしたが、「こんなに美味しかったっけ?」ってくらい美味しかったです。
今まで食べた二郎の中で一番かもしれません。あとトッピングのニラキムチのおかげでヤサイがすすみました



DSC05976.jpg

帰るまでまだ時間があるので、食後に横浜スタジアムへ

山下公園の氷川丸にリベンジ(※3年前に訪れた時、休館日で入れず)しようかとも思ったのですが、たまたまハマスタで試合があるということなのでやってきました



DSC05988.jpg

この日はVSロッテのオープン戦

私はオリックスの大ファンで両チームとも縁はないのですが、せっかくなのでDeNAのタオルを記念に購入



DSC05978.jpg

滞在時間も限られている為、外野席の端っこでのんびり観戦していました

ビールを片手に

3月上旬とまだ少し寒さは残っていましたが、天気がよく気持ちのよい観戦でした



DSC05975.jpg
DSC05983.jpg

1時間ほど観戦していましたが、試合が終わる前に旅のタイムリミットが来たので帰ります

1泊2日の東京弾丸旅行楽しかったです。(帰った翌日、二郎の食べ過ぎでお腹を壊したのかトイレに籠ってたのは内緒)

(終)


帰りの東京~東海圏の18きっぷ移動について個人的には初めて知ったことがあったので、追記という形で書きます。興味があればどぞ